★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

【天下の悪法・人権委員会設置法案】 反対凸先情報追加です!

天下の悪法・人権委員会設置法案 粉砕!!!!


【まだまだ諦めない!】天下の悪法・人権救済法案提出を閣議決定【これからが勝負!】
http://sakurine2012.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

上記の記事に続き【天下の悪法・人権委員会設置法案】反対凸先情報の追加です。





(引用元)
【今回はかなりヤバイ、激拡散】人権委員会設置法案断固阻止!!徹底的に抗議の電話、FAX、メールを!!(覚醒!!大和魂と愛国者の瞳)
http://zaitokuclub.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

※一部修正して表示しています。(アドレスの追加)


◆法務省
http://www.moj.go.jp/
 ・代表電話: 03-3580-4111
 ・人権擁護局
  FAX1: 03-3592-7675
  FAX2: 03-3592-7940

◆滝実法務大臣
 http://www.taki-makoto.jp/
 ・議員会館事務所
  電話: 03-3508-7081
  FAX:03-3508-3861
 ・地元(奈良)事務所
  電話: 0743-55-7888
  FAX:0743-55-7081


衆議院法務委員FAXは

文例 10月31日修正【FAX凸先】
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/42785d20d38eacc7f7c4df094b62e2aa?fm=rss

参議院法務委員FAXは

【厳戒】(旧人権擁護法)人権救済機関設置法案反対53
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1351187950/


【 参議院・法務委員会名簿 】
● 委員長 草川  昭三 議員 くさかわ  しょうぞう 公明 (賛成
http://www.kusakawa.gr.jp/ いきなり音楽が鳴り出します!ご注意
参議院議員会館709号室
国会事務所 電話:03-☆6550-0709,FAX:03-☆5512-4303


● 理事 小川 敏夫 議員 おがわ  としお 民主(元法務大臣) (賛成
http://www.ogawatoshio.com/
参議院議員会館605号室
国会事務所 電話:03-☆6550-0605/FAX:03-☆6551-0605
〒176-0001練馬区練馬1-4-4ベストフルスビル402
TEL:03-☆3992-9808,FAX:03-☆3992-5799
E-mail:toshio_ogawa@sangiin.go.jp


● 理事 桜内 文城(さくらうち ふみき) みんな (不明)
http://www.sakurauchi.jp/ ←此方には【日本維新の会に合流】と書かれてあります。
http://ameblo.jp/sakurauchi/ ←ブログ(桜内文城オフィシャルブログ「みんなきさいや」)
参議院議員会館408号室
国会事務所 電話:03-☆6550-0408/FAX:03-☆6551-0408
愛媛県宇和島市新田町2-1-1
TEL:0895-☆22-7075,FAX:0895-☆22-7083
E-mail:info@sakurauchi.jp


● 委員 有田 芳生(ありた よしふ)民主 (賛成
http://www.web-arita.com/ ←民主党政治家としての公式サイトのようです。
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/ ←ブログ(有田芳生の『酔醒漫録』)
https://twitter.com/aritayoshifu ←twitterアドレス
参議院議員会館416号室
国会事務所 電話:03-☆6550-0416/FAX:03-☆6651-0416
E-mail:dpj61@gol.com


● 委員 江田 五月(えだ さつき) 民主(元法務大臣) (賛成
http://www.eda-jp.com/
参議院議員会館1204号室
国会事務所 電話:03-☆6550-1204/FAX:03-☆6551-1204
〒700-0837 岡山市南中央町1-9
TEL:086-☆234-1151,FAX:086-☆234-2251
E-mail:satsuki_eda@sangiin.go.jp


● 委員 金子 恵美(かねこ えみ) 民主 (不明)
http://kaneko-emi.com/
参議院議員会館502号室
国会事務所 電話:03-☆6550-0502/FAX:03-☆6551-0502
〒960-8054 福島市三河北町2-8ココ・メゾン1F
TEL:024-☆533-5455,FAX:024-☆563-7080
E-mail:info@kaneko-emi.com


●谷 博之(元法務副大臣) 民主(賛成
http://www.tani-hiroyuki.com/
参議院議員会館 608号室
国会事務TEL:03-☆6550-0608,FAX:03-☆6551-0608
栃木県宇都宮市桜4-6-5
地元事務TEL:028-☆622-1550,FAX:028-☆643-2802
メール:info@tani-hiroyuki.com


●松野 信夫(法務政務官兼務) 民主(賛成
http://www.matsuno-nobuo.jp/
参議院議員会館720号室
国会事務TEL:03-☆6550-0720,FAX:03-☆6551-0720
〒860-0047 熊本市西区春日7丁目29-12
地元熊本事務TEL:096-☆211-1530,FAX:096-☆211-8677
〒866-0051 熊本県八代市麦島東町14-6
(3号線沿いの八代飯店の道路向い)
地元八代事務
TEL:0965-☆32-2760 FAX:0965-☆32-2760
e-mail : n.matsuno@matsuno-


● 委員 魚住 裕一郎(うおずみ ゆういちろう)公明 (賛成
http://www.uozumi.gr.jp/index2.html
参議院議員会館326号室
国会事務所 電話: 03-6550-0326/FAX: 03-6551-0326
E-mail:uozumi_hp@uozumi.gr.jp


● 委員 中村 哲治(なかむら てつじ)生活 (不明)
http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/
参議院議員会館815号室
国会事務所 電話: 03-6550-0815/FAX: 03-6551-0815
〒639-1121 奈良県大和郡山市杉町209-4
TEL: 0743-59-3915,FAX:0743-59-2228
E-mail:http://tezj.jp/contact/


● 委員 森 裕子(もり ゆうこ)生活 (不明)
http://my-dream.air-nifty.com/
参議院議員会館805号室
国会事務所 電話: 03-6550-0805/FAX: 03-6551-0805
〒956-0864 新潟市新津本町1-3-22
TEL: 0250-21-0222,FAX:0250-21-0888
E-mail:yuuko_mori01@sangiin.go.jp


● 委員 尾辻 秀久(おつじ ひでひさ)無所属 (不明)
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/giin/profile/5989018.htm
参議院議員会館516号室
国会事務所 電話: 03-6550-0516/FAX: 03-3595-1127
〒892-0852 鹿児島市下竜尾町3-16遺族会館
TEL: 099-225-2565,FAX:099-224-9598
E-mail:mail@otsuji.gr.jp


● 委員 平田 健二(ひらた けんじ)無所属(参議院議長兼務) (不明)
http://www.netlaputa.ne.jp/~ken2net/
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/giin/profile/5995059.htm
参議院議員会館303号室
国会事務所 電話: 03-6550-0303/FAX: 03-6551-0303
〒500-8184 岐阜市西駒爪町14
TEL: 058-263-4859,FAX:058-263-6920
E-mail:kenji_hirata@sangiin.go.jp


松原 仁
http://www.jin-m.com/prof_3_iken.html
国会事務所
 〒100-8982
 東京都千代田区永田町2-1-2
 衆議院第2議員会館709号室

 TEL: 03-3508-7452(直通)
    03-3581-5111(代表) 70709(内線)
 FAX: 03-3580-7336


自民党 安倍総裁
https://ssl.jimin.jp/m/contact

安倍総裁
http://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/100360.html

自民HP
http://www.jimin.jp/


稲田朋美
http://www.inada-tomomi.com/
〒100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1115号室
(TEL) 03-3508-7035
(FAX) 03-3508-3835


自民党都道府県支部連合会
http://www.jimin.jp/member/association/index.html


柴山昌彦(しばやままさひこ)
http://www.shibamasa.net/ ←オフィシャルサイト
http://gree.jp/shibayama_masahiko ←オフィシャルブログ
https://twitter.com/shiba_masa ←twitterアドレス
〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館822号室
TEL: 03-3508-7624 / Fax:03-3508-7715


いそざきよしひこ
http://www.isozaki-yoshihiko.com/
国会事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館624号室
TEL: 03-6550-0624/FAX:03-6551-0624


その他 自民党シャドウキャビネット
(各役員HPなどクリックしていただきFAX・メールをお願いします)
http://www.jimin.jp/member/s_cabinet/index.html


自民党広島
(各議員HPをクリックしていただきFAX・メールをお願いします。)
http://www.hiroshima-jimin.jp/shikaigiin.html


たちあがれ日本
http://www.tachiagare.jp/address.php

たちあがれ日本 平沼氏
http://www.hiranuma.org/new/debate.html



今回はマジでやばいです! マジですよ!

この前哨戦として法案反対者の松原 仁氏の外国外遊中に

民主党・野田政権は「人権侵害救済機関設置法案」の閣議決定を行いました。

つまり反対者のいない間を狙ったのです。

9月18日です。なので何時でも法案提出の運びになっています。

野田は今臨時国会で法案通過を法務大臣に命じています。

みなさん、国難です。

色々多忙とは思いますが、日本の運命を決めてしまう重大な事態なのでよろしくお願いします。










▼▽▼人権委員会設置法案関連動画▼▽▼


在日韓国朝鮮人の事実を言うと人権侵害で訴えられる!!??

村田春樹先生のお話を拝聴し・・・ そんなアホな!と思わず叫んでしまったわけですが・・・

現に人権擁護局から呼び出しの通知が届いたとの事ですが、既に始まっています【人権委員会設置法案】 恐ろしい・・・







(引用元)
http://search.yahoo.co.jp/search?&p=%E3%80%90%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E6%B3%95%E6%A1%88%E3%80%91%E3%80%80%E3%81%99%E3%81%A7%E3%81%AB%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%81%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E6%95%91%E6%B8%88%E6%A9%9F%E9%96%A2%E3%81%AE%E6%9A%B4%E8%B5%B0%EF%BC%81&fr=tbtopie&ei=utf-8

(今年4月以前のもののようです。)

3/15が今国会の法案提出期限のため、民主党と法務省は、人権侵害救済法を3/13までに閣議決定しようと急いでいます どうすれば阻止できるかについて、詳しくはこちらをご覧ください ↓ 自由な言論を抑圧し、税金の無駄使いを助長する「人権委員会設置法案(人権侵害救済法案)」 3/13までの閣議決定を断固阻止しよう!!(意見例と意見先あり) http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-207.html 村田氏は、 「在日韓国朝鮮人が経済的理由で日本に来たという発言は、著しく人権侵害に当たる」として、東京法務局から呼び出されました。 しかし、村田氏の発言は単に事実を述べただけで、差別でも何でもないことは明らかです。日本人が知るべき事実を述べると呼び出しを受けるような運用のされ方がすでに行われています。 このような恣意的な運用に対する対策が取られ、十分な改善がなされないまま人権委員会設置法案が制定されれば、恣意的な運用がエスカレートすることは想像に難くありません。 すなわち、人権救済の美名のもとに、日本人が真実を知る機会が奪われ、自由な言論が抑圧されることになります。このような危険極まりない法案を国会に提出しようとしているのが法務省、そして民主党です。国民みなで抗議の声を上げて、国会提出を断固阻止しましょう!

抗議先(電話/FAX/送信フォーム)法務省 03-3580-4111(月‐金 8:30ー18:15)/03-3592-7393/http://bit.ly/pw3cRj 民主党 03-3595-9988/03-3595-9961/http://bit.ly/1AGKdB 法務大臣 小川敏夫 (参議院東京選挙区) 03-3992-9808 03-3992-5799 「反対される立場の方の意見を最大限尊重して、なるべく早く法案を成立させたい」と発言 http://bit.ly/yXBazI *** ・荒川区議 小坂英二氏のブログ 「在日特権を語りました」 http://bit.ly/w74VJY  「朝鮮学校長に脅迫された経験から」 http://bit.ly/zttVlT

・外務省発表 在日朝鮮人、大半が自由意志で居住 - 戦時徴用は245人 ■昭和34年 朝日新聞 
http://bit.ly/k18F3G 在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。 これによれば在日朝鮮人の総数は約六十一万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内職は次の通り。

一、戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。 増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。 残りの30万人は大部分、工鉱職、木事職の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。

また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労働者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の渡航が止まるまでのわずか7ヶ月であった。

一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基く北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。 戦時中に来訪した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。 現在、登録されている在日朝鮮人は総計61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、現在、日本に居住している者は犯罪者を除き、自由意志によって在留した者である。


***【村田春樹】着実に進む「人権侵害救済機関設置法案」[桜H23/6/13]
http://youtu.be/AeSdS8oFRXs より。ぜひ、全編ご覧ください。




<<動画内容のまとめ>>

ed39ac6849213f4c85dec75d04dc25c3.jpg 
(画像元)
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/30c2853b88ca114f521d6d2f6bbc25f3



人権法務局の職員が『貴方のその発言は人権侵害だ!!』と言えば終わりである。


ロシア革命の時のKGBのように、『お前はの発言は反革命だ!』 『お前の行動は反革命だ!』と言ってシベリア送りにされる、これと同じ恐ろしい言論弾圧、言論に対する挑戦である。


東京法務局(東京都法務局人権擁護部)から配達記録付きの手紙(呼出状)が届き、 「村田様を含む一部の参加者から在日韓国朝鮮人や婚外子(?)に対して差別的な 発言がなされた、との申告が当機関に出されたことから、その事実関係を確認する為に 村田様からお話をお伺いする必要が生じた為であります」 と云うので行ってきた。


職員いわく『土橋○○○様、他4名の方から村田様のご発言に在日韓国朝鮮人を差別しているとの申し出があった。』 『結論を申し上げると土橋○○○さんと、ある在日の女性の方を含む4名の方が村田さんの以下の3つの発言が著しく人権侵犯に当たると申告がありました』 


土橋○○○さん、他4名が訴えた内容

1【在日韓国朝鮮人が経済的理由で日本に来たとという発言は著しく人権侵害に当たる】←
事実

2【そもそも日韓両国の政府間で特別永住権(単なる資格というか、許可です)を取り決めたことが間違い、という発言が著しく差別を助長し人権侵害する】←事実であり、言論の自由の範疇

3【特別永住者は一般永住者と比較して著しい特権を有している、という発言は人権を害する】←事実


特別永住者の特権(特権の一部)

(特権その1)
入管管理局にて日本人と特別永住権(許可)を持っている人は、別の場所【日本の方】に並ぶ。 しかし、一般永住者とその他観光客(外国人)は【外国】の方に並ぶ。

(特権その2)
通名が許可されている。

(特権その3)
特別永住者の子供は、生まれながらに永住権(許可)が得られる。 永住権(許可)が世襲制であり、これは世界中どこを探しても無い、日本だけである。


人権委員会設置法案は、在日韓国朝鮮人の絶大な武器となる。





在日韓国朝鮮人による、『旧日本軍は朝鮮人を強制連行して奴隷のように扱い、女性は強制的に慰安婦にさせられ性的奴隷となり大きな屈辱を負わされた』 『朝鮮人の名前を奪い、日本名を押し付けた』 などという大嘘、デタラメの発言は私達のご先祖様に対する差別を著しく助長し、名誉毀損となるのではないでしょうか!? つまり私達に対する人権侵害ともなる嘘、デタラメ発言だと思いますが!

もし訴えられたら在日韓国朝鮮人も不利になるということです。w


冗談はさておき、絶対に可決させてはならない法案だという事がますます理解できました!

国想う日本人の皆さん、断固粉砕で頑張って参りましょう!



関連記事
スポンサーサイト

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sakurine2012.blog.fc2.com/tb.php/27-92d12c02
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。