★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

【汚染水問題】安倍総理のIOC総会での発言『状況はコントロールされている』←小出裕章氏が【嘘】と厳しく批判!一方で東電の社長は安倍総理の発言に同調していた!←政府と東電がつるんで嘘をつくの図


宜しければClik!お願いします♪

 少々遅れましたが、オリンピックのIOC総会での安倍発言『(汚染水問題に関して)状況はコントロールされている』といった「デタラメ発言」に対し、東電の広瀬社長がなんと!この安倍首相のデタラメ発言に同調していた事を発見。

 びっくりだぁ・・・。 政府に圧力でもかけられたのだろうか・・・。



汚染水問題 東電の広瀬直己社長が閉会中審査に出席「影響はコントロールできている」
(記事、画像元)汚染水問題 東電の広瀬直己社長が閉会中審査に出席「影響はコントロールできている」(ハフポスト:2013年09月28日)
...............
<転載開始>

9月27日、衆議院の経済産業委員会は、東京電力福島第1原発の汚染水問題について、閉会中審査を開いた。参考人として、東京電力の広瀬直己社長が出席した。

広瀬社長は冒頭の説明で「ご心配、ご不便をおかけし、申し訳なく思っている」と謝罪した。汚染水問題については「どういうふうに水が流れて、どこがどういうふうに汚染されて、どこが汚染源なのか完全にはまだつかみきれていない」と述べた。
関連記事

日本維新の会の今井雅人衆院議員は、アメリカ・原子力規制委員会(NRC)の元委員長、グレゴリー・ヤツコ氏がこの問題について「現場は努力しているが、事態は制御不能なところまで来ている」と述べたことについて触れ広瀬社長に質問した。「安倍総理は(国際オリンピック)委員会の総会で『状況はコントロールされている』と発言したが、一般の国民にはコントロールされているのかどうかわからない。現状はどういうふうにとらえているのか」という今井議員の質問に対し、広瀬社長は次のように答えた。
........
安倍総理の発言については、湾の外に影響が及ぶということは全然ないという主張だと聞いている、これについては、全く同じ考えを持っている。もちろんそう言っても、トラブルは発生している。それはしっかりコントロールしていかなければならないが、外への影響という点についてはしっかりコントロールできていると思っている
........


東京電力の山下和彦フェロー(技術顧問)は9月13日に福島県郡山市で開かれた民主党の東電福島第一原発対策本部会議で「想定を超えてしまうことが起きているのが事実だ。今の状態はコントロールできていないと考えている」と述べ、安倍首相の国際オリンピック委員会(IOC)総会で述べた見解と、認識が食い違っていたが、東電側が国会の場で公式見解を示したことになる。

MSN産経ニュースによると、国会で汚染水問題が取り上げられるのは今回が初めてのことだ。閉会中審査は30日にも開かれる予定で、茂木敏充経済産業相と原子力規制委員会の田中俊一委員長が出席する予定だという。
<転載終了>
...............

東電社長も、安倍首相の嘘に同調。そこまで言うなら「あなたの孫に魚を食べさせろ」と言えば良い。(かっちの言い分)(参照元:★阿修羅♪:2013年9月27日) 
...............
http://31634308.at.webry.info/201309/article_24.html
2013/09/27 22:18 

東電の広瀬社長が以下の記事のように、安倍首相の嘘に付き合って、汚染水は「コントロール出来ている」と、国会の神聖な場で真っ赤な嘘を国民へ向かって言った。そのTV映像を見たが、全く悪びれもせず話している。これほどの嘘を堂々と言えないと、東電の社長なんてやっていられないのだろう。まともな人間なら、良心の呵責で気が変になるだろう。

それにしても、質問する野党も情けない。こんな嘘を一遍に論破するには、あーだこーだの質問はいらない。

例えば、「コントロール出来ている言うなら、湾の直ぐそばから獲れた魚を、あなたの自身、あなたの子供、あなたの孫も食べて見せて下さい」と言えばいい。または、「湾の外で獲れた魚を、東電の社員が食べて証明してもらいたい」と言えばいい。これに対して何と言うか聞いてみたいものだ。
<転載終了>
...............

<<関連記事>>



安倍総理の『(汚染水問題について)状況はコントロールされている』発言を小出助教が否定!「」だと言ってスッパリと切り捨てる。 東電・広瀬社長の安倍同調発言も嘘ということに!

安倍総理の発言は「嘘」と小出氏!
安倍総理の発言は「嘘」と小出氏!
http://www.youtube.com/watch?v=JdPNz6iCm6I
公開日: 2013/09/18
..........
<動画説明>
東京オリンピック招致の際の安倍総理の発言は嘘だと京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏
今だ何の解決にも至らない福島原発問題、世界に向けあたかも解決のプログラムが有るかのような安倍総理発言は軽々しいとバッサリ切り捨てました。

ラジオ・フォーラム2013.09.09
小出裕章 京都大学原子炉実験所助教
http://getnews.jp/archives/141680
..........
※文字おこし、ここから。
司会者:
 ラジオフォーラム、今日もこのコーナーから始めましょう。 小出裕章さんと電話がつながっております。

 えぇ・・先日、8日、アルゼンチンで開かれた国際オリンピック委員会の総会で東京が2020年の開催が決まりました。 その場でやはり福島第一原発からの海に漏れ出している高濃度汚染の問題がやはり世界が心配していて、オリンピック委員会の委員からも沢山の質問が出たようです。

 安倍総理がですね、いろんなことをおっしゃいましたが、このことについて今日は小出さんにお伺いしたいのですが、え〜まず、「汚染水による影響は福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」と、安倍総理はおっしゃいましたがこれは科学的見地から見ていかがなんでしょうか?

小出裕章氏:
 そんな事ありえるはずがない。 わかっていただけないでしょうか、海っていうのはみんな繋がっているのです。それは勿論、福島第一原子力発電所の敷地から流れてきているわけですけども、海に流れ込んだ汚染は太平洋全部、そして更には地球全部の海に結局は流れていってしまうのです。

 そのときに要するに薄まっていくというだけなのであって、どこかで完全にブロックされるなんてありうる道理がありません。 

司会者:
 なるほど、今その港湾内で漏れ出さないように遮る作業は、一応はしているのはしているわけですよね?

小出裕章氏:
 スクリーンというものをおろしているいるのですけども、海というものは満ち引きもあるわけですし、波もあるし、対流もあるし、そんなスクリーンでとどめるはずがない。 海水は勿論、港湾内と港湾外を出入りしていますし、汚染は勿論、海に流れていっているのです。

司会者:
 出入りしていると!? 完全にじゃぁ、ブロックされているっていうのはこれは間違いということですか?

小出裕章氏:間違いというよりですね! 

司会者:嘘ですか!! 

西谷氏:
 ちょっといいですか! あのね、この福島第一原発ていうのは元々はですね、あの原発から出た温排水を遠くの外海に出すように作られているんじゃなかったですか?

小出裕章氏:
 はい、六ヶ所村に今作られている六ヶ所再処理工場というところは、膨大な放射性物質を
流さざるを得ない、はじめからそういう設計になっていて海岸線では到底流すことは出来ないので沖合3キロまで排水管を引っ張って、海面下、確か43mだったと思いますけれどもそこから流すという設計になっています。 原子力発電所の場合にはそれぞれ膨大な排水を流しているのですけども、ほとんどの場所では海岸の近くで流しています。 福島もそうです。

司会者:
 小出さん、安倍さんの仰ったことは嘘だ、と言うふうに仰っていらっしゃいましたが、安倍さんはまたこういうことも言っておられます。 「我が国の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい。 被曝量は日本のどの地域でもその100分の1程度だ。 健康問題については今までも、現在も将来も全く問題ないということをお約束いたします」と、更に「抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、既に着手しております」 こういう発言についてはどう思われますでしょうか?

「ヘッドラインではなく事実みて」汚染水巡る首相発言 
(参照元)IOC総会で「福島第一原発の汚染水は制御している」と発言する安倍首相とその発言を訂正する菅官房長官ー東日本大震災の歴史的位置(東京の「現在」から「歴史」=「過去」を読み解くーPast and Present:2013年9月10日)

汚染水問題でありますが、まず、健康に対する問題は、今までも、現在も、これからも全くないということははっきりと申し上げておきたいと思います。
(参照元)内外記者会見(首相官邸:平成25年9月7日の資料より)


小出裕章氏:
 はい、ひたすら呆れますし、こんな軽々しい発言をする人を一国の首相にもっていることを私自身は大変恥ずかしく思います。 え〜残念ながら福島第一原子力発電所の事故は起きてしまいました。 その発電所は勿論、自民党政権が安全性を確認したと言って認可した発電所なのであって、自民党政権の中心メンバー、トップにいる安倍さんに寧ろ責任があるのであって、そのことをまず謝罪して責任をとるということが本当は必要なことだと私は思っています。

 2年半経っても事故自身の収束は出来ないまま今日まで来ていて、ですから今、汚染水問題っていうことがみんなの問題になるということなのであって、安倍さんなんかがどんなに責任をとると言っても事故自身の収束が出来なかったという事が事実として目の前にあるのです。 
西谷氏:
 あのね、すみません。 あの〜小出さんは事故当時ですね、あのやっぱり汚染水が漏れているからタンカーで新潟まで運ぶべきだとか、或いは5月の時点ではもう【遮水壁】をですね、もう作らないかんという話をされているんですが、あの時は漏れていないことで何も動かなかった、こういう経過がありましたよね。

小出裕章氏:
 え〜と、あの時にですね、既にピットと呼ばれている水路が敷地の中にあって、海岸につきだしていた部分からジャージャーと汚染水が外に漏れているのが目に見えたのです。 それで慌ててその割れている部分だけを塞いだのです。 そうしましたら多くのマスコミも「もう汚染水問題はかたがついた」という風に思ってしまったのだと思いますが、取り上げることがなくなってしまいました。 

ピット
(画像元)危険な高濃度・放射性物質がピットから海へ流失汚染映像 福島第一原発2号機(スマイル・ストップ・ザいじめ:2011.04.02)
 しかしピットにしろ、トレンチにしろ、原子炉建屋、タービン建屋の地下に・・・ 地下の階ですね、そういう所はみんな地面の下に埋まっているわけで仮に割れがあっても見えないというだけなのです。

西谷氏:元々、海を埋め立てて作ってますでしょ!?

小出裕章氏:
 まぁ、海の界面のところまで大地を切り下げていってですね、そこの上に建てているのですが、コンクリートの構造物ですので割れないコンクリートの構造物なんてこの世には存在しないのです。 ましてや地震に襲われていますので、そこらじゅうで割れがあるはずだし、(液状化も起こっているかもしれないですしね。) 勿論、そんなことも起きているはずなのです。

 当然、穴が空いて汚染水が当時からずっと漏れていたのです。 そのことをみなさん知らん顔をしながら来て、今になって汚染水問題が大変だと言っているわけですけども、私から見ると何を今更言っているのですか?と思ってしまいます。

西谷氏:それも参議院選挙の投票日の翌日に発表してますからね、7月22日に・・・。

小出裕章氏:そうですね、汚いやり方ですね。


西谷氏:
 で、今回のね、完全にブロックされているという、これは全く嘘だろうと、世界中に発信してしまったわけですよね。これ後で責任問われたらどう・・・ 

小出裕章氏:
 必ず責任を問うて欲しいと思いますし、安倍さんが責任をとるべきだと思います。

司会者:
 そうですね、あの〜安倍さんは、まぁ、私が責任をもって抜本解決に向けたプログラムを既に着手しているのを実行していくと仰ってますけど、オリンピックのしょうへいの是非はともかくとしてですね、先にそういうことは、アルゼンチンではなくて福島の人たちに向けて決意、或いは考えを述べるべきだったと思うんですがどうでしょう!?

小出裕章氏:
 はい、勿論、石丸さんのおっしゃる通りです。 で、今現在も福島第一原子力発電所の事故で十何人ではきかないような人たちが苦難のどん底に落とされてしまって、2年半経ってもなんの改善もされないという状況なのですね。 まず安倍さんがそのことに対してきちっとしたプログラムがあるというのであれば、それこそきちっと説明しなければいけないのであって、そんなことをしないまま世界に向けてはなにかプログラムを持っているかのように言うわけですね。 本当に軽々しい発言だなぁと私は思います。
<文字おこし終了>
..........


 安倍総理の言う「抜本解決に向けたプログラム」とはいったいどんなものなのか・・・ 国民に向けて是非とも公表して頂きたいところです。





関連記事
スポンサーサイト

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sakurine2012.blog.fc2.com/tb.php/78-ca9db798
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。