★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

A倍総理は消費税増税推進派でした。→「法律通りに引き上げるべきだ」  K井氏「アメリカに200兆円以上の金を貸している。」←消費税増税が必要ない理由


 現在、消費税増税問題の原因(犯人)が財務省の事務次官である【K下氏】だとされ、最も叩かれているような状況ですが、本当に【K下氏】が最も叩かれるに相応しい人物なのか? 「K下増税」と称され槍玉にあげられている状況ですが、本当にそうなのか?

 ということでいろいろ調べてみた結果、どうも政府(A倍総理大臣、A生副総理大臣兼財務大臣、I破議員、他)、財務省(K下氏を含む)、そしてマスコミが最初からグルとなっていたのではないか!?と見受けられる結果が出ました。 A倍氏が【慎重派】 【反対派】なんてとんでもないって感じです。




安倍晋三総裁 定例記者会見 
(平成24年11月21日 於:党本部9F 901号室)
https://www.jimin.jp/activity/press/president/119262.html
消費税増税について 安倍晋三総裁 定例記者会見 平成24年11月21日


 平成24年11月当時、A倍総理は「来年消費税を上げていく。3党合意の下に法律を成立させています。」と発言されていますが、一見すると来年消費税を上げていく、と断言しているように感じられます。 そうではなく、来年消費税を上げていくという3党合意の下に法律を成立させている、と予め記者に説明をされたものだと思われます。そして、その後に「その中で、附則18条があります。法律に則って、我々は判断したいと思います。」と発言をされています。

 附則18条とは→
社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律←こちらの法律に明文化されている「消費税率の引上げに当たっての措置」を示す条文であり、一応、平成26年4月から税率を8%に引き上げる法律が成立したが、しかし附則18条(景気条項)をも鑑みて消費税増税を行うか否かの判断をしていくと発言をされているのだと思います。



 しかし、昨年の衆議院選挙時?選挙前?かどうか不明ですが、候補者アンケートが行われた時にA倍総理は以下のような回答をされていた事がわかりました。

(毎日jp 候補者アンケートの結果より)
選挙 > 2012衆院選 > 小選挙区 > 山口 > 4区 > 安倍 晋三
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A35004001001

消費税「法律通りに引き上げるべきだ」 安倍晋三
※画像元:三橋貴明「あなた方に日本の情報産業における職はありません」(笑)(日本が好きな人のブログより)

 上記の候補者アンケートの問4(消費税)のところで、消費税を2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立したが、この法律への考え方で近いものを一つ選んで下さい、というアンケートに対しA倍総理は、法律通りに引き上げるべきだ←2012年の衆議院選挙時にハッキリと回答をされていました。

 つまり、A倍総理の心の内の内までは本当はどうだったかはわかりませんが、アンケートの回答からすると消費税増税推進派であったということが言えます。 


 何か、ネット上の書き込みに何が何でもA倍総理に責任がいかないよう他の人を悪者に据えバッシングをする書き込みを見ますが、まず、【慎重なフリ作戦】某総理は消費税増税に慎重なフリをしていた!?←こちらに書いたように最終的に判断し決断を下すのは総理大臣であり、その結果、悪ければ責任の所在が最高指揮官である総理大臣にいくのは当然のことであり、A倍総理が増税をやると表明を行なった以上は、「A倍ガー」「A倍増税」とならなければおかしいのではないでしょうか。 


 最初から「A倍総理は増税は絶対にやらない人だ」という前提で物事を見てしまうから、他の誰かに責任を着せるような行動に出てしまうのだと思いますが、慎重なフリ作戦】某総理は消費税増税に慎重なフリをしていた!?←こちらに書いた東田さんの主張のように最初から増税など反対の立場であればそれなりの対応をしっかりしていたと思うのです。 しかし、やるべき事をやらなかったのは最初から増税をやると決断をしていたからだと判断するのが妥当だと思います。


 政府の最高責任者、最高指揮官が格下の財務官僚から圧力を受けたくらいで増税を決断するようならその程度の政治家でしかないという事になるのではないでしょうか。 

 別にバッシングの的になっている【K下財務事務次官】は潔白だと言っているのではなく、増税に進ませるよう何らかの関与があったのかもしれないですが、最初から政府、財務省、そしてマスコミ、これらがみんなグルだったのではないかと見るほうが妥当だと思います。諸々の情報を鑑みて。(これらの他に黒幕は別にいるでしょうが)

 結局、附則18条の「景気条項」を盛り込んだところでやるとなった以上、自○党さんは国民の不満や怒りを緩和させるための処置として附則18条を盛り込んだのではないか?とも個人的には感じています。 A倍総理は「デフレ下での増税は行いません」とも発言されていたようですが、結局は附則18条などお飾り程度のものであり、また国民を裏切った形となったのではないかと! なんだか・・・自滅していっているように見えて仕方がない。






消費税増税が必要ない理由



消費税増税が必要ない理由

消費税増税が必要ない理由
http://www.youtube.com/watch?v=HuN0aajyYkk&feature=youtu.be

--------------------------
※5秒あたりから文字おこし

 日本が、世界が羨むほどの金がある! 世界一の債権国でしょ。アメリカにね、200兆円以上の金を貸しているんですよ! 4、5千兆円のね、そういうね○○○を持っている。

 だからね、ギリシャと違うんです。 それを財務省はそう言っちゃうと消費税が上げれなくなるから日本は金がない、金がないって言ってこんな体たらくな、私は総理に申し上げた。 

 非常事態にはね、非常事態のやり方がある。貴方それやってね世界を救うなかで日本も救われていく。それをやりなさいと私は言っているんだけど今のところ一向にやろうとしない。

<文字おこし終了>
--------------------------


 結局、消費税増税は何のためにやるのか? すべて社会保障にまわすと公約に書かれてあるようですが、何故、デフレ下でやるのだ? しかも景気の腰折れをさせないよう5兆円の財政出動を行うとかなんとか言っているようですが、5兆円で腰折れを防げるのか??? こういう別に手間をかけるくらいなら先に景気対策を行うべきではないか?

 確か、政府は生活保護費、年金などの社会保障費の削減を掲げていたと思います。 ところがいざ、増税が決まったとたん生活保護費の増額を言い出した。(因みに、生活保護受給者は日本人より在日外国人<韓国人、朝鮮人>が割合的に最も多いと言われている) いくら増額するのか知りませんが結局、バラ撒きに等しいのではないだろうか? A倍総理は昨年の時点で一応、法律の上では26年度から増税をやることが決まっている、と発言をされている。 しかし今年に入って社会保障の減額を掲げたことと、消費税増税分はすべて社会保障にまわす、という主張は矛盾をしているのではないだろうか?

 本当にすべて社会保障にまわすのかどうかも疑ってしまいます。(実際は、経団連などの輸出大企業などが増税で丸儲けをさせ、国際金融家の利益のために増税が行われるのではないかと見ていますが)



<<関連記事>>
アメリカがちゃんと日本に借金を返せば、増税無しで、少子高齢化もクリアできます。ただし・・・(f-kafkappaの日記~緑と青の風にのって~)
アメリカが借金の利子を返済すれば、日本は消費税など上げる必要はない(途上の片隅にて)
借金大国日本についての海外の反応!(海外反応! I LOVE JAPAN)
日本の「国の借金983兆円」は騒ぐが、米国の「財政の崖」は騒がないマスコミ(Thot Diary)
08:アメリカの国債を買い続ける日本の政府(セキュリティー・防犯・危機管理のRescue Force SOG)
日本は世界の債権国!:反日の国から借金の”取り立て”あるのみ!?(Kazumoto Iguchi's blog)
日本の保有米国債-3(日本とアメリカの借金時計)(るいネット)
日本が保有している(はずの)米国債(Argus Akita)
アメリカ連邦政府の借金は5500兆円!(仙台インターネットマガジン)
外国からの借金がほぼゼロなのが日本の強みなんです。(richardkoshimizu's blog)

<<関連動画>>
青山繁晴 - アメリカの1500兆超え借金を暴露 - YouTube
日本のどこが借金大国? 1/2
日本のどこが借金大国? 2/2
三橋貴明 『日本政府は借金で財政破




 
 カナダ政府、借金まみれで其のぶんの負担を国民に着せ、国民は苦しめられているようですが、これに対し若干12歳(小学校6年生くらい)の少女が問題提起を行い、問題の解決策まで掲げて講義を行なったようですが、これが世界中のネットで大ブレイクとのこと! 年齢なんて関係無いって思わせるような賢明な少女で、将来、大物の予感を感じさせる。 

 ひょっとしてこの少女が世界を変えるのではないかと思わせるくらい。 どこかの某総理大臣よりも有能で才能のある女の子だと思ったのは私だけだろうか。


腐敗した銀行制度 カナダ12歳の少女の講演

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演

--------------------------
※38秒あたりから文字おこし

 カナダがどうして借金まみれになっていることを不思議に思ったことはありますか?

 政府がカナダ人に多くの税金を払わせることを不思議に思ったことはありますか?

 最も大きな民間銀行の銀行家がより裕福になって、残りの私たちがそうではないことを不思議に思ったことはありますか?

 国全体の借金が8000億ドル以上もあることを不思議に思ったことはありますか?

 あるいは、なぜ私達は一日あたり1.6億ドルの利息を国の借金の金利として支払うのでしょう?

 これは年間600億ドルです! 誰がこの600億ドルを受け取るのだろうと不思議に思ったことはありますか?

 私が見つけたことは、銀行と政府が共謀して財政的にカナダの人々を奴隷にしているということです。 私がとりあげる三つの重要な点は皆さんの感心を十分に集めて、皆さん自身で調査を進めて政府がカナダ人の人々に対して行う犯罪行為を止めることにたずさわって下さると希望します。

 まず最初にカナダ銀行について簡単に検証します。 二つ目の銀行がどのように機能しているかを見てみます。 最後に政府に実行を請願することができる実行可能な解決策を提出します。 

 カナダの歴史において、ほとんど知られていないGerald Grattan McGeerという人物がいます。彼は法律家で、会議員、バンクーバー市長を務めました。 彼のカナダに対する貢献は私達の歴史にとってももっとも偉大な一つです。彼はカナダのお金と創造と管理を唯一行うカナダ銀行の設立を擁護しました。1934年7月3日に設立され、すべてのカナダ人によって所有されていました。

 カナダ銀行のおかげで1970年代まで政府が現在、私達が持っている銀行制度を導入することを決定するまで、カナダの借金は常に管理可能なレベルで抑えられていました。現在の銀行制度はカナダの人々から略奪するものです。ではどのように略奪をしているのでしょうか?

 今日、民間銀行と政府がどのように機能しているかを説明させてください。 まず最初にカナダ政府はお金を民間銀行から借ります。彼らは借金として複利の利子付きでカナダに貸すのです。 それから政府は驚異的に増大する財政赤字への利息の支払いのために、カナダ人への毎年、課税額を増やし続けています。

 その結果はインフレーションで、カナダ人にとって私達の経済への費やす本当のお金が減少し、本当のお金は銀行のポケットに詰め込まれるのです。 同様に政府は貸付金の形で存在しないお金を貸し出す能力を銀行に与えました。銀行があなたに住宅ローンを提供するとき、文字通り「死の誓約」、貸付という意味で銀行はあなたにお金を渡すわけではないのです。

 彼らはコンピュータのキーをクリックして、空気から偽のお金を作り出すのです。実際には彼らの金庫にはないのです。現在、銀行は40億ドルの預金しか持っていませんが。1.5兆ドル貸し付けているのです。

 Graham Towersさんを引用します。「毎回必ず銀行が貸付を行うたびに新しく預金されたお金として新しい信用が作り出される。大まかに言えば銀行からのすべての新しいお金は貸付という形態である。貸付とは借金のことだから、現在の制度ではすべてのお金は借金である。」

 私は興味を持ったことに、マタイの福音書21章があります。キリストですら寺院から両替商を追い払ったのです。なぜなら彼らは通貨を操作していて、人々からお金を盗んでいたからです。民間銀行はマタイの福音書21章の両替商のようなものです。彼らはカナダの人々のお金、そして自由を横領し、略奪しているのです。彼らを止める必要があります。


 銀行制度はどのように機能するべきでしょうか? 

 悪名高いインタビューでMcGeer氏はTowers氏に尋ねました。「なぜ、政府はお金を創造する権力を民間に手渡し、独占させ、政府は自分でお金を創造できるのに民間から利息付で借金をして国を破産寸前まで追い込んだのですか?」 Towers氏は答えました。「もし、議会が銀行制度の運営形態の変更を望むのであれば、それは明らかに政府の権限内で可能なことです」

 言い換えれば、もしカナダ政府が国家のためにお金を必要とするのであれば、彼らは直接カナダ銀行(中央銀行)から借りることができるのです。それから市民は公平に税金をカナダ銀行に返金するのです。この税金のお金は私達の経済インフラへの投入として戻され、最終的には借金はなくなります。経済構造が借金によるお金ではなく、本物のお金が基本になるのでカナダ市民は再び繁栄するでしょう。 

 ロイヤル銀行のような民間銀行によって所有されている借金についてですが、私達がカナダ銀行(中央銀行)に借金分のお金を印刷させて彼らに渡します。その後、カナダ銀行の借金を返済するのです。そうです。私達は法的権利としてそうすることができます。

 結論として、私達は銀行制度と共謀した政府によって横領され、略奪され続けていることは12歳カナダ人の私ですら痛ましいほど明らかなことです。

 この犯罪を止めるには私達は何をすべきでしょうか? 次の世代が銀行家により奴隷にされる借金ベースの経済から自由で開放されるために何をすべきでしょうか? Margaret Mead氏の引用です。みなさんにこれを思い出してほしいのです。「小さなブループ(多分、グループだと思います)の人々が世界を変えることができるということを決して疑わないでください。実際にいままで常にそうだったのです。」
--------------------------


「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女へのインタビュー

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女へのインタビュー
--------------------------
※56秒あたりから文字おこし

 (司会者)
 インターネットでセンセーションを巻き起こすビクトリアグラントさんと母親のマーシャグラントさんに起しいただいています。ビクトリアさん、私はあなたのスピーチを全部見ました。結構な長さです。カナダの銀行制度の何があなたを悩ませているのでしょうか?簡単にお話いただけますか?

 (ビクトリアグラントさん)
 私を悩ませていることは、私達の政府が民間銀行からお金を借りて、私達を借金に追い込んでいることです。そして、そのことに対して何もしないことで、高みの見物をしながら私達に複利で借金返済をさせていることです。

 (司会者)
 あなたははっきりとカナダで何が起きているか理解しているようですが。世界経済についての解決策をお持ちでしょうか?

 (ビクトリアグラントさん)
 私の解決策は、民間銀行からお金を借りることをやめて、カナダ銀行(中央銀行)から、わずかの金利か、利息なしでお金を借りることです。

 (司会者)
 分かりました。あなたはたった12歳のあなたが世界経済で何が間違っているかにははっきりとした答えを持っていますが、なぜ、世界の指導者たちには分からないのでしょうか?

 (ビクトリアグラントさん)
 私は調査を続け、ドキュメンタリーを見て、本を読みました。いったん調査を始めれば理解するのは難しいことではありません。 世界の指導者達はおそらく何が起きているのか知っていると思います。ただ、そのことに対して何もしないです。

 (司会者)
 なぜですか?なぜ、彼らは気にかけないのでしょうか?

 (ビクトリアグラントさん)
 彼らが気にかけないのは、彼らが私達に対して行っていることで理益を得ているからだと思います。

 (司会者)
 分かりました。お母さんがお隣にいらっしゃいます。娘さんがインターネットセンセーションになっていることをどう思われますか?その上、現在、グローバルニュースチャンネルのRTでお話しています。

 (母・マーシャグラントさん)
 ワクワクしています。このプロジェクトが始まったときに、こんなことが起きるなんて思っていませんでした。夢にも思いませんでした。とても興奮することです。多くの人たちが話を始め、自分達自身の調査を初めているのです。賛成するか反対するかは別にして、彼らは自分で探求し始めています。

 (司会者)
 ビクトリアさん、話したように私はあなたの講義を聴きました。とても素晴らしいです。おそらく多くの人たちがこう考えていると思います。「これらのすべての考えは本当にあなた自身のものですか?」

 (ビクトリアグラントさん)
 私はお父さんとドキュメンタリー(複数)を見てきたのです。私はメモを取り、まとめて言ったのです。そして私達は私のスピーチをまとめたのです。人々(みんな)でしたのです。

 (司会者)
 ということは、あなたはお父さんと議論を通じて、あなたが興味を持ったことが嵐のように広がりました。あなたの世代だけではなく、全世界にメッセージが伝わっていると感じていますか?

 (ビクトリアグラントさん)
 そのとおりですね。

 (司会者)
 あなたが何が間違っているかを説明していることを、全世界で多くの人たちがご覧になっています。あなたのお母さんはかなり興奮しているとおっしゃっていましたが、あなたへの注目をどう感じていますか?

 (ビクトリアグラントさん)
 ビックリしています。とても気に入っています。というのは、何が起きているかということの情報を入手できて、そのことを他の人たちに話をすることができるからです。

 (司会者)
 あなたの年頃の人にとっては、経済、財政なんてつまらないものではないのですか?

 (ビクトリアグラントさん)
 そうですね。多分そうかもしれません。

 (司会者)
 あなたはその彼ら(子供達)になんと言ったのですか?みなさんの人生にとっても重要なことなのですか?

 (ビクトリアグラントさん)
 これは重要なことです。もし、なにが本当にひどいことが起きて、どんどん状況が悪化し続けたら、私達子供達は一日一回の生活ですごさなくてはならないかもしれません。

 ※アメリカ低所得者むけのフードスタンプ(食品券)を受け取っている人が4400万人を超えている夢物語ではないのです。


 (司会者)
 あなたは大人になったら何になりたいのですか?将来の抱負はなんですか?経済学者ですか?総理大臣になりたいですか?

 (ビクトリアグラントさん)
 私はインテリアデザイナーになりたいです。しかし、私は必ず金融制度改革については勉強を続けて行きます。

 (司会者)
 インテリアデザイナーですか?ということは、あなたはクリエイティブで金融的な関心をもっていきたいということですね。あなたのキャリアが大変うまくいくことを希望します。ビクトリアグランドさんと母親のマーシャグラントさんをカナダからライブでお迎えしました。
--------------------------

 ※どうして西側主要メディアはこれを報道しないのでしょうか?背後には国際銀行家がいるのです。
主流メディアが真実を報道しない歴史的な背景: CFR 外交問題評議会





関連記事
スポンサーサイト

Category : ★消費税問題
Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sakurine2012.blog.fc2.com/tb.php/66-72f73a99
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。