★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

【拡散】朝鮮学校に利敵行為をする大学教員たち

周知・拡散願います!!

「高校無償化」措置を朝鮮学校に適用することを求める大学教員の要請書に署名した方々

http://www35.atwiki.jp/kolia/m/pages/1273.html?guid=on
↑2010年3月のもので古いですが、朝鮮学校の無償化を求める要請書に署名をした大学教員の一覧です。
約1000名近くはいると思われます。 めちゃくちゃ多い;



(・∀・)<朝鮮学校の無償化に賛同した大学教授等は朝鮮学校がどのような施設なのか理解出来ているのだろうか?

戦時中に銃剣を突きつけられて無理矢理に日本に強制連行されてきた可哀想な朝鮮人の子弟が通う民族学校だと間違った情報を刷り込まれ洗脳された教員がほとんどではないのか? 

確信犯はあまり多いとは思えない。 殆どが間違った情報を刷り込まれ洗脳された末の署名なのではないかと思います。(あくまでも私個人の憶測でしかありませんが・・・全ての教員が確信犯だとすると日本の大学は終了です;)


<<関連動画>>

拉致担当大臣の松原氏を更迭し、田中真紀子氏を起用ということは強行的に朝鮮学校の無償化適用に向かわせる決意でのものと思われる。 秋の臨時国会前に人権救済機関設置法案の閣議がもう一度行われるが、これも相当危ないかもしれない。 田中真紀子文科省大臣に朝鮮学校無償化反対の意見、抗議を!!



北朝鮮というのは日本にとってみればテロ国家も同然! こういう国の下部組織である朝鮮学校という名ばかりの怪しい施設に国民の血税を注ぎ込むのは言語道断! お金がほしけりゃ北朝鮮の将軍さまに要求するべき! 日本を恨み、敵視しているくせにお金は頂戴!って・・図々しいにも程がある。

どうせ無償化のお金も北朝鮮に流れてミサイルや核の資金源になるだろうから絶対に無償化などしてはいけない。

第一、一条校でもない各種学校(私塾扱い)でしかない施設に税金を投入するなら、他の各種学校からも要請があれば応じなければいけなくなる。 これでは財政が破綻に追い込まれる恐れもあると思います。

それに【通知によつても明確なとおり、外国人に対する保護の措置は、法に準じて実施することになつているのであるから、生活に困窮する外国人の子弟のみが教育基本法に規定する日本国民の義務教育に準ずる教育以外の特別の教育を受けることを認めることはできない。従つて学校教育法第一条に規定する小学校、中学校以外の各種の学校において受ける教育については教育扶助の適用を認めることはできない。又特定の学校において通学費を必要としながら受ける外国人のための教育については、その通学費及び特定の教育のために必要な教育費を教育扶助の内容として認めることはできない。】 と此方の通達に書かれてあります。→http://blog.goo.ne.jp/mintsun157/e/2658afc886d5496ecb8dac2725e07da9



まず知ること、そして知らせる事が重要です。 周知・拡散の方よろしくお願い致します。






朝鮮学校の実態1

議事録偽造


朝鮮学校の実態2

↑『マワしたろか!』って・・・恐ろしいわ・・・。


朝鮮学校の実態3

日本人を大量に拉致し、日本に向けてミサイルを撃ち、核兵器を向けている北朝鮮に忠誠を誓う東京朝鮮学校の子供たち。


朝鮮学校の実態4
【教師が反日誘導「日本人に拉致を言う権利はない」 元生徒が朝鮮学校の実態告発】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111014/crm11101407370002-n1.htm


朝鮮学校の実態5
【国民の知らない反日の実態 朝鮮学校】
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1318.html


朝鮮学校と称する怪しい学校の実態を知り、無償化断固反対の声をあげていきましょう!!


スポンサーサイト

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sakurine2012.blog.fc2.com/tb.php/5-d6cf13d7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。