★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

一億円献金して貰えるのは韓鶴子の直筆サインと『真の父母様賞』?統一教会の“えげつない”錬金術←やや日刊カルト新聞より


 自○党総裁・現総理大臣のA倍氏、自○党参議院議員のY谷議員、他自○党議員の集票マシンと化し支援したとされるカルト・統一教会のとんでもない錬金術が発覚!!(A倍氏などは統一協会の合同結婚式に祝電を送っています。)

 まず、統一教会(国際勝共連合←統一の関連組織であり政治部門)がA倍総理、Y谷議員を支援していたという根拠。(※ネット上に誰かが流したものと思われます。)
統一教会(国際勝共連合) 山谷、安倍を選挙支援
※クリックで拡大表示できます。


 そしてA倍総理が過去に統一教会の合同結婚式へ祝電を送っていたとする根拠は以下の動画。 一説には秘書が勝手に送ったとも言われているようですが、この根拠は現在まで出てきていない模様です。
【拡散希望】自民党偽議員安倍晋三氏統一教会へ祝電
【拡散希望】自民党偽議員安倍晋三氏統一教会へ祝電
http://www.youtube.com/watch?v=nRCCbBlbpNE
------------------------------------------
※動画の内容を一部文字おこし

 大変なことでございます!
 更にこの席には400名を超えるご来賓の方々がいらっしゃっておられますが、時間の関係上、ご紹介できないことを大変恐縮に思っております。 申し訳ございません。

 祝電がいっぱい届いておりますが、その中から数個をご紹介申し上げます。

 岸信介元総理大臣のお孫さんでいらっしゃり、現内閣官房長官・副総理大臣でございますが、現内閣官房長官・衆議院議員の安倍晋三、そして元法務大臣、衆議院議員・安岡興治様、他国会議員5名の方、更には第一薬科大学副学長・吉武穀人様、九州大学名誉教授の高島よしまさ様等々から多数の祝電を頂きました。よろしく拍手をお願い申し上げます。

 以下、省略。

 ※元自○党政調会長だったN川秀直氏、自○党衆議院議員の松原よしたけ氏も祝電を送っていた事が発覚しています。

------------------------------------------


 そして、A倍総理の祖父・K信介氏(米国CIAのスパイ工作員だったというのは有名)、A倍総理の父・晋太郎氏などとも深い繋がりがあったとされる統一教会、以下が根拠です。(※記事元のアドレスを控えるのを忘れましたので掲載元を表示できません。)
安倍晋三の祖父・岸信介、父親・晋太郎 統一教会と密接な関係がある
※画像をクリックで拡大表示できます。


 なんと言っても強烈なのが以下の記事です! 統一教会(国際勝共連合)というのが反日組織であり、その反日の実態がよくわかる記事です。 これがカルトとも言われる所以。

★統一教会は公安警察の監視対象
http://blog.goo.ne.jp/project-justice/e/db08386d7f898a2c4b23d8ceab7b472e
-------------------------------------
※一部引用

▼統一教会は保守派・民族派の敵
 
最近、「新しい歴史教科書をつくる会」と世界基督教統一神霊協会(統一教会、統一協会)の接点が目立つのが心配です。ネットで拾ったものだけでもこういうものがあります。
 
藤岡信勝会長と西尾幹二元会長が扶桑社に送り付けた通知書や、藤岡信勝会長が八木秀次さんを訴えた訴訟の代理人である福本修也氏らが統一教会の顧問弁護士である

・藤岡信勝会長が昨年12月27日付「世界日報」に寄稿
・藤岡信勝会長が4月7、8日付「世界日報」の座談会に登場
・藤岡信勝会長が代表を務める「自由主義史観研究会」が7月26日に開いた全国大会で「世界日報」の鴨野守編集委員が講演
杉原誠四郎副会長と小山常実理事が「世界日報」の「ビューポイント」(産経新聞の「正論」に相当する欄)の執筆メンバーである
 
以前も書きましたが、統一教会広報局長や「世界日報」編集局長を務めた副島嘉和さんが「文藝春秋」昭和59年7月号で、日本の統一教会には会長が天皇陛下の身代わりになって文鮮明に拝礼する秘密儀式があると暴露しました。統一教会の教典「原理講論」には、韓民族は選民であり、日本は中国とともにサタン側の国家であると明記されていますが、布教に都合が悪いので日本語版からは削除されているそうです。統一教会勝共連合とは、天皇陛下より文鮮明を上位に置く韓国(北朝鮮を含む)至上主義の反日勢力であり、保守派、民族派の敵なのです。

現在の「新しい歴史教科書をつくる会」首脳は、「昭和天皇に戦争責任あり」と公言する石原萠記氏が社長を務める自由社を教科書発行元に選ぶなど「反共」と「保守」を同一視しているようですが、統一教会は「反共」すら怪しい組織です。朝鮮半島北部出身である文鮮明が1991年に北朝鮮を電撃訪問し金日成と会談して以降、統一教会が北朝鮮と密接な関係にあることはよく知られている話です。

-------------------------------


 自○党の政治家、そして統一教会側双方がそれぞれの目的から利用し合っていると見ていますが、統一教会というのは元々、文鮮明という米国CIAのエージェントだった人物が設立したといわれており、つまりCIAの下部組織ともいえる宗教を偽装した対日工作組織でもあり、こういう組織に支援を受け親密な繋がりがあるとされている現総理大臣、そして他自○党の議員が存在するということは見逃してはおけない大問題でもあると思います。

<<統一教会関連>>
世界基督教統一神霊協会(統一教会)
国際勝共連合
世界日報
統一教会関連の企業と団体





 さて本題はここからですが、以下の記事は→一億円献金して貰えるのは韓鶴子の直筆サインと『真の父母様賞』?統一教会の“えげつない”錬金術やや日刊カルト新聞)←こちらからお借りして転載したものです。


一億円献金して貰えるのは韓鶴子の直筆サインと『真の父母様賞』?統一教会の“えげつない”錬金術
http://dailycult.blogspot.jp/2013/10/blog-post_1.html
~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~
<転載開始>

 統一教会が日本の信者に対し韓国では数万円で売っている教典類を140万円から1億円で信者に売りつけようとしていることが判明した。

 しかも、教典を高額で購入した献金納付者に特典として教団が“贈呈&伝授”するのは、教祖夫妻の印を押した
教典韓鶴子総裁の直筆サイン教典というのだから、そのあからさまな錬金術には呆れるばかりだ。

2013恩恵の確認(修正)
統一教会本部が全国の地区教会へ2013年9月11日に発令した<2013恩恵の確認(修正)>
※画像をクリックすると拡大できます。



◆“恩恵の確認”文書を検証する

 <2013恩恵の確認(修正)>文書にある数字について解説する。
まずは、文書の内容をご覧頂こう。

【日本統一教会発令文書 2013年9月11日作成】 1
【日本統一教会発令文書 2013年9月11日作成】 2
【日本統一教会発令文書 2013年9月11日作成】 3
【日本統一教会発令文書 2013年9月11日作成】 4

 文中の数字『140数』は140万円、『280数』は280万円、『430数』は430万円、『0.13数』は1300万円、『0.3数』は3.000万円、『1数』は1億円を表している。『勝利』とはその額を献金納付することだ。また『N規』とは新規のことで『TD』はThanks Donation(感謝献金=特別献金)、『TP』はTrue Parents(真の父母=文鮮明&韓鶴子夫妻)、『TM』はTrue Mother(真の母=韓鶴子総裁)の意味であり、『天一国教典函』とは天一国教典を容れる函(はこ)で以前の天福函と同じように献金集めを目的として新たに造られたものだ。この函は基元節一周年となる来年1月13日発刊予定の“真の父母経”と合わせて280万円の献金でセット販売されるという。

それにしても3千万円献金しても貰えず、1億円を納めてやっと貰える『真の父母様賞』の中身が何なのか大いに気になるところだ。


◆韓国では数万円で販売されている教典類

 統一教会では予てから信者に対し、天福函という教典類を納めた箱を430万円で購入するよう指示が出されていた。

韓国では18000円で販売(成和出版社HPより)
韓国では18000円で販売(成和出版社HPより)
※画像をクリックすると拡大できます。


 韓国ソウルにある統一教系の出版社・成和出版社のHPにはこの天聖経・平和経の天一国教典が1万8千円でネット販売されている。


◆天一国教典日本語版は140万円から1億円

 日本統一教会 公式ホームページには、8月24日に韓国・清平で開催された『天一国教典 天聖経・平和経日本語版出版記念会』の模様が紹介されている。

【2013年8月26日 統一教会公式ホームページ】「天一国経典 天聖経・平和経日本語版出版記念会」を開催
※画像をクリックで拡大できます。
天一国経典 天聖経・平和経日本語版出版記念会」を開催


◆10月には韓鶴子総裁が霊能者を帯同して“献金集め日本縦断ツアー”を開催予定

お金集めに必死な統一教会の“首領” 韓鶴子総裁
お金集めに必死な統一教会の“首領”韓鶴子総裁
新たな節理“VISION2013”を掲げ“7年路程”で荒稼ぎを目論む
日本縦断ツアーは今月半ばだ


 韓国国内外に於いて教団内紛を発端とする裁判で敗訴し多額の賠償金が必要となっている韓国統一教、そんな折、唯一の資金源である日本へ韓鶴子総裁がまた献金集めの“テコ入れ”にやってくる。

 韓鶴子総裁は霊能者役の金孝南と共に10月14日に入国し、翌日から北海道、首都圏(さいたまスーパーアリーナ)、長野、名古屋、大阪と5日間連続で信者集会を開く。更に11月にも再来日し福岡でも大会を開催するという。

 これら信者から搾り取る献金や霊感商法の売上げなどを原資として毎年約300億円ものお金が日本国内から韓国の教祖一族やグループ企業へ流れていたことも教団内部文書から判明している。
 
 尚、本紙既報の献金返還トラブルを巡って韓国清平で起きた信者による焼身無理心中事件の影響を懼れたのか、統一教会本部は「10月に真のお母様をお迎えする予定ですが様々な面から防衛上のことを考慮して連絡があるまでは必要以上に会場場所をお知らせしないようお願いします」と各地区に指示を出している。

 韓国では数万円で販売されている教典を、日本国内で信者に直筆サインなどを餌に1億円もの高額で売りつけようというのだから、今後も献金返還を巡るトラブルが起こるのは必至である。

 既に、献金集めのカラクリに気付き始めた一部の信者からは「献金ボイコット運動」も起こっている。

 実際に記者も、街頭で自叙伝伝道を行なう末端信者から相次ぐ献金指令に疲弊し困窮する実情を聞いている。

 日本人から財産を収奪することしか考えていない教団首脳。“真のお母様”の“真の姿”に気付く信者が増えることを祈るばかりである。

 ※最新情報によると、金孝南は本日(10/1)関東地区で祈願礼式を開くとのことだ。また、朴普熙(パク・ポーヒ)韓国文化財団総裁も国内で講演を行なっており、宋龍天(ソウ・ヨンチョン)全国祝福家庭総連合会総会長も来日中と、韓国人幹部が揃って日本へ集(たか)りに来ている印象だ。

<転載終了>
~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~



 韓国では18,000円で売られている経典類を日本では1億円で売りつけられようとしている・・・。超絶ぼったくりもいいところですよね。 これはハッキリ言って悪質すぎますし、こういったところからも反日が伺えます。

 日本人の信者(食口)のみなさまには統一教会の危険性に早く気づいて頂きたいです。

 そして、こういう反日の危険なカルト団体から支援を受け、親密な関係にある自○党の政治家が政権中枢にいるというのが非常に恐ろしい。 公安の監視対象になっているようなカルト団体と繋がりをもつような政治家など信用するに値しない、と思うのですがどうでしょうか!


 
関連記事
スポンサーサイト

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sakurine2012.blog.fc2.com/tb.php/64-6aa60079
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。