★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

国益に関わることなら徹底して討論しても良いのでは? 某SNSでの出来事


天下、国家を語るまえに、生ぬるい思考回路を強化せよ!

以下の記事は、私が現在参加させていただいている所謂【保守系SNS】の「m○日本」というSNS内において、私について書かれてあるもので、HNは「A」となっていて具体的な名前は書かれていませんが、しかも、HNは出さずとも頭のネジが1、2本緩んだような、マヌケな中傷めいたことが書かれてあるため、この場でツッコミを入れていきたいと思う所存ですw

本当は、SNS内において反論を書き込んでいるところですが、現在、SNSの階級システムであるドレスコードがブルーのTシャツ、つまり一番最下層のラフ会員にレベルを落とされているため、他者の記事へコメントが一切出来ないという状況になっているので仕方なくこの場から・・・ということで!



恥ずかしながら、私が以前に引っかかった、m○日本内での工作のことを書きます。

一昨年だったと思うのですが、s…さんというニックネームの、「オーストラリア在住の日本人で、現地で日本の良さを伝える活動をしている若い女性」を名乗る方がいらっしゃいました。
名乗る、というのは事実確認ができないままだったからです。

その人は、一見して、外国に出て祖国の良さに気づいた普通の日本人に見えました。(日記等の文章で)
私は英語も他の外国語も不得手で、外国で積極的に日本の良さを発信してくれる人がいる、ということで単純に喜び、彼女の日記にコメントを書いたところ、フレンド申請をいただいてマイフレになりました。

しばらくして、その方が、ある過激な言動の保守団体の「ヘイトスピーチ」について、団体関係者のブログのULRを貼って「私はこんなデモには参加したくない」と批判の日記を書きました。
私は無知で、「ヘイトスピーチ」という言葉は(意味はなんとなく分かりましたが)その時に初めて知りました。

(今では、某団体さんを筆頭に保守層へのバッシング&レッテル貼りに在日勢力+マスゴミが使う言葉として、定着した感がありますね)

その日記には、「行動する保守」系の団体さんや彼らの抗議の仕方を強く支持するmy日本メンバーさんが、噛みつきました。
いつも、ご自分と異なる意見があると執拗に何度も非難のコメントを入れ続けるという行動をする方で、たぶんmy日本内では知っている人が多い方です(仮にAさん、とします)。


その時、私自身は、その団体のこと自体を知りませんでした(今も、保守団体をあまり知りません)が、拉致被害者の団体が主催するデモで、主催者の意向に反する言葉を叫ぶような参加の仕方をしてしまったということでしたので、それはマズイと思い、批判意見が出るのは仕方ない……と思いました。
ご自分たちのデモならシュプレヒコールの内容を自由に決めてもいいと思いますが(それでも、同じ保守でも考えの違う人から批判意見は出るだろう…過激で誤解されやすく、反日側に逆利用されそうだから)、主催者からクレームがあったなら、自分たちの考えを押し付けるべきではないと考えたからです。
(一般の日本人に対して拉致被害者救出を訴えるデモで、「チョウセンジンを全員海に放り込め」だか何だかって物騒な言葉を叫ばれたら、私が主催者側だったら困惑を通り越して激怒すると思う)


ここで、余計なことに、「善意の人が勘違いした困ったチャンに粘着されて困っている?」と思った私は、「攻撃的な人に絡まれているみたいですが、大丈夫ですか?火に油を注ぐといけないと思って、コメントしないように自重しているのですが」といった趣旨のメッセージを彼女に送りました。
「助けてほしい」という趣旨の返信があったため、彼女を庇うコメントを書き込みました。
そして、当然というか、Aさんに延々と噛みつかれることになりました。
その後、コメント欄が伸び続けました。(私が攻撃されていると心配してくれたマイフレさんが、私を擁護するコメントを書き込んだり。巻き込んで申し訳なかった(><;)



「マズイ、火に油注いで却って悪いことしたな」と思っていたら、s…さんが、

Aさんの名前を日記タイトルに入れた、批判日記をUPしました。

驚きました。タイトルに個人名を書いてAさんに対する挑発に見える日記をあげて、自分からケンカを大きくしました。
「後でタイトルを修正する」ということでしたが、ようやく前日記のコメント伸び伸び状態がフェードアウトしかかってきていたのに、「何を考えているんだ??」と思いました。



こうして、「自分の意見が肯定されない限り、的外れなことでも延々と攻撃的コメントを書き込み続ける」という行動特徴がある人物(Aさん)を自分の日記に引き込み、ただでさえ保守層の間でも「やり方」に関して異論や軋轢があることをネタに、意図的に日記コメント欄を炎上させ、my日本メンバーの注目を集めようとしました。
(コメント欄は100を軽く超えていたと記憶しています。そのころはメンバーがずっと少なく、コメントの多い日記はそれなりに目立ったと思われます)


そこで、何をしたかというと。

「my日本ないしmy日本の事務局(運営)がアヤシイ」

という、宣伝でした。


言葉はもっときれいで丁寧でしたが、内容はこんな感じだったと思います。

「Aさんは何人かのグループで特定のm○日本メンバーを攻撃している。その際に、いつもモメた相手方ばかりがm○日本の運営によって退会させられるが、Aさんたちはそのまま残っている。」
「m○日本事務局にとって不都合な人を狙ってAさんらに攻撃させて退会するよう仕向けているのではないか?」

「私のマイフレの●●さんがこう指摘している(→その人の日記をリンク)。m○日本で集めている震災義援金について使途の公表がないなど、不正の疑いがある」


…たしか、こういったことを何人かのお仲間と一緒に主張されました。
見方にもよりますが、

 ・「m○日本への不信感を煽る」

 ・「メンバー同士の不信感を誘発する」

 ・「支持する保守団体等の考えが違う人たちを諍わせる」

といったことをしたがっている、ように見えました。

ここまできて、最初に口火を切った工作日記にまんまと(コメントの投稿で)加担してしまった私は、愕然としました。
私はm○日本の管理人さんとも事務局の方々とも直接の交流はなく、頭から信用しているわけでは実はないのですが、さすがに「オカシイ」と分かりました。

彼女(本当の性別や名前や立場、国籍等は不明ですが、便宜上)の目的は、

 m○日本への不信感を必要以上に強調したり、
 メンバー同士を争わせる方向に扇動し、
 分断させる

というものだったと思われます。
そのために、意図的に日記を炎上させて注目度を高めたうえで、仲間とともに真偽の判断が難しい疑惑を流して、相互不信を創出して拡大させた。


私は、これは本物のネット工作員だと確信しました。
その後は彼女の日記はスルー、でもフレンド登録はそのままで放置、というふうにしていました。
その後、m○日本管理人さんが義援金関連の疑惑等に対して見解や事情説明をする日記をUPなさり、それを読んで納得した人も不審と判断した人もいらしたと思いますが、その件は沈静化しました。
彼女やお仲間の日記はそのままでしたが、ほとんど注目されなくなっていき、フェードアウト。
s…さんも他に彼女に同調する日記等を上げていた人も、長らく登録を残したままになっていました。(本当に不審なSNSだと思っていれば、自分たちだけでもさっさと退会しておかしくなかったはずなのですが)
かなり経ってから(一年以上?)、彼女はいつの間にかひっそりと退会なさっていました。




>①しばらくして、その方が、ある過激な言動の保守団体の「ヘイトスピーチ」について、団体関係者のブログのULRを貼って「私はこんなデモには参加したくない」と批判の日記を書きました。

(・∀・)<はい!「ある過激な言葉の保守団体」というのは、私が会員として登録している在特会のことです。

この人物(仮にNさんとします)とも、あーだ、こーだと在特会の活動方法について討論をしたことがありますが、言葉の過激さという、表面の【感覚的】なことだけにとらわれ、何故、過激な言葉が出るのか、その原因はなにかというところにはあまり重要点をおかず、ただただ【感覚】で他者を見て批評をするという典型的左思考の人物に多いタイプだったように記憶しています。



>②その日記には、「行動する保守」系の団体さんや彼らの抗議の仕方を強く支持するmy日本メンバーさんが、噛みつきました。 いつも、ご自分と異なる意見があると執拗に何度も非難のコメントを入れ続けるという行動をする方で、たぶんmy日本内では知っている人が多い方です(仮にAさん、とします)。


(・∀・)<そりゃぁ、日本の為に無償でごく一般の人たち(しかも、顔も名前も堂々と公にして)が危険と隣り合わせの護国活動を一生懸命、行っておられるのを陰でコソコソ、しかも後ろからピストルで撃つように中傷を行っていたら噛み付くのは当たり前でしょうに! しかも同じ会の方々ですからね。噛み付かれて当たり前だろうと! 志を同じくする同士の悪口を言われ、それを見て見ぬふりはできませんし。

この在特会の悪口を記事にしたSという【工作員】は、実は私が在特会の会員であることをプロフィールなどを見て知っていた、そして私に対する挑発目的で記事を書いたのです。


なぜ、挑発をして来たのか! 具体的に書けば長くなるので簡潔に書くと、HNが【火上】というメンバーがそのころ存在し、このメンバーとあることがきっかけで大揉めに揉め、最終的にその火上というメンバーは私ばかりか運営側にも攻撃を仕掛け、この攻撃の仕方が法律に抵触するようなやり方だったため強制退会をさせられてしまった。 私のほうも規約に抵触するようなバトルを展開したため、一定期間、SNS内のコンテンツが利用できなくなるという規制をかけられてしまったわけです。

そして規制が解除された後、その【自称、オーストラリア在住のS】が在特会の過激な言葉がどうのこうので中傷記事を書き始め、それ以前に、他の工作要因らしきメンバーによって在特会が中傷され、それについて自分の日記から反論を書いたりしていたのを、その【S】がちょくちょく見にきていたのを【足跡】で確認をしていた。

挑発をしてきたのは、その【S】が【火上】という、これまた「左思考(つまりサヨクのこと)」のメンバーとフレンドであり、私、桜咲が【火上】を退会に追い込んだと思い込み、「カタキ」をうつべく挑発をしてきたというのが真相なわけです。 退会に追い込んだのではなく、運営側の判断によってアカウントを削除、強制退会されたのであり、そもそも強制退会をされるような事をした【火上】にも問題があるわけです。

(・∀・)<その【火上】の行いを無視し、こちらが大切なフレンドを退会に追い込んだという逆恨みから、喧嘩を売ってきたということです。

よし!売られた喧嘩なら買ってやろうじゃん!てことで、その【S】の記事へいろいろと反論を書き込んでいたら、この【記事主】が突然現れ、私に対していろいろ反論をしてきたわけです。

記事の内容を見ると【S】に頼まれてこちらに反論を書き込んでいたようですが、内容はというと、そのへんの女子中学生かなにかが物事の好き嫌いかなにかで感情論たっぷりの、ハッキリ言って中身のない内容ばかりで全く話しにならないという感じだったのを覚えています。



>③その時、私自身は、その団体のこと自体を知りませんでした(今も、保守団体をあまり知りません)が、拉致被害者の団体が主催するデモで、主催者の意向に反する言葉を叫ぶような参加の仕方をしてしまったということでしたので、それはマズイと思い、批判意見が出るのは仕方ない……と思いました。

(・∀・)<まず、その時々の状況や過程を無視、しかも、活動に参加をしたわけではない【S】の在特会批判記事を鵜呑みして反論をするのもマズイと思いますけどねw


ご自分たちのデモならシュプレヒコールの内容を自由に決めてもいいと思いますが(それでも、同じ保守でも考えの違う人から批判意見は出るだろう…過激で誤解されやすく、反日側に逆利用されそうだから)、主催者からクレームがあったなら、自分たちの考えを押し付けるべきではないと考えたからです。


(・∀・)<そもそも・・・過激ではないデモなんて・・・ 日本以外まずないと思いますけどね。 デモというのはある物事に対して看過できない、どうしても許せないという怒をもって行うのが普通だと思いますが、その怒りの発露として思わず過激な言葉が出てしまうのは当たり前であり、デモを許可し、警備を行う公安も過激発言を許可しているから出来るわけですよね!

例えば過激な発言等に違法性があるなら誰もやらないだろうし、本気でその物事を捉え、怒りの感情を抱けば過激な言葉くらい人間なら出て当然だと思います。

日本人というのは、その性質上、公の場で感情を爆発させ主張をするというのにあまり馴染まない、奥ゆかしく、どちらかといえばおとなしい民族のようですから特に過激な発言等には抵抗があるというのは理解できます。

しかし、デモ自体を行うということは公の場で自己主張をするのと同様です。

私が思うのは、そのクレームをいれた団体は、【拉致被害者の方の救出<周りの目を気にした体裁】のように感じ、本当に拉致被害者の方の事を真剣に考えてデモを行なったのか・・・?ということです。

ある日突然、朝鮮人工作員によって有無も言わさず無理矢理、異国の地に連れて行かれ、誘拐された・・・・ この事を考えただけでも怒り心頭になり、思わず過激な発言が出ても当然だと思うわけですが、それに対してクレームを・・・ 同じように怒りがあればそれどころではなく、過激がどうのこうのなんてあまり気にならないものだと思うのですが・・・?

それに、在特会は主催者の関係者から誘われてデモに参加をしたようですが、その関係者は在特会の言動がある程度、過激なのを知っていたわけです。 過激な言動がダメなら最初から誘わなかったでしょう・・・。

ここで一つ疑問なのは、主催者側はデモに際して行動や言葉などについてのあらかじめ注意を行わなかったのでしょうか? デモの前に過激な言動等についてハッキリとやらないよう説明を行っていれば在特会も過激な言動は控えたと思います。

先述したように、デモなんていうのはある物事に対する理不尽さ、怒りといった負のエネルギーを抱え込み行うのが【世界では一般的】であり、怪我人は勿論、死者まで出るなんていうのはほぼ当たり前って感じではないかと思います。

(・∀・)<それに比べて、在特会さんは【言葉が過激】なだけで、しかも、法に反するような事はしないよう心掛けて活動をされるようにしているようですが、これを世界から見ればおとなしすぎるくらいでしょう。

普通だったらインパクトがあればあるほど心に強く感じるものがあり、人はそのもに対して気を向け始めるものだと思いますが、過激な言動に反発を持っている人の意見だと、見る人が怖がって抵抗を示し、逆効果となり、日本人としての品を落とすことになり保守のイメージも落としてしまうから過激なのはよくない!と、ほとんどの【お綺麗事保守】の方は言論封鎖するような発言をしだす! しかも、1億3000万人近くいる日本人全員がそうだ!というようなニュアンスで・・・。

(・∀・)<自分の事を他者に投影し、自分がこうだから他の人もそうに違いない、と思い込んでいるようなふしが見えて仕方がない。w

そして、これはやっちゃいけないだろうということが起こった!

在特会さんをデモに誘った某関係者は、自分が経営する会社のメディア放送の番組内で在特会さんをボロクソに批判したこと。

その時の模様を某動画サイトに投函し、公に知ることとなり関係が悪化! ハッキリ言ってやり方が卑怯だと思いますね。 仲間内で注意したら良いだけのことを・・・。 なぜそこまでする必要がある?と考えると疑問です。

(・∀・)<つまり、在特会さんだけがボロカスに叩かれて良い問題ではないのです、実際は。

主催者側の団体さんはクレームを入れるのはわかります。 しかし、その後の某関係者による在特会さんに対する対応が一番問題であり、在特会さんがどうのこうのというよりも、某関係者の後ろから石を投げつけるような、卑怯な行動が一番批判されるべきだと思いますね。

無責任にネット上で批判を行なった【S】や記事主も、一番の問題点が見えていない。



(一般の日本人に対して拉致被害者救出を訴えるデモで、「チョウセンジンを全員海に放り込め」だか何だかって物騒な言葉を叫ばれたら、私が主催者側だったら困惑を通り越して激怒すると思う


(・∀・)<一番物騒なのは、罪もない日本人を拉致(誘拐)した【チョウセンジン】でしょうが!w

そのとんでもない犯罪を犯した【チョウセンジン】に対して「全員海に放り込め」と言って何が悪いんでしょうね? ただ海に放り込め、と言っているだけで、「手足にオモリをつけて海に沈めろ!!」って言っているわけではないのだし!w 放り込んだだけで息絶えるようなことはまずない。w

実際に過激な発言をしたからと言って実効に移すわけではないのだし、これくらい怒ってますよ!!というアピールも必要ではないでしょうか? 拉致に関わったチョウセンジンとて日本人の過激なまでの怒りをみたら警戒するだろうし、大衆に好まれるようなデモなど行って、果たして敵は警戒するでしょうか? 「なんだ・・日本人、全く怒ってないじゃないか! よし、まだやれるな!」なんて逆に思われているかもしれません。

日本人は弱い!と見ているからやりたい放題されるのではないでしょうか!

(・∀・)<北朝鮮という国家ぐるみで在日朝鮮人とぐるになり、罪もない日本人を誘拐し、北朝鮮に連れていくという人権侵害も甚だしい犯罪行為を行なった者たちに対して過激なまでの怒りをぶつけるのは心ある人間なら当たり前ではないでしょうか! 拉致問題などの重要な問題に対して過激な言葉どうのこうのと寝言をいうようでは、他人事としてしか見ていないように感じます。



>④ここで、余計なことに、「善意の人が勘違いした困ったチャンに粘着されて困っている?」と思った私は、「攻撃的な人に絡まれているみたいですが、大丈夫ですか?火に油を注ぐといけないと思って、コメントしないように自重しているのですが」といった趣旨のメッセージを彼女に送りました。

(・∀・)<私から言わせれば、【S】やこの記事主が「困ったちゃん」であり、最初に喧嘩を売ってきたのは【S】ですから!w 攻撃的なのは!w

「助けてほしい」という趣旨の返信があったため、彼女を庇うコメントを書き込みました。

(・∀・)<助けを求めるくらいなら最初から挑発をして喧嘩を売るような事をするな!といいたい。 いい年をして自己責任ってものがないのか?って呆れかえる思いでいっぱいですw


そして、当然というか、Aさんに延々と噛みつかれることになりました。

(・∀・)<「当然」というからには、私がどんなタイプなのか知っていて【S】を庇い、こちらに反論をしてきたのですよね? そもそも最初に噛み付いてきたのはオタクさんですよ!w しかも、訳のわからない感情論でしつこく反論をしてきていたが、人の事を言えない。w


その後、コメント欄が伸び続けました。(私が攻撃されていると心配してくれたマイフレさんが、私を擁護するコメントを書き込んだり。巻き込んで申し訳なかった(><;)


(・∀・)<そうそう! なんだかんだとあちらこちらから攻撃されました、わたくし!w

しかし、そう簡単にマイフレさんが気づいて助けにきてくれるものでしょうか? まさか裏で助けを呼んだからやってきたわけじゃないでしょうね?ww

あのSNSでは禁止されていたサイバーカスケードに巻き込まれた私は大変でしたよ、まったく!!!(爆



>⑤「マズイ、火に油注いで却って悪いことしたな」と思っていたら、s…さんが、

Aさんの名前を日記タイトルに入れた、批判日記をUPしました。

(・∀・)<そうそう!「桜咲凛香さんは何故、退会をさせられないのだろう」←確かこんな感じのタイトルで批判日記を書かれた。

人に助けを求めるような者が、尚も喧嘩を売り続け、くだらないやり取り続けていたら、途中から「自称、自衛隊の妻」を名乗るメンバー(実際、自衛隊の妻というのは嘘だったw)からも攻撃をされ、このメンバーは【S】の仲間だった。

後でわかったのは、この【S】と【自称:自衛隊の妻】は、m○日本のメンバーをフェイスブックに誘い、引き抜こうとした工作員だったのですね! これは自分たちからわざわざ記事にして告白されてましたからね(爆ww


驚きました。タイトルに個人名を書いてAさんに対する挑発に見える日記をあげて、自分からケンカを大きくしました。
「後でタイトルを修正する」ということでしたが、ようやく前日記のコメント伸び伸び状態がフェードアウトしかかってきていたのに、「何を考えているんだ??」と思いました。


(・∀・)<気づくのが遅い!w 私は最初から【とんでもない奴】だとわかっていたから敢えて喧嘩を買ったわけです。


>⑥こうして、「自分の意見が肯定されない限り、的外れなことでも延々と攻撃的コメントを書き込み続ける」という行動特徴がある人物(Aさん)を自分の日記に引き込み、

(・∀・)<爆ww 「自分の意見が肯定されない限り、的外れなことでも延々と攻撃コメントを書き込み続ける」のはオタクもそうでしょう!w 確かそうでしたよ!

あまりにしつこいので、あるとき思いっきり叱り飛ばしたことがあります。

(・∀・)<そもそも、私は「工作をする不逞者」か、「日本の国益を害する言動を、しかも確信犯的に行う不逞者」しかシバキませんよ!w

真っ当な保守派に対しては普通に接するよう心掛けています。 (・∀・)<つまり、不逞者とそうでない者とを区別して対応をしていますw 胡散臭い、しかもキチガイ地味た相手にマトモな対応など通じませんし!w



まぁ、要するに事の事情を理解できていない、しかもほぼお花畑層と言ってもいいような寝ぼけた思考回路で横からしゃしゃり出てきてちょっかいを出すからいけないw

(・∀・)<後で、こうなった、あーなったと愚痴っても通用しません! いい大人が自己責任というものを知らなければいけない。 

「意見が肯定されない限り的はずれなことでも延々と攻撃的コメントを書き続ける」と言いますが、政治的なことであり、しかも国益が左右されることに関わる事では徹底的に討論をしてもおかしくないと思いますけどね。 

的外れというのは、単に此方の言いたい事を理解する力がないからでしょうが、そういう記事主も的外れな感情論たっぷりのコメントでしつこく絡んではきていましたが、自分の事は見えにくく、他者のことはよく見えると、こんな感じでしょうか?w


(・∀・)<それと、意見が肯定されないからといって延々と攻撃を続けるのは、ハッキリ言ってキチガイの所業ですよ!w 例のm○日本を2ちゃんねるで攻撃していた妄想患者のような!

そもそも延々となるのは、この記事主も負けず劣らず延々と反論を続けてきたからそうなるわけでw つまり、人の事をいえない!!というのが結論ですね(爆ww

ハッキリ言ってほとんどどうでもよいことでしたが、「お前が言うな!」というようなコメントなので、思わずここから反論を書いてしまいました。(笑

激しくくだらない雑感は以上です。

スポンサーサイト

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 1 comments  0 trackback

-1 Comments

荒神 says..."問題はほかにもある"
まぁそいつも問題でしょうけれど、A国者のゲームとかいう不逞の輩も問題ですよねー
そして、ある人間(A部)に反対する人を「保守分断」「保守分断」と連呼している不逞の輩も問題ですよね。

2013.11.07 01:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sakurine2012.blog.fc2.com/tb.php/43-c975dca3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。