★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

えっ!!! 福島第一原発4号機(使用済燃料プール)が崩壊したら日本は終わり!?パート1(関連動画2本文字おこし)

by ブログパーツ製作所
[PR]

宜しければClik!お願いします♪

 福島第一原発・4号機の燃料プール、仮にここが崩壊すると
日本はおわり!! いや、地球規模で大きな悪影響を及ぼす、という専門家の発言は非常にキツイ現実を突きつけられたようで、さすがに危機感を持たざるを得ないといったところですが、これらの事は約1年前くらいから言われていた事だったようです。

 特に日本に住む者なら知っておかなければならない重要な内容だと思います。 取り敢えず関連する2つの動画の内容を文字おこしをしてまとめてみました。 日本政府全体を含め、いかに安倍総理の「大丈夫だ発言」が内容の無い、軽々しく無責任な発言だとわかると思います。


 
(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について
(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について
http://www.youtube.com/watch?v=_TJo0HLFR_s

公開日: 2012/06/27
福島第一原発4号機燃料プール
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/nature/2012/03/post-566d.html
オーストラリアABCが、福島第一原発4号機の燃料プールの問題について取材を行った­。初公開された4号機燃料プールも取材、小出裕章氏やロバート・アルバレス氏にインタビューを行いその深刻な危険性について語ってもらっている。 鈴木智彦氏にも取材、氏の潜入取材映像も紹介。4号機建屋の補強工事の杜撰さについて現場作業員の証言。村田光平元駐スイス大使にも取材
Experts warn of another disaster awaiting at Fukushima
http://www.abc.net.au/7.30/content/2012/s3532725.htm
「4号機核燃プール」には「日本の運命」が賭かっている
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/06/post-0735.html

...............
<文字おこし>
 日本で再度大地震が起こるとチェルブイリ
の10倍の各災害に見舞われるかもしれません。専門家が当番組にそう語りました。 昨年日本が大地震と大津波に襲われと時、世界は核の大惨事を恐れました。福島の原子炉は災害地域の内部にありました。 暫くの間余り情報を耳にしませんでしたが危機が確実に去ったわけではありません。 専門家は4号機内部の状況が不安定だと述べています。 北アジア担当のマーク・ウィラシー記者が福島から報告します。

<<チェルノブイリ原発事故関連記事、動画>>
 ●
衝撃の瞬間「チェルノブイリ」 1/2
 ●
衝撃の瞬間「チェルノブイリ」 2/2
 ●
チェルノブイリ 事故の原因
 ●
チェルノブイリ原発の生々しい画像【原発事故】( NAVER まとめ)


マーク・ウィラシー記者
 幸運は勇者に味方すると言われます。 地震、津波、メルトダウンに耐えた後、福島の人々はいくらか幸福が必要だと思っています。 13か月間この競馬場は使われませんでした。馬と人は放射能を恐れ近づけませんでした。 しかし今日、福島は羽ばたこうとしています。 だからこれは福島が好転している兆しでしょうか、おそらくはここ数キロ東に福島原発の使用済燃料プールがあり、チェルノブイリを凌駕する大惨事を生む核燃料があることを真に理解している人はここには殆どいません。

(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について①

 このプールの暗闇の中には1331本の高レベル放射性の使用済燃料集合体があり、それぞれが数十本の燃料棒を含みます。 


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について1

ROBERT ALVAREZ
 『
福島の4号機使用済燃料プールには、私の計算ではチェルノブイリ事故で放出されたセシウム137の10倍以上が含まれます。

マーク・ウィラシー記者
 昨年の災害以降、プールに瓦礫が散乱していることもこの映像から明らかです。


HIROAKI KOIDE(小出裕章氏)
 『プール内の核燃料は炉心で必要な分の2.5倍あります。 広島原爆が放出した5000倍のセシウムが含まれています。 プールはそこにただぶら下がっておりいつ崩壊するか分かりません。


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について3

マーク・ウィラシー記者

 ここがプールのある場所で原子炉の隣、地上五階です。 事態はどうみられるかです。これは水素爆発後に原子炉建屋が現在どう見えるかです。
爆発は屋根を吹き飛ばし、燃料プールの補強壁を3.5センチ膨らませました。 数百トンの使用済燃料について今月までは風雨から守る唯一の保護は白いプラスティックシートだけでした。 日本は文字通り火遊びしていると警告する核専門家もいます。 


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について5

HIROAKI KOIDE(小出裕章氏)
 『もしプールにひびがあり水が排出すれば燃料棒は露出してしまいます。そうなれば燃料を冷却することは不可能でしょう。 だからもし事故が起これば福島のメルトダウンで既に放出された量の10倍のセシウムが大気中に放出されるでしょう。風向きにより東京も住めなくなるかもしれません。

 小出裕章氏は京都大学の原子炉エンジニアで警告を発する専門家の一人です。

HIROAKI KOIDE(小出裕章氏)
 『一刻も早く燃料棒を取り出すべきです。 福島原発の周辺では毎日のように地震が起きています。 だから私は大地震が起きないよう祈っています。』

マーク・ウィラシー記者
 この警告は国際原子力安全の専門家に反響し、その一人がロバート・アルバレス元米エネルギー長官の顧問です。 


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について6

ROBERT ALVAREZ8(ロバート・アルバレス氏)
 『大災害をもたらす放射能を食い止める唯一のものが水のプールであるという放射能のとても大きな集積があります。 そのプールは危険性の高い地震地域にある構造上破損した建物の地上30mの所にあります。 これ以上に心配なものはありますか。』

<<注目記事>>
 ●
使用済み燃料の専門家・ロバート・アルバレスからの手紙(カレイドスコープ:Fri.2012.02.10)


マーク・ウィラシー記者
 しかし福島の東電の技師は不安を払拭し雨風にさらされ損傷を受けた地上30mの建屋にあるにもかかわらずプールは安全だと主張します。


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について7-2

東電の技師
 『先日、状態を調査しました。壁に膨らみがありますが、これがプールや建屋の健全性に影響を及ぼすとは考えません。プールも建屋も大地震に耐えると考えています。』 

マーク・ウィラシー記者
 燃料棒撤去の問題についても東電は急いでいるようには見えません。

東電の技師
 『従来の方法は天井にクレーンがあって使用済燃料を取り出すことでしたが損傷したので、このためのクレーンを新設しようと考えています。 来年には燃料を取り出し始めたい。』


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について8

ROBERT ALVAREZ(ロバート・アルバレス氏)
 『重い天井クレーンが必要です。常時水中で使用済燃料を操作し容器に入れねばならず、100トンもの重さです。 これは並外れた用心を必要とします。 基礎的な日常作業でさえ損害の甚大さ故に特別な警戒を求められます。安全にこの物体を取り除く能力に関して。』


マーク・ウィラシー記者

 メルトダウン以来、ずっと東電は福島で起きていることに関して秘密のベールを維持してきました。しかし一人の男性がその秘密のベールを何とか潜り抜けることができました。 鈴木智彦氏は日本のジャーナリズムでは稀な存在です。 レポーターは真実に到達するために健康を危険にさらす準備をしました。


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について9

(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について10-2  

TOMOHIKO SUZUKI(鈴木智彦氏)
 『福島原発に労働者として潜入した時、保護服を着用し袖の上に秘密カメラ内蔵の腕時計を着けました。』

マーク・ウィラシー記者
 秘密のカメラ時計と他の秘密機器で鈴木氏は福島原発内部の生活を記録しました。4号機建屋の隣で働いている間に30m頭上の燃料プールについて話されたことにショックを受けました。

TOMOHIKO SUZUKI(鈴木智彦氏)
 『4号機建屋の補強をした労働者に話を聞いたことがあって、使用済燃料プールには膨大な量の水があり、鉄の支柱は破損しておりプールの補強は杜撰で間に合わせだと。だから台風か竜巻に襲われたら危険だろうと』

マーク・ウィラシー記者
 こじつけに聞こえますか。 丁度先月、福島の隣の県で日本の史上最も強烈な竜巻が荒れ狂いました。 

<<鈴木智彦氏に関する注目記事>>
 ●
【元福島第一原発作業員】 鈴木智彦氏の告発会見 【日本外国特派員協会主催】
 (☩†Meteora†☩:2011/12/17)
 鈴木智彦氏(ジャーナリスト)は福島原発に作業員として潜入取材し、12月15日に日本外国特派員協会で記者会見をしました。福島原発の真実の報告。

 
鈴木智彦の原発潜入記 「死んでもいい人間を集めろ」東電が下請けに非人道的な命令
 ((^ν^)速報 - にゅっそく:2011年12月17日)

..........
福島第一原発に作業員として潜入し、働きながら隠しカメラなどで取材を行っていた、ジャーナリストの鈴木智彦氏が、著書「ヤクザと原発 福島第一潜入記」の発表に併せ、外国特派員協会で会見を開いた。

鈴木
事故直後、東電は各社に死んでもいい人間を集めてくれと指示しました。その時、原発内に入るのに放射能管理手帳は必要なかった。健康診断などもなかった。実際、そういうパニック状態だったことは間違いないが。ところが東電は、当時の名簿、健康診断結果を出せと、先月あたり下請けに言ってきた。もう辞めた人もいるし、あの状況下で誰が入ったかも正確にわからないし、3月4月に働くための健康診断を今出しても意味がない。

結果どうなるかというと、下請け企業は、「そんなことは出来ない」と東電に言えず、作業員に偽造の健康診断書、もしくはそれに近いものを「自主的に」出させる。それがマスコミにバレれば「私たちは指示はしていない」と言って、クビを切る。こういうことが原発のほぼ全てのエリアにおいて、日常的に行われている。かといって絶望的かというと、そうでもないこともあって、実は、日立、東芝は事故収束のアイディアを沢山持っている。それを政府、東電は「危機は脱した」という認識につけこんで、収束予算を削減している。どんなアイディアを持っていっても、「予算がない」の一点張りで却下している状況。そういう中に、暴力団、ヤクザが労働者として入り込んでいる。ヤクザは事故以前から、原発の共同体の中に入っている。

東電に聞けば知らないと言うだろう。問題になれば下請けのせいにして、トカゲの尻尾切りで終わらせる。
最後に、福島第一原発事故の収束は全くしておりません。これからが本番だという事を言っておきます。これから、この腕時計形のピンホールカメラで隠れて撮影してきた、写真を公開します。
..........
 

(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について11

MISUHEI MURATA(村田光平氏)
 『私はそれを日本の病と呼びます。まず隠れます。次に先延ばしにします。そして誰も責任を負いません。』

マーク・ウィラシー記者
 村田光平氏は元駐スイス大使です。燃料プールについての彼の恐れを潘基文国連事務総長に注意を促しました。 

MISUHEI MURATA(村田光平氏)
 『東電と日本政府は能力だけでなく意思も欠如しています。』

マーク・ウィラシー記者
 『では貴方の御意見では、もし燃料プールに問題が生じた場合、それは日本の終わりになると?』

MISUHEI MURATA(村田光平氏)
 『そうです。誰もそれを否定できません。私達は安心して眠れません。』

<<村田光平氏に関する記事>>
 ●【必読記事】 村田光平・元駐スイス大使が警告「福島4号機が招く世界の破局」
 (
暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~:2012年09月15日)
 ●村田光平「原子力と日本病」 前編

※以下は全て「カレイドスコープ」さんの記事

 ●人類の命運がかかっている4号機の燃料取り出し作業(2013.09.26)
 ●ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り(2013.08.21)
 ●経産省と原子力ムラによる自作自演-“偽装の民間提言”(2013.06.06)
 ●「福島の子供より、ミャンマーの子供」(2013.06.01)
 ●福島で行動を起こす:潘基文国連事務総長あて公開書簡2013.05.23)
 ●4号機プールで起こる可能性のあるジルコニウム火災(2012.12.12)
 ●4号機建屋の地盤は確かに不等沈下している(2012.12.11)
 ●「原子力の輝かしい社会」というマトリックスからの脱却(2012.12.04)
 ●政府から送られてきた積算線量計という名の「お守り」(2012.11.11)
 ●あのとき何があった-「首都圏3000万人避難」のリアリティ(2012.11.03)
 ●野田も安倍も『日本病』患者。両方とも日本を滅ぼすだろう(2012.10.16)
 ●カルディコット博士からの日本の原発被曝者への14の提言(.2012.08.26)


マーク・ウィラシー記者
 誰が福島の人々を戻すべきなのだろうか。 原子力の専門家、ジャーナリスト、訴える不安な活動家なのか、それとも隠蔽の歴史と無能の東電?

競馬を楽しんでいた人
 『信じてはないですけどね、東電を安全だとは全然感じません。放射能レベルは依然高い。』

HIROAKI KOIDE(小出裕章氏)
 『東京電力が燃料プールは次の大きな地震にも耐えると言っていますが、信じることができないし大変心配している理由です。』

ROBERT ALVAREZ(ロバート・アルバレス氏)
 『このような事態は人類が経験したことのないものであり、私達は未知の領域を漂っているのです。 もし万一そのような事故が起きたら世界的規模になるという問題なのです。』

..........




 以下の内容は、最初に文字おこしした内容を補足する形となっていると思います。 

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です1
小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です
http://www.youtube.com/watch?v=xUeFbVn0SZU
公開日: 2012/03/22
...............
解説者
 もう1年かもしれないけど、まだ1年なんですよ。 福島第一原発の事故の本当の原因もまだちゃんとわかっていない。 国会で事故調査をすると、っていう事故調査委員会結論もまだ出ていないんですよ。 ですけどもうどんどん、どんどん動かす、動かすっていう話ばかりが進んでいると。 いったい、いったいに何を教訓に得ているんだろうなと私なんか思うんですが、

 で、これ、じゃあ例えば東電の福島第一原発、いまですら安全なのだろうかと、終わったような話をしていますけど終わってんのか本当に!?言うふうなことで、これ、収束したのかな本当に?というような話なんですね。 で、この4号機の現状、実は京都大学の小出先生はこれ(4号機)を一番心配しているんですね。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です4

 で、4号機のまず現状ですけど、4号機ってこうです!もう、あの壁とか無いくらい、これくらい吹き飛んでまぁボロボロです、ハッキリ言えば。 で、これのですね、燃料プールっていうのがあるんですよ。 で、そのちょっと横に書き出しましたけど、だいたいこれ! このへんまでが原子炉なんですね! ここのところに燃料プールってあるんですけども、この燃料プールの中に燃料棒がいっぱい入っているんですよ。 一応、使用済ってなってますけど、原子炉に入る燃料の2.8倍、1500本以上(1535本)がここにある。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です6

 
これは、冷やし続けなけなきゃいけない、今でも。 じゃあ、これ例えばですよ地震が起きて
水が漏れ出したらどうなるんだろう?っていうような話で、これは心配なんですけども、これ小出先生にお話を伺っています。


小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です7

小出裕章氏
 『もう見ていただいてわかるように、ここにプールがあってその底に使用済み燃料がたくさん
たまっている。 もしこれから大きな余震でも起きてここの壁が崩壊するようになればプールの水が抜けてしまいますので使用済みの燃料を冷やすことができなくなる。そうするとどんどん更に溶けてしまうということになって、使用済み燃料がたぶん全部溶けてしまうだろうと思います。 そうなると使用済み燃料のなかに含まれていた膨大な放射能がなんの防壁もないここから外に噴き出してきてしまうという。』

解説者
 『地震っていつ来るかわからないわけですけども、(地震が)来ないうちに、(使用済み燃料を)
抜き出して、横にプールでもつくって移せばいいんじゃないですか?』

小出裕章氏
 『ところが使用済み燃料を空中に釣り上げることをすると、使用済み燃料から膨大な放射線が
飛び出していきますので、周辺の人たちは死んでしまうしかないというくらいの強い・・・(そんな強いんですか?)そうです。』


小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です8

解説者
 これはですね、その・・・この中に(プール)に入っているからもう終わったもんじゃないんですね。まだまだ熱を出しますし、まだまだこれ空中に釣り上げてですね、まわりにいる人が死ぬくらいの放射線が出ているんですよ。 水の中に入っているから水でこれが遮られているだけの話なんですね。

 で、これじゃあ、外に移しゃぁいいんじゃないかと、いうような話を私聞きましたけども、これ通常ですよ、今まで安全なときどうやって移してたかというと(これいま出ましたけども)、この中に(原子炉)元々入っていた核燃料を使用済みってことで横のプールに入れてあるわけですね。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です9

 
で、これ!こういうでっかい容器をですね、この水の中にまず入れます。 水の中に入れて、
水の中でこの燃料棒をこの容器の中にどんどん、どんどん入れます。 で、これで蓋をして(水が入った状態で)釣り上げて外に出しているんですね。 ところが、地震でこういうクレーンとかもう使えないんです。で、どうすんだと!?いうふうな話なんですが、どうやって移せばいいんだと!!

小出裕章氏
 『オペレーションフロアの上に巨大なクレーンのようなものがあります。 これがクレーンで実は巨大な容器を釣り上げたり、吊り降ろしたりするためのクレーンなんですが、もうこの時は地震の爆発で吹き飛んでしまっていますから、もうこのクレーンすら使えない。 やらなければならないことはたくさんあって、まずは使用済み燃料プールの中に崩れ落ちてしまっている瓦礫などをどけなければいけない。 そしてどけた後に巨大な容器を沈められるように、なんらかのクレーンのようなものを現場で動かせるようにしなければいけない。

 外から巨大なクレーンで釣るということができるでしょうからその準備をする。 そして沈めてたぶん何がしか壊れているであろう使用済み燃料をその巨大な容器に入れて、それをまた外に釣り上げるということをやらなければいけない。 ただ、そういうことを全部やろうとすると、たぶん何年という単位が必要になるだろうと思います。

解説者
『何年の間に建物を壊すような地震が来たら?』

小出裕章氏おしまいです。(おしまいですか?)』

解説者
 おしまいなんですよ!(わぁ・・・信じられない・・。と側のキャスト陣からの声)

 だから東京電力も今、これが一番重要だっていうふうにわかってて、それでなんかこうそれに合わせるようにですね、緊急の工程表を発表してきたんですけども、一番早くても取り出しの作業に入るまでなんですが、来年(2013年だと思われる)の1月以降ですて・・。 だから来年の1月以降までの間にまぁ、大きな地震があって・・ 大きくなくてもですね、何回も揺らされてますからね、何回揺らされているところに対して例えばプールにひびでも入ってですよ、水が抜けちゃったら多分、アウトだって言うんですよ。あの・・東京とかまで含めてアウトです! 

女性キャストそれで再稼働なんて言っているんだ・・・。

解説者
 再稼働も、少なくても国会事故調の結論が出てからじゃないと規制調だってどんな規制調に
するかっていうのは国会事故調見なきゃいけないし・・。

松尾氏
 これだけ大事なことだと与党がこうしたいと言っても、やっぱり野党がチェックをするっていう機能を果たしていなきゃいけないのが、野党の中にもそういう推進したい・・ 再稼働させたいっていう、なんですかいろんな力が掛かっている人たちがいてそれができないと、両方動かしたいんだと!

解説者
 ただ、自民党の中にも河野さん(河野太郎氏のようです)みたいな人をはじめね、それじゃ、いけないって言っている人もいっぱいいるんですよ!(少数派ではないんですね?)少数派ではないです。 ただ、民主党にもいらっしゃいますよ!だけど動かしたいという人もいっぱいいる。

松尾氏
 地元の理解を、という言葉があったんですけどね、地元ってね、日本中が地元なんだ、或いは近隣の国も全部地元なんだよ、っていうことを考えないと、この件に関してだけ地元ってそこに立っている、立地しているところだけが地元じゃないんだっていうことをみんなが思ってなきゃいけないんですよ。

司会者?:
 相当・・収束なんてとんでもなくて、相当、危機的な状況が今続いているっていうのをちょっと
認識しないとダメですね・・・。

解説者
 それで、取り出すのは早くて来年の1月じゃなくて、来年の12月??・・・(これを聞いたキャスト陣から驚きとため息が・・)

松尾氏
 でもちゃんとね、立場をハッキリなさっている方たち名前を出して意見を聞いていきたいですね。

解説者:まぁ、国会でね。
............


「原発再稼働」推進派の国会議員

 【原発推進派の思考】高木元市長「原発は金になるから、将来の子供が障害者でも構わない」 高市議員「廃炉は高いから原発を稼働する」 (真実を探すブログ:2013/06/19)

 「原発再稼働」推進・国会議員のリスト【35名「週刊現代」+10名「地下式原発議連」】=【民主党】25名+4名【自由民主党】8名+5名【たちあがれ日本】1名+1名【無所属】1名+1名(山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル!)←こちらの記事より転載させてもらいました。(※2012年の記事のようです。)

<一部転載ここから>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「原発再稼働」推進・国会議員のリスト
6/11週刊現代 より+【「地下式原発議連」】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【民主党】25名
野田佳彦総理「再稼働宣言」
仙谷由人政調会長代行「全原発停止は、日本の集団自殺」
枝野幸男経済産業相
細野豪志原発事故担当相
古川元久国家戦略担当相
齋藤勁官房副長官
輿石東幹事長
蓮舫前行政刷新担当相
田中直紀防衛相
北澤俊美元防衛相
江田五月前参院議長
柳田稔元法相
福山哲郎元官房副長官
 
下条みつ衆院議員
加賀谷健参院議員
小沢鋭仁衆院議員
 
小林正夫参院議員
藤原正司参院議員
 
前原誠司政調会長
 
川端達夫総務相 (ウラン濃縮の炭素繊維開発する東レ出身) 文科相時もんじゅの運転再開を決定
大畠章宏元経産相  (日立出身、電気労組「電機連合」の組織内候補)
驫木利治参院議員   (大同特殊綱出身、鉄鋼労組「基幹労連」の組織内候補)
松岡広隆衆院議員  (関電出身)
柳澤光美参院議員 「福島のような事故は起きない」
直嶋正行元経産相
鳩山由紀夫「地下式原発議連」】
渡部恒三「地下式原発議連」】
羽田孜「地下式原発議連」】
石井一「地下式原発議連」】
 
【自由民主党】8名
石破茂前政調会長
谷垣禎一総裁 「再稼働しないと経済の混乱や不都合が起きる」
石原伸晃幹事長 「反原発運動はアナーキー」「集団ヒステリー」
安倍晋三「地下式原発議連」】
山本有二「地下式原発議連」】
森喜朗「地下式原発議連」】
塩崎恭久「地下式原発議連」】
 
甘利明元経産相 推進派議員の「エネルギー政策合同会議」委員長
高市早苗衆院議員 「エネルギー政策合同会議」事務局長「地下式原発議連」
麻生太郎元首相、
大島理森副総裁、東電役員がパーティ券購入。
山本拓衆院議員 「地下式原発議連」事務局長「脱原発は無責任」
 
【たちあがれ日本】
平沼赳夫代表 「地下式原発議連=地下式原子力発電所政策推進議連」会長
中山恭子 「地下式原発議連」
 
【無所属】
与謝野馨元財務相 (日本原子力発電出身)「原子力発電は大事だ。推進は間違いではない」
亀井静香「地下式原発議連」】
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<転載終了>





関連記事
スポンサーサイト

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sakurine2012.blog.fc2.com/tb.php/79-2c201ebd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。