★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

チャンネル桜の本意は!?→「消費税増税・TPP断固反対」 しかし、「安倍総理断固支持」←凄まじいほどの矛盾

by ブログパーツ製作所
[PR]

宜しければClik!お願いします♪

 消費税増税・TPP断固反対!! 安倍総理断固支持!」←凄まじいほどの矛盾

【水島総】国民運動の反省と実践、10.5 首相官邸前緊急国民行動[桜H25/10/7]

...............
<文字おこし>
 水島氏
 土曜日にですね、消費税増税抗議のまぁ、抗議活動を首相官邸前で行いました。 まぁ、そういうものを是非見ていただきたいと!我々の戦いはこれからも続くということと、消費税増税をね、あの・・したこの意義というものは単にお金が3%皆さんから取るという、それだけではなくて国柄をも変えていく。

 もう一つ言うとTPPも大推進、え・・日本の国が日本の国でなくなっていく一つの大きな
ワンステップになるかもわからない、ということで私達は立ち上がりました。 単に、この・・ありきたりな「アリバイ抗議」っていうか、そういうものじゃないってこと。

 で、まぁ・・あの・・土曜日の夕方やりましたけども、その前に私はちょっとみなさんにね、ちょっと反省点がいろいろありましたですね、この今回のまぁ、消費税の問題で皆さんにちょっとお詫びをしなきゃいけないと!いうことだったんです。
 これはあの、まぁ、「がんばれ日本全国行動委員会」の幹事長として私はまぁ、チャンネル桜からはじめてですね、ずっと10年間抗議活動とか、様々な形でまぁ、戦いをやってきました。 そういう中で消費税の中で、私はそれまで正しい事を正しく皆さんに伝える、いうことで私はやってきました、つもりです!! 正直に、誠実に日本の草の根が立ち上がることを、まぁ作ってきたつもりです。 これからもそうしたいと思いますけど、今回、消費税の増税については、一つみなさんにお詫びしなければなりません。

 え〜それはですね、え・・まぁ、なんとか消費税増税というものを阻止したい、言う中で、ある種の、まぁ、嘘というかですね、デマゴギーというものを私は容認してしまいました。 これは例えば、あの、いろいろありましたけど中心は今度の消費税増税というのはですね、「安倍さんVS木下さん」というね、財務省との戦いだ、まぁいうことであります。 これは全くのまぁ、ハッキリ言いますとデマであります。あの・・こんな構図はありません。

 勿論、その消費税増税をまぁ、する一つの勢力として財務省が中心的な存在だったことは確かです。 しかし、それは皆さんご存知のようにアメリカもこれを非常に強く望んでいる。そして、まぁ、中国、韓国も望んでいた。 そういう外国の圧力もあるし、それからもう一つ言うと、財界、或いは・・え・・なんですか!「戦後レジーム」という財界、マスメディア、様々な戦後レジームでいるような勢力が推進した。 それはご存知だと思います。

 読売新聞は8月の31日、ぎりぎりになって延期したらどうだという腰の引けた社説をあげましたけど、これはアリバイです。 で、最終的にどうだった、ということになりますとこれは安倍さんがこれを自ら選択したということであります。これが事実であります。 で、私はそれを知っていたんで、え・・まぁなんていうんですか、ちょっと・・・中途半端と皆さんに聞こえたかもわからない。「だいたい決まっているよ」というような形で言いました。

 というのは、そういうある種のまぁ事実は違うことを推進しながらも盛り上がっていた皆さんも沢山おられた。 なんとか出来るというね、あの、ほいで安倍さんが寧ろまわりと戦っているんだと、いうような・・ことをやってたんで、まぁそういう形であの・・・水をさすというと変ですけどね、運動論的に私は黙認してしまった。 正しいこと、それは全然違うんだってことを強く言わなかったんですね。皆さんに・・まぁ伝えたつもり、遠まわしになっていたっていうか、まぁ柔らかく言うような感じでね、あの・・まぁそうなってた。

 つまり本当の構造というのは、まぁ途中でも言いましたけれども「戦後レジーム」との本当の戦い、そして安倍さんがそれの一億?というか、寧ろ先頭になってしまった。これが残念ながら今回の消費税の構図だったわけですね。

 私は・・まぁデマゴギーで大衆というかね・・善良な日本の草莽を引っ張り回すようなことは、私はしてはならないと思ってきたし、それまでも全部そういうつもりでやってきたつもりですけど、今回に関してはそういう意味ではなんとか消費税を阻止したかった、というのがあってそういういろんなね、違うあの・・・本当は違う情報を、そういうものを黙認してしまった。これはそれこそ痛恨の極みってことがあります。

 で、まぁ、もしね・・まぁこれは消費税反対の意見みなんさも同じだと思います。わたしも・・。根本的なこれは物事や運動論のあり方の違いだと思います。 もし本当に財務省というのはその大きな推進役の一役を担ったことは確かですけどもね、これは「安倍VS木下」じゃなくて、安倍さんと木下さん、そしてもっと言えば麻生さん、こういう人たちが、そして甘利さん、そしてもっと言えばあそこにいる野田たけしさんとか、ほとんど自民党がそっちの方を認めてしまったっていうことですね。

 こういう構図であったことを、まぁ痛苦な思いのなかで本当の事をもっと強く知らせなければいけなかった。いう気がして、これは本当に反省をしております。 で、もし、あの・・今もそういう構図が正しいと思う方たちは、ハッキリ敵が・・ あの日本を支配しているのは総理大臣ではなくて木下さんと思う人たちはみんな立ち上がってください。 木下を倒せば本当に日本は変わるなら、やるならやってください。

 みなさん本当は気がついていると思います。 そういうようなある意味でいうと、やっぱりデマであるというね、現実とは違うということをやっぱり我々は引き受けなきゃいけない、そういう簡単なものではないと、私はプロレスとは違うってな・・・・ まぁ遠まわしな言い方になってしまったけどもそんな簡単な構図ではないという言い方をしましたけども、あの・・反対していた人たちは本当にまぁ、純粋な気持ちでね、反対していたと思います。

 そういう意味で今回、これからの運動、これはあの・・については私は、真摯に反省して本当のことをやっぱり今までも伝えてきたつもりですし、遠まわしでは伝えたつもりでももっとハッキリ、どんな親しい人、例えば安倍さんであろうとね、あの・・いろんな親しい人であろうと、真実は本当にもっと強くみなさんに知らせていかなきゃいけない。 え〜いうこで私は人に今回もちょっと言われました。 人に、情に流され過ぎる、と、本当にこれは反省しております。

 情は、私は人情というものを持っていたいと思ってますけども、本当のことを皆さんに伝えていく、ということ。それと運動のために、なんか他の目的のために、え・・まぁ、国民に本当のことを伝えないということはこれからあってはならない、言うふうに反省をしております。
 そういう意味でも、私は今回、消費増税の反対の、首相官邸前の時も街宣をはじめる前にみなさんに今の言ったような事をお伝えしてお詫びをいたしました。
<文字おこしここまで>
...............


 10.5 諦めないぞ日本!消費税増税抗議!首相官邸前緊急国民行動
 平成25年10月5日(土)総理大臣官邸


消費税増税 TPP反対 安倍総理断固支持2

 今月5日に行われた消費税増税抗議 首相官邸前緊急国民行動の一場面ですが、横断幕と国旗を持って立っている男性の後ろの看板にご注目!(い線で囲んであるところ)

 消費税増税反対!!(TPP反対も同時に行っていた模様) 

 しかし・・・ 安倍総理断固支持!(苦笑)

 消費税増税、TPPを大推進し行おうとしているのが安倍総理ご自身なのにも関わらず、「安倍総理断固支持」ってどういうことだろうか!? これっておかしいと思いませんか!

 本来は、「消費税増税断固反対! 安倍総理断固不支持!」とならなければ説得力が全くないと思いませんか! 国民生活をどん底に突き落とすような政策を先頭にたって行おうとしているのが安倍総理ですよ! これでも尚、「安倍総理断固支持!」って・・・ いったい安倍総理のなにを支持しているのか???


 チャンネル桜の本意というのは本当はなんなのでしょうね??


 安倍総理断固支持ていうなら消費税増税断固支持!じゃないとおかしいし、TPPだって断固支持って思われてもおかしくない。 当のご本人の安倍総理も「俺の事は断固支持しているが、増税、TPP断固反対・・・ いったいどうしたらいいのだ? 俺を断固支持しているということは俺のやろうとしている政策(増税、TPP)も支持しているから断固支持じゃないのか??」 と、総理ご自身も迷ってしまいますよと!(爆

 首相官邸前での抗議活動の後に水島氏はカメラの前で反省とお詫びの言葉を述べられていますが、「情に流され過ぎる」とも人に言われ、これも反省していると述べているのにも関わらず、「安倍総理断固支持!」っていうのはどう考えても情に流され過ぎているのを反省しているとは思えないのですが。

 仮に、抗議行動に参加された一般の人が用意された看板なら申し訳ないですが、私自身、何度かチャンネル桜のデモや抗議活動に参加させて頂いた経験があるから言えることですが、ほぼ全ての看板や横断幕、プラカードなどはチャンネル桜側が用意したものであるとみて間違いないと思います。 ましてやあの大きな看板を一般の参加者がわざわざ持ち込むわけがない・・・と思いますし。

 「消費税増税、TPP断固反対!!」 しかし、「安倍総理断固支持!」←これでは到底、増税、TPPを阻止するのは無理ではないかと思いますが・・・。 安倍総理も「俺を断固支持ならやってもいいってことだよな!?」と捉えてしまうおそれもありますよ。w


 ちなみに、チャンネル桜の茶番劇2(ポン吉のブログー反TPP宣言ー:2013-09-25)←こちらのブログでは次のように指摘されています。 「水島氏は戦後レジーム脱却の為に消費税増税に反対だそうです。しかし、先の動画では消費税が増税されても安倍総理支持です。何故か?それは戦後レジームの脱却の為だそうです。 ...ええと、戦後レジームの脱却って何なんですか?もはや禅問答の様になってきましたね。

 上の水島氏の発言から読み取れるものとして、安倍さんが戦後レジームの脱却を成し遂げることの出来る唯一の政治家として「安倍総理支持」を主張しているとみますが、しかし、今回の動画で水島氏は「戦後レジーム」 これの先頭に安倍さんがなってしまった、というように述べておられる。 コロコロと発言が変わるのが非常に気になるし、そもそも戦後レジームとはなんぞや!?と問いたいところです。 果たして安倍総理の主張する「戦後レジームからの脱却」と、水島氏が主張する「戦後レジームからの脱却」の意味は同じものなのか。

 チャンネル桜さんはこういう明らかに矛盾をしていることを当たり前のように言ったり、やってのけたりしますが、後で自分の首を自分で絞めてしまう結果になるという事に早く気づいて頂きたい。



 「財務省の木下が消費税増税の犯人だ!!」 「木下が安倍さんに圧力をかけている」←これはデマでした!

木下康司財務事務次官1
  未だに←の画像を掲げ、消費税増税を安倍総理に圧力をかけてやらせようとしているのは財務省の木下財務事務次官だ!というように批判をしているのを見かけますが、チャンネル桜から初めて飛び出した木下批判を「デマ」 「こんな構図はありません」としっかりと明言されている。

 なんとか消費税増税というものを阻止したい、言う中で、ある種の、まぁ、嘘というかですね、デマゴギーというものを私は容認してしまいました。 これは例えば、あの、いろいろありましたけど中心は今度の消費税増税というのはですね、「安倍さんVS木下さん」というね、財務省との戦いだ、まぁいうことであります。 これは全くのまぁ、ハッキリ言いますとデマであります。あの・・こんな構図はありません。(水島氏の発言より)

 調べてみたところ、財務事務次官の木下氏が安倍総理に圧力をかけたとか、安倍総理VS木下事務次官という根拠が見つからないまま、特に所謂【安倍信者】と称されている勢力が木下批判を行っていた事がわかりましたが、チャンネル桜が否定してから幾日か経ってもまだ批判をしている人を見かけます。 根拠が無いということは誹謗中傷、名誉毀損にも成りうる。 

 安倍総理自身が増税を決めたことだといい加減、認めるべきではないだろうか。


 安倍総理ご自身は、既に昨年の衆院選挙の時の候補者アンケートにて「(消費税)法律通りに引き上げるべきだ」と回答をされていました。 圧力をかけられたどころかこの時からやる気満々だったのがうかがえます。w

消費税「法律通りに引き上げるべきだ」 安倍晋三
※画像元:三橋貴明「あなた方に日本の情報産業における職はありません」(笑)(日本が好きな人のブログより)

 
A倍総理は消費税増税推進派でした。→「法律通りに引き上げるべきだ」  K井氏「アメリカに200兆円以上の金を貸している。」←消費税増税が必要ない理由





関連記事
スポンサーサイト

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sakurine2012.blog.fc2.com/tb.php/83-bd67452c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。