★さくりん護国情報室★ | 日本を護るお手伝いをさせてください。 日本社会の動向(国益を損ねる反日・売国行為に手を染める危険人物と政策などの重大ニュースや気になる情報など) そして世界の動向(日本に影響を及ぼす重要な情報)をお伝えして参ります。 併せて自主的な活動レポも書き記して参ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 

【除染は不可能!】「除染」という言葉で魔法かけ 「 福島県民を 福島 から出さない」(動画文字おこし)/除染費用の一部を国が負担へ ←除染という出来もしないものにお金を使うなら福島県民を県外へ避難させる事に使ってほしい!(除染団体代表者)/無駄な除染が利権となって国民の血税を吸い上げる!!

by ブログパーツ製作所
[PR]


ブログランキングに参加中♪
一日一回押して頂けると幸いです。

追加の除染費"国が負担"で調整へ 政府・与党(13/10/29)



除染費用の一部を国が負担へ 原発事故対策を抜本見直し(参照元:ハフィントンポスト:2013年11月05日)
・・・・・・・・・・
除染費用に国費投入 福島原発事故対策、国が積極関与へ

安倍政権は、東京電力福島第一原発事故対策を抜本的に見直す方針を固めた。菅義偉官房長官が4日、「前政権は政府の関与なしで東電に(事故対応を)やらせる道を選んでしまった。見直す時に来ている」と表明した。除染費用の一部を国が初めて負担し、廃炉や汚染水対策などにも国が積極的に関与する方向となる。来年の通常国会で関連の法改正も検討する。

菅氏は東京都内の講演で、事故対応について「本来であれば政府が関与できる部分もあった」と指摘。具体的には、除去した汚染土などを保管する中間貯蔵施設建設や追加除染に国費を投じることなどを検討する。菅氏は同時に、東電支援のために民主党政権時代に作られた原子力損害賠償支援機構法や、原発事故の賠償を事業者に原則負わせる原子力損害賠償法(1961年制定)の改正を検討する考えも示した。

(2013/11/05 07:11)
・・・・・・・・・・

  (ーー;)<除染費用の一部、国がいくら負担するのか知りませんが無駄な事に対して費用(国民の血税)を出す事になるようです。 前政権(民主党政権)がどうのこうのと言ってる場合ではないようですよ!菅さん

 しかも東電に3兆5千億円の国民の血税が流れてますよね!(昨年) ここから除染費用が出ているのでは!?



除染は不可能!出来もしない除染にお金を使うくらいなら福島の住民(特に子供)を県外に避難させる為にお金を使うべき!(除染団体代表者の主張)


除染 と帰還の関係・陰謀②「除染」という言葉、魔法かけて 「 福島県民を 福島 から出さない」1
除染 と帰還の関係・陰謀②「除染」という言葉、魔法かけて 「 福島県民を 福島 から出さない」
http://www.youtube.com/watch?v=1R8XGNpsdoo
・・・・・・・・・・
<一部文字おこし> 
(解説者):次にお伺いしたのはですね実際に除染活動をされている方です。

 あの、これ南相馬市っていうのはですね、あの〜ちょうどこの強制的にも避難ですっていうところの北にある自治体なんですけどもここで除染活動をされている、その方がどういうふうな事を仰るか!VTR!

(解説者):
 吉田さんは今まで福島で除染活動をされてきたということなんですが、これ具体的にはどういう除染活動だったんですか?

(吉田氏):
 私たちが除染をしようと思ったのはですね、本当に除染ができるかどうかという確認がメインだったんですけども、やる以上はある程度成功させようということで大きな保育園4つと民間住宅を10軒くらい除染いたしました。

除染 と帰還の関係・陰謀②「除染」という言葉、魔法かけて 「 福島県民を 福島 から出さない」2

(ナレーター):
 東京電力福島第二原発に勤務していた経験を活かし、民間の除染団体を立ち上げ南相馬市などで独自に行ってきた吉田さん。効果的な除染が行えた場所もありましたが線量を下げることが難しい場所もあったと語ります。

除染 と帰還の関係・陰謀②「除染」という言葉、魔法かけて 「 福島県民を 福島 から出さない」3

(吉田氏):
 ご存知のように屋根ですよね!屋根の種類もいろいろありますのでその種類によっては・・トタンの新しいものが一番付着していないんですけど、「さび」の部分、又はコンクリートの瓦、ああいったものは殆ど落ちません!!

(解説者):
 水でこう・・かけてブラシでこすっているような映像を時々見かけますけどダメなんですか?

(吉田氏):
 あれはもう・・気持ち的に屋根がきれいに見えるのでなくなっているように見えますが殆ど吸着しているので離れません。

(ナレーター):
 除染をすれば全てが解決するわけではなく除染が行われていない地域から飛散してくる可能性もあります。

(吉田氏):
 実際に風がですね強い時は私の家でも洗濯物を干すとですね、かなり高濃度の汚染をします。

(解説者):それは除染した場所でも?

(吉田氏):はい、私のところも家の周りは除染しました。

(解説者):
 その要するに外に干すと被ばくするということは、要するに風に乗ってどこからか来ると?(飛んでくるということですね。

(ナレーター):
 更に除染活動をしていくなかで吉田さんはある疑念を抱くようになりました。

除染 と帰還の関係・陰謀②「除染」という言葉、魔法かけて 「 福島県民を 福島 から出さない」5

(吉田氏):
 地域住民を福島県外に逃がさないための口実で除染というものをスタートさせたと私は思っています。(どういう意味ですか?)

除染 と帰還の関係・陰謀②「除染」という言葉、魔法かけて 「 福島県民を 福島 から出さない」6

 要は経済が成り立たなくなるんですね!みんな出て行っちゃうと福島県の(住民が)そのために、出ていかないために「除染で何とかなるよ」ということを見せて、じゃあ近くにいようということで浪江の方が南相馬市にいたり、福島市にいたり郡山市にいたりという現象が起きているんですよね。

除染 と帰還の関係・陰謀②「除染」という言葉、魔法かけて 「 福島県民を 福島 から出さない」7

 でなければですね、普通だったらもうここは帰れないよと最初からやってしまったら、もうとっくに散り散りになって(福島に)いないですよ!要は魔法をかけた というか「除染」という言葉を使ってあたかも出来るようなフリをして魔法をかけて福島県民を福島から出さないというものだったのではないかなと今は思っています。

(解説者):
 実際に除染をやってみて?はい、不可能です。

(ナレーター):
 吉田さんは政府に対して住民の避難にもっとお金を使うべきだと主張します。

除染 と帰還の関係・陰謀②「除染」という言葉、魔法かけて 「 福島県民を 福島 から出さない」8

(吉田氏):
 
除染なんかくだらないお金をね、できもしないものをあたかも出来るようにしてお金を使わずに、そういうもの(県外への避難)にどんどん使ってほしいなと私は思います。

 一番罪のないのは子供ですよね。私は子供だ
けに影響があるとは思ってはいないので、大人への影響もあると当然思っているんですけど、ただ大人はこの状況を作った責任があるじゃないですか!だからまぁ、やむを得ない。せめて罪のない子供たちくらいは県外に安全なところに出したいという気持ちがあります。
・・・・・・・・・・



やっても無駄な除染が利権になっている! 国民の血税が利権の闇へ

ヤツラは除染は不可能だと知ってて、やっている(参照元:泣いて生まれてきたけれど:2012年07月12日)←こちらの記事を転載させて頂きました。
・・・・・・・・・・
<転載開始>
「除染をしてもなぜ除去できないかといえば、先の実験映像で見たとおりセシウムは水に激しく溶けて爆発的に反応するからである。またセシウム0.1g(塩1粒分)を1ℓの水に溶かして30坪(60畳)にばら撒いた状態が、5.2μ㏜/hr(チェルノブイリ強制移住区域)という超高汚染濃度に匹敵するので、誰が考えてもこんなものを除去できるわけがないのである。」
http://onodekita.sblo.jp/article/56738288.html (院長の独り言)


@onodekita
除染はできない。不可能。セシウムはなんにでも容易に結合し、金属どころかコンクリートにまで結合し、さらに水溶性でもある。チェルノブイリでみんな知っているのに、認めようとしない。

@kikko_no_blog
チェルノブイリでは地面のアスファルトを剥がして新しいコンクリートで覆っても人が住めるレベルにならなかったのだから、それでも人が住めるようにすると言い張るのなら、もはや「地面を分厚い鉛で覆う」しかないと思う。

@olivenews
平地でも、政府は表土を5~10cm取り去れば除染効果があるとしているが、それでは到底追いつかず、例え20cm削ったとしても、チェルノブイリの高汚染地域では25年経っても住めないことが分かっている。 菅谷昭氏

@AndreasDiego
ロシア政府専門家「チェルノブイリ原発事故から3年にわたって、30km圏内を除染し、低減できた被曝線量は、10%に過ぎないことがわかり、断念した」


@kikko_no_blog 
チェルノブイリの高濃度汚染エリアはどんなに除染しても再び 人が住めるようにならなかったため25年経った今も30キロ圏内は立ち入り禁止。しかし日本では30キロ圏内どころか20キロ圏内も自衛隊に除染させて住民を戻そうとしてる。責任を先延ばしするために莫大な費用をドブに捨てる愚行。


@olivenews
半減期が長く、何でもくっ付く放射性セシウム。ひとたび汚染 された物質から放射性セシウムを除去することは不可能に近い。ロシアは何年にもわたり放射性セシウムの除去を試みるも、結局は諦めた。これは資金不足だけが原因ではないとスタンフォード大学の物理学教授ステインハウスラー氏は述べている。


<関連記事>
セシウム137と「ダーティボム」(WIRED:2011.4.13)
・・・・・
<一部転載>
原子力発電所などで副産物として生じるセシウム137は、テロリストによって「ダーティボム」に使われることが懸念されている物質でもある。屋根材やコンクリートや土壌に容易に結合し、ひとたび汚染されると除去することが困難だ。

2002年3月、『ワシントン・ポスト』紙に、アルカイダがセシウム137を「おそらく入手した」という「政府の統一見解」が掲載された。

セシウム137は、原子力発電所などでウランの核分裂に際して副産物として生じる物質だ。ほかに、ガンの治療や、原子時計を正確に保つ目的で使用されている。

セシウム137は半減期30年の放射性同位体であり、安定同位体に「戻る」過程で、ガンマ線という非常に波長の短い電磁波を放射する。ガンマ線には、ウランから放出されるアルファ線ほどの有害性はないが、飛散距離が長く、封じ込めることがきわめて難しい。ガンマ線を遮蔽(しゃへい)できるのは、コンクリートと鋼鉄、鉛のみだ。

しかも、セシウムは非常に「反応しやすい」金属なので、環境中ではつねに他の元素と結合した状態で発見される。そのため、国際原子力機関(IAEA)が進めているチェルノブイリ原発事故の環境影響調査を率いるフリッツ・ステインハウスラー氏によると、セシウムは屋根材やコンクリートや土壌に容易に結合するという。

ひとたび汚染された物質から、放射性セシウムを除去することは不可能に近い。

「ロシアの人々は何年にもわたってセシウムの除去を試みたが、結局諦めてしまった。それは資金不足だけが原因ではなかった」とステインハウスラー氏は述べる。同氏は現在、スタンフォード大学の国際安全協力センターで物理学教授、客員研究者として働いている。

「人々は自分たちの村や町を捨てなければならなかった。広大な土地はただの空き地になってしまった。セシウムは社会を崩壊させる恐ろしい物質だ」とステインハウスラー氏は言う。
<転載終了>
・・・・・

@yoshi_sekino
本当に除染出来ると思っている、そう思っている人の数を知りたい。高圧洗浄機でやっても本当に下がる値は微々たるもの、おまけに洗った後の水はその外へ流れるだけ。またそこから新たな汚染が始まる。 私の住む那須へ来てみれば判る、この広大な山河の何処をどうすれば除染出来るというのだ!


@itoshunya 
NHKのEテレ 森の除染なんか出来るわけない。森を森で無くすることがどんな結果を生むか。森を破壊すれば新たな災害が待っている。さらに放射性物質を置く場所さえない。除染という名の利権ビジネスに行政を中心に突入する。これは狂気の沙汰だ。


@akemizk06512
渡利の近くにすむ人が、徹底的に「家」を除染しその費用が400万。たしかにその時は線量が下がったけれど、1ヶ月後、またじわりと上がってきて、残ったのは「借金」だけっていってた。結局1度除染したからいいって話じゃないってことだよね。継続的にやらなければダメってことなんじゃないの?


@riesea
父は言う。「除染なんて無駄だ。まず漏れている放射性物質を止めなきゃ。鹿児島で灰が降っている日に洗車するバカはいねぇよ。」

@komatsunotsuma
広瀬氏;9月でも通常の100万倍。カバーをした1号機から12月になっても毎時1000万ベクレル出てた。3基あわせて大気中だけで432億ベクレルの放出が続いてる。累積沈着量増えてる。除染しても意味ない


@tokaiama
福島の高レベル汚染地域で農家が除染を希望していることについて、その愚かさが理解できない人がいるようだ。そこにいれば奇形児が生まれ人々は病気になって死んでゆく。そこで作った作物を食べた人も同じように病気になる。除染など二割の効果もない。こんな場所の除染を否定するのが暴論だって?


@hibaku_now
フクシマでは市民に畑の除染をさせている。果物の木を高圧洗浄させている。流れ落ちた水は、根からは吸い上げないそうだ。福島市役所には理科の出来ない職員しかいないらしい。

@KW36_wav
福島農民連根本「除染は5度しているが下がらなかった。何度しても一定の数値から下がらない。高い所では効果はあるが現状1マイクロを切ってから下がらない。農民連でも事業化の流れもあるが下がらない。」


@shunsoku2002
私も福島県の人間として言っておく。除染で住めるようになる汚染度には限界がある。除染さえすれば、福島県のどこでも住めるようになる、という幻想から、そろそろ解き放たれよう。除染の目安は、今の放射線量ではなく、降下した放射性物質の種類と量だ。

@tokaiama
野田・我孫子・柏・松戸・三郷・葛飾・江戸川などは平米数十万ベクレル汚染地帯、チェルノブイリの深刻な汚染地に匹敵 必ず大変な事態になる 除染など不可能! 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120706/CK2012070602000126.html


@paikazzichiko
さいたま市で1万Bq/Kg出た。友人のアパートの駐車場。市役所も管理会社も大家さんに丸投げで、大家さんが土を取り除いてくれた。さて、その土は?市役所「川に捨ててください」だってーーーーーーーー(ToT)!!


・・・・・・・・・・・・・・利権・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@caesiumsanbot
除染をして住めるようになるのは汚染の少ない地域だけだよ!線量の高い地域を除染したがる人は儲かるから言ってるだけだよ!騙されないでね!


@2012wat
除染より逃がせ。効果の少ない除染をやるのは、またもや金さ、利権。除染で動く金で、子ども全員移住させられる、衣食住も問題なく。最悪、海外製のガイガーのブザーなっちゃうとこは子ども逃がせよ。何度も除染してるうちに、小学生が成人しちゃうよ、いっぱい被曝しながら。逃がしてあげようよ。もう

@takeiteasyya
政府、東電に除染費用1兆円要求。ワシらの電気料金に上乗せ。ん?東電にはすでに3兆5千億円の公的資金投入。ワシらの支払った税金。一見、前者は東電→政府、後者は政府→東電だけど、お金はすべて国民から搾り取ったもの。政府も東電も痛むところなし。いくらでも金の湧く財布があるのだから。

<関連記事>
東電への資金支援は3兆5000億円規模となるがボーナスも退職金も普通に支払われている(★阿修羅♪:2012年3月29日)
 東電、1兆円資本注入を申請 8459億円の追加支援も
・・・・・・・・・・

@AndreasDiego
放射能除染のばら撒きで土建屋を福島で食わせ、返す刀で全国に放射能をばら撒いて除染の種まきをするテロリストの実行犯、野田佳彦と細野豪志。皆さんはなぜもっと糾弾しないのか? 彼らは本気で君たちを殺しにかかっているのに。


@siimaru
飯舘村の除染費用は3224億円。人口6000人だから、1人あたり5千万円。4人家族で2億。避難先で豪邸が買えちゃうね。


@phoenix777jp1
福島の除染費用は400兆円。1家族に4000万払って移住させた場合、23兆円。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/a9a6b4d441d2cec16bf74eb07d521fe4


@basilsauce
終わらない除染に金を捨て、作業者居住者の被曝被害を作り出すよりずっといい方法だと思う。


@f_momoco
東京新聞26面。
除染ビジネスは原発を建てた大手3社が仕切る。鹿島、大成、大林組。建てて儲けて、壊れてからも稼ぐ利権構造。地元雇用に直結せず←だから、避難じゃなくて除染なの?

@hobikichi
大沼淳一「日本には約2万5千校の小学校がある。汚染している10都県約1万校に、一台ずつ、500万円の測定器を設置したとしても500億だ。福島の除染にめちゃくちゃ金をかけてる。」


@hobikichi
大沼淳一「除染の効果はかなりあやしい。まずは避難だ。除染ビジネスには何兆円ものカネが絡んでおり、大手ゼネコンが舌舐めずりして多数福島入りしている」

@satoruci
日本政府が除染にこだわるのは、住民のためでも何でもなく、その土地の担保価値が否定されると、銀行が倒産するからであって、住民の意思でも何でも無いんだよ、だからワザと金欠にして逃げられないようにさえしてる。


@Jfkapny 
この社長さん、リスペクト!


@s_hiroki24
若い作業員を多く抱えていることを理由に、除染作業の請負を断った土木業者。彼らに福島県職員が脅し文句を言い放ったという。「除染やらないなら、今後は仕事やらないからな

@cxjr
児玉龍彦。
「除染で生きているうちに戻れると思わないことです。」 あんたが除染の仕掛け人のくせに。二枚舌は時間差で使えば許されるのか。


@AndreasDiego
児玉龍彦東京大学教授「福島を救うことは出来ないとは思いません。しかし、避難住民が、自分が生きている間に戻れるようになるなどと、思わないことが前提です」http://t.co/oSwBmUsN (英語)


@egg_rice
【金に目がないオトモダチ参上】 
福島除染に米企業団受け入れ… http://t.co/pazG4WYk (リンク切れ)


@yurikalin
有事の際には、官邸空け渡して指揮権委ねる日本のトップ共ですから、有り金ゴッソリ差し出す気かもね?(怒


@Santiago_Hotel
元々属国だしね。


原発「打ち出の小槌」 除染も「原子力ムラ」の利益
http://blogs.yahoo.co.jp/erath_water/63390698.html(一輪の花)

img_341705_63390698_0.jpg 


@gofantoefon

線量測定器の置かれている場所の周りは徹底的に除染され、表土も入れ替えられていた。地上1メートルの線量率を測ってみると毎時1.2だったが、5メートル離れた場所では2.4。測定器の下には分厚い鉄板。これでは直下からのガンマ線はかなり遮られる。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=262977



・・・・・・・・危険性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@takeiteasyya
除染作業が危険なことはチェルノブイリで実証済み。ハウスクリーニング感覚で除染する業者も心配だが、若い人のボランティアを募ったり、町内一斉清掃の感覚で市民が家族で参加することは、絶対にやめてほしい。サリンや時限爆弾のあるところを家族で清掃しますか?即効性か遅効性かだけの違いです。

@makomelo
今日、除染作業中に亡くなった方は60歳男性、伊達市の下小国地区とのこと。除染計画の実証実験に参加。作業から戻ってこられない、と不審に思って探したら、車の中で発見された、とのこと。現段階ではここまで。ご冥福をお祈りします。12月12日

@hideinu
郡山の方からの話。20~30代の若い夫婦が住む新興住宅地 での除染で、市の職員が一軒一軒お宅をまわって、「いつ除線に参加できますか?」と半ば強制的に参加を要請。20代の夫が仕方なく参加したところ、除染 後の土をいれた7μ/hにもおよぶ土嚢を、抱きかかえて台車まで運ばされたとのこと


@hanayuu
〔写真〕福島県の「除染ボランティア」の装備(被曝対策)が貧弱
http://www.facebook.com/hanayuu999/posts/429181910429943
雨がっぱの上下に帽子、マスク、軍手に長靴姿。


@Fibrodysplasia
これは集団自殺の儀式なのか。幼稚園児を除染作業員にして放射性物質を吸わせる狂気の蛮行。映画ソドムの市では、ファシストがうんちを食べさせるが、日本政府は放射性物質を幼稚園児に吸わせる。>狂ってる? 小学校鼓笛パレードと幼稚園児除染チーム
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2012/04/blog-post_1008.html?m=1

@kdm311
環境省の広域ガレキ処理。地方の焼却場(もちろん東京も)の作業員のみなさん。あとで何もなければいいけど…。 チェルノブイリ原発事故の際、1400キロも離れた場所で除染作業をしていた作業員が相次いで7人も死亡。
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/393.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「除染は無駄」
ウクライナの非常事態省副大臣だった専門家
http://t.co/pTDJDL9M より

「単純に汚染度合いで決めるのも間違い プリステル氏はさらに農地としての使用についても、土壌汚染の数値だけで決めるのは間違い、と指摘した。

土質や草に影響されるため、汚染度が同じでも、牛肉や牛乳の汚染レベルは40倍も異なったという。

居住の判断についても、プリステル氏は「ウクライナでは当初30km圏内に大量の兵隊と巨額の費用を投じて除染を行ったが、それは無駄だった。私たちの間違いを繰り返すべきではない」と語っている。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@AndreasDiego

111024神戸新聞/神戸大山内知也教授

「渡利地区のモデル除染事業で、除染後も通学路そばの溝で、30万Bq/kg と除染前の6月の測定値の5倍以上あった。また、屋根や壁を高圧水で洗浄した建物で、瓦に固着したセシウムが除染できていない」

「除染効果は限定的。安易に期待するとさらに被曝をする。除染後の渡利地区で9月に測定した。雨や地形で、線量が3カ月前の5倍に上昇している地点がある。また、高圧水除染で、アスファルトなどの固着した放射性セシウムが除去できていない」

「渡利地区のモデル除染事業で、除染後も泥出しをした側溝で毎時5.5μSvを計測した。除染によって線量が一時的に下がったものの、雨のたびに周辺の山林から土が流れ込んで元に戻る。また、コンクリートには固着した大量のセシウムが残っている可能性がある」

「渡利地区のモデル除染事業で、32%の除染をしたが、子どもが日常的に歩く場所さえ1~2μSv/hの高止まり。福島県南相馬市が子どもと妊婦の避難の基準とする「地上50cmで2μSv/h」超えが5カ所あった」> モデル除染事業は失敗だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@koutarousun

■大麻(ヘンプ)は、放射能汚染された土壌を浄化するのに、とても役立つことが知られています。
■大麻取締法を廃止する法案を、国会ですぐに通して、東日本一帯のできるだけ広い範囲に、大麻(ヘンプ)を植えることが大事でしょう。

@zamamiyagarei
イシクラゲが放射性セシウムを吸収!最大102万2000ベクレル-除染に応用可能!?その後のイシクラゲはどうしますか? (ベスト&ワースト)
http://www.best-worst.net/news_7ViWdXNLS.html
<転載終了>
・・・・・・・・・・

 除染はやっても無駄だっていうのはわかりましたが、だからと言って何もしないでは・・・・。 
 大麻・・・ イシクラゲ・・・ う〜ん・・・ 本当に浄化したり吸収するんだろうか??

 取り敢えず除染に国費を投入する事に関して疑問の方は政府関係機関(東電でもいいと思います。)に問い合わせをお願いします。(反対の方は抗議を!)




スポンサーサイト
Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

【警告】米海軍・原子力空母ジョージ・ワシントンの危険性(横須賀配備)

by ブログパーツ製作所
[PR]

宜しければClik!お願いします♪

米海軍・原子力空母ジョージ・ワシントン

米海軍の原子力空母「ジョージ・ワシントン」
(画像元):米海軍・原子力空母「ジョージ・ワシントン」を横須賀に配備(森 かつみの活動報告:2005-11-21)


 警告!!! 米海軍・原子力空母ジョージ・ワシントンの危険性

 政府の原発輸出政策の問題と安全審査を受けないまま横須賀港に居座る米原子力潜水艦及び、原子力空母ジョージ・ワシントンの危険性/原発の輸出について なぜ原発を輸出しなければならないのか 小出裕章さん(動画文字おこし)←こちらの記事を作成する過程でわかったのが横須賀港に配備された米海軍の原子力空母ジョージ・ワシントンの危険性です。

 京都大学原子炉実験所助教・小出裕章先生の「横須賀に配備されている原子力空母ジョージ・ワシントン、他原子力潜水艦の原子炉は日本の安全審査を受けていない」というお話から突き詰めて調べていったところ、元日本原子力安全基盤機構・原発検査員でいらした藤原節男氏の「原子力空母ジョージワシントン号の危険性」という記事を発見し、こちらの記事では記事へのリンクを貼った程度でしたので、今回、具体的な内容を転載させて頂き再度、周知していこうと思います。



原子力空母ジョージワシントン号の危険性(参照元:原子力公益通報 in JNES)←こちらの記事を転載。
https://groups.google.com/forum/#!msg/nuclear-whistlebiow-in-jnes/tamSbTxE3yE/9DhRwCdDDYAJ

 ※途中、理解を促すために勝手ではありますが、こちらで関連する画像や動画を付け加えてあります。
..............
BCC各位【拡散歓迎/重複送信深謝】 
from 藤原節男(原子力ドンキホーテ) 
件名 原子力空母ジョージワシントン号の危険性 

頭書の件、横須賀(2012年5月13日 ヴェルクよこすか6階ホール)にて、原子力空母 ジョージワシントン号の危険性について講演しました。母港横須賀に津波が来ると空 母が座礁して海水冷却不能、福島原発並みの放射能事故となります。 講演内容(原子力空母に関する質問への回答)は以下のとおり。次のURLは、講演会の動画。 


http://youtu.be/kM1YGk6T36s 

原子力空母に関する質問への回答】 
[質問1]原子力空母の原子炉はPWR(加圧水型原子炉)です。PWR原子力発電所のもつ安全面上の問題点を指摘下さい。 

加圧水型原子炉 
(画像元):加圧水型原子炉 加圧水型原子炉とは - 航空軍事用語 Weblio辞書

[回答1] 
まず、PWR(加圧水型原子炉)BWR(沸騰水型原子炉)共通問題として、耐震基準、耐津波基準、全交流電源喪失事故対応基準の不備があります。次に、PWR特有問題として、原子炉容器脆性破壊温度上昇、主冷却材ポンプシールLOCA(冷却材喪失事故)、PTS(加圧熱応力)、低温停止時の再臨界、PWSCC(加圧水応力腐食割れ)等があります。 

[質問2]それと比較して原子力空母PWRの安全面上の問題点はどうでしょうか。 
[回答2] 
なにより問題なのは、軍事機密で、空母PWR安全設備の詳細が、不明であること。 設備情報隠ぺいは、事故隠ぺいに繋がる。過去の原子力潜水艦等事故は、軍事機密の名のもとで、事故隠ぺいが繰り返されている。それ以外に、以下の�〜�がある。 

古い安全設備 
詳細不明ながら、空母PWRの安全設備は、原子力発電所の地上PWRの安全設備ほど完備していないだろう。原子炉格納容器も当然小さい。地上PWRは、潜水艦PWRや空母PWRの設計を基に設計している。しかし、地上PWRでは、TMI事故対策等、安全性を高めるため、1970年〜1990年に、静的機器多重性要求、水素爆発対策等の新安全設計基準ができた。安全設計基準がきびしくなり、それに対応した安全設備となっている。海上PWRでは設計が1970年代〜1980年代のものであり、旧安全設計基準による安全設備と考えられる。また、地上PWR特有問題のうち、原子炉容器脆性破壊温度上昇、PTS(加圧熱応力)等は、空母PWRでも、同じく問題。 

入港中に、海水冷却が不能になる事故 
入港中の、転覆 
入港中の、戦争(敵のミサイル、魚雷、砲撃、戦闘機等の攻撃) 
入港中の、乗組員テロ行為 
入港中の、スパイの破壊工作 
入港中の、地震、津波による孤立化、地上からの支援なし。 



※炉心融解に伴う爆発までの過程が見れます。
※放射性物質についても併せて紹介されています。


(注) 
地上PWRでは低濃縮度(2%〜6%U235)燃料を使用。潜水艦PWRや空母PWRは、高濃縮度(97%U235)燃料を使用している。これは大問題。地上PWRより、高濃縮度(97%U235)燃料炉心溶融による核爆発の可能性大。また、高濃縮度燃料は、当然、高燃焼度燃料となり、燃料中の核分裂生成物(FP)も大量になる。しかし、燃料としての安全性は、軍事機密のため、不明。 

[質問3]原子力空母の原子炉が、東京から50キロの人口密集地を母港としている問題点、軍事用の艦船の動力に、原子炉を使うことの問題点について、どう考えますか。 
[回答3] 
�米国では、大都会の近くに原子力空母基地があるのか。米国に無ければ、日本国国民軽視である。大問題。 
�上記[回答2]での空母PWR安全上の問題点から、人口密集地にて放射能事故が発生する可能性がある。 

[質問4]福島原発事故の実態から、どのような原子力空母の危険性が指摘できますか。 
[回答4] 
�原子炉メルトスルー、即ち、熔融燃料が原子炉容器を破壊し、空母の船底を熔融燃料(熔融燃料をコリウムという)が突き抜ける事故、この場合、海水との反応で大爆発 (水蒸気爆発)する可能性がある。当然、放射能拡散事故もある。 
�原子炉メルトスルーしない事故、即ち、空母の船底を熔融燃料が突き抜けない事故では、核爆発、水素爆発等により、原子炉格納容器が爆発する危険性がある。もちろん原子炉容器破壊も伴う。 

[質問5]2次冷却水の海水が取り入れられなくて、原子炉冷却ができなくなることも、原子炉事故原因の1つとなりうるのではないでしょうか。1999年のサンディエゴでの原子力空母ステニスの原子炉緊急停止事故は、浅い場所を空母が航行して、海底の泥を海水取り入れ口から吸い込んだだけで、復水器の海水ポンプにドロが詰まって、原子炉が2基とも緊急停止しています。この度、神奈川県が、津波の想定を大幅に改訂しましたが、そのような津波が原子力空母や原潜を襲った場合の、津波前の引き波や、浅いところに流されることによる海水の取入不能による原子炉事故への危険性について、どうですか。 
[回答5] 
�東日本大震災では、大型漁船が岸壁から地上高くまで押し流されました。 津波が原子力空母や原潜を襲った場合、同じように、浅いところに流され海水の取入不能による原子炉事故に至る危険性は、現実に考慮する必要があります。原子炉メルトスルー、即ち、熔融燃料が原子炉容器を破壊し、空母の船底を熔融燃料が突き抜ける事故が現実になる可能性があります。 
�原子炉事故の危険規模、放射能拡散規模は、残存余熱、崩壊熱除去能力により決まりす。航海後、すぐに津波があった場合は、原子炉が停止していても、原子炉の残存余熱が大きくて、とても危険です。危険規模の定量化はむずかしいですが、最大残存余熱を想定して、事故被害想定は、地上原子炉と同等とするべきです。 

[質問6]原子力空母原子炉の安全性確保のために米国が整備したガス発電所、変電施設、純水製造施設、ケーブルやパイプなどのユーティリティーと12号バース上のステーション等が、震度7の地震に対して、高さ4mの津波に対して、本当に耐えられるのでしょうか。例えば、ガス発電所にガスを供給する横須賀市内を通っているガス管については、工事段階で、工事業者が、地震時には自動的にガスの供給は遮断すると述べていますし、12号バース改良時の協議資料によれば、国が作ったケーブルやパイプなどのユーティリティーとその容器については、何ら耐震対策はとられていませんし、それらと原子力空母を繋ぐ12号バース上のステーションについては、12号バースに剥き出しで、ベタにコンクリートの基礎に固定されただけの状態で、何ら耐震対策がとられていません。 
[回答6] 
原子力発電所の場合、耐震性は通常ビル耐震性の2〜3倍の地震がきても大丈夫になっています。強固な岩盤上に設置されます。空母のユーティリティーと12号バース上のステーション等は、一般的な造成地に作られている。それが、震度7の地震に対して、高さ4mの津波に対して、本当に耐えられるとは、とうてい、思えません。免震設計等、個別検討が必要です。 

[質問7]ファクトシートや口上書には、空母原子炉は、電力に依存することなく、原子炉の物理的構造と、水自身の特性(比重差によって生じる自然対流)のみによって、炉心を冷却できる崩壊熱除去能力が強調されていますが、同様の電力に依存することなく、原子炉の物理的構造と、自然対流のみによって、炉心を冷却できる装置として、米国製の非常用復水器(IC)が福島第一原発1号機にありました。しかし、福島第一原発1号機の非常用復水器は、水素爆発、メルトダウンをくい止めることはできませんでした。その詳細については、岩波新書『原発を終わらせる』等にも、また国の中間報告書にも指摘されています。空母原子炉のこの冷却システムも、福島第一原発1号機の非常用復水器と同様に、機能的限界のあるものではないのでしょうか。 
[回答7] 
そもそも、津波が原子力空母や原潜を襲った場合、浅いところに流され、海水の取入不能による原子炉事故に至る危険性を考慮する必要があります。その場合には、海水自然循環冷却は、期待できません。 
また、福島原発事故の場合には、設備不備以外に、東電のずさんさ、隠ぺい体質が浮き彫りになっています。「米軍はずさんではない」とだれも言い切れません。軍事機密の中、胸をはって、設備や訓練の説明をされても、概要説明だけでは、問題があります。 

[質問8]年に1回、横須賀基地内で行われている原子力空母の原子炉のメンテナンスでは、どのような作業が行われ、どのような放射性廃棄物が発生するのでしょうか。 米国内ではこの作業中に、多数の放射能漏れ、被曝事故が発生していますが、なぜなのでしょうか。 
[回答8] 
軍事機密で不明ながら、燃料交換設備が横須賀基地内には無いため、燃料交換作業ではない。とすれば、バルブ部品交換、ポンプ部品交換、機器分解点検、海水熱交換器に付着した貝類、海草類の除去等の作業でしょう。これらの作業中には、放射能を含んだ冷却水をドレンする必要があります。作業中に、多数の放射能漏れ、被曝事故が発生します。 
<転載終了>
...............


藤原節男氏の原発、及び原発事故関連記事、動画

元 原子力安全基盤機構検査員・藤原節男氏、福井で福島原発事故を語る(2013.5.11)





Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

政府の原発輸出政策の問題と安全審査を受けないまま横須賀港に居座る米原子力潜水艦及び、原子力空母ジョージ・ワシントンの危険性/原発の輸出について なぜ原発を輸出しなければならないのか 小出裕章さん(動画文字おこし)

by ブログパーツ製作所
[PR]

宜しければClik!お願いします♪

ベトナム・トルコ・ヨルダン・リトアニアなどへの原発輸出 
(画像元):https://twitter.com/theologiacrucis/status/142418957859696640
 
 上のtwitter画像を見て頂くとわかりますが、「ベトナム、トルコ、ヨルダン、リトアニアなどへの原発輸出は・・」とあり、この記事の投函日は「2011年12月2日」となっています。 東北の大震災により福島第一原子力発電所の大事故が起こってから約8ヵ月目・・・ いや、これの少し前から原発輸出政策が行われていた事がわかる。(この時の政権は確か民主党の野田政権)

 
止まらない日本の原発輸出-ベトナム、ヨルダンへ(カレイドスコープ:2012.01.28)←こちらの記事を拝見したところ、野田政権以前の菅直人菅直人はイスラエルの隣の砂漠の国に原発を建設する約束をした)、鳩山由起夫温室効果ガス削減策の一環として、アフリカのケニアに原発を輸出しようとした鳩山由紀夫/オディンガ首相は、「日本の相棒、鳩山由紀夫が、ケニアの原子力発電所の開発に対して、日本政府が支援を申し出ると言っている」と述べた。の時、既に原発の輸出政策が行われていた事が判明。 巷では「民主党は極左政権」と称されていたため、原発を積極的に輸出するような政権だとは思ってもいなかったから驚いた。 利権が絡めば政治的イデオロギーなど関係無いといった無節操さを感じます。

 そして、カレイドスコープの記事では、ヨルダンで住民による反対運動が起こっていた事が書かれてありますが、
安倍政権/加速する原発輸出/福島事故の収束ないまま(しんぶん赤旗)(★阿修羅♪:2013 年 5 月 30 日)←こちらの記事には仏原子力大手アレバと組む三菱重工がヨルダン受注を目指すと書かれてあります。 そして「原発輸出をすすめる安倍音三首相のもと、日本の原子炉メーカーの原発輸出が加速しています。東京電力福島原子力発電所事故の原因究明も、収束もできず、「安全基準」づくりも完全に破たんしたまま、原発を他国に輸出するのは、人類の未来を危うくするものです。 今月初旬の中東訪問で安倍首相は、2日にアラブ首長国連邦、3日にトルコと原子力協定を相次いで締結。仏原子力大手アレバと組む三菱重工の、2023年までにトルコの黒海沿岸に4基の原発を建設するプロジェクト受注が事実上確定しました。安倍政権/加速する原発輸出/福島事故の収束ないまま(しんぶん赤旗)←現在、安倍政権も民主党政権時に行われていた原発輸出政策を引き継ぐかのように精力的に売り込みを行っている模様。

 民主党も自民党もですが、日本で大きな事故が起こっていながら福島の復興もほぼそっちのけで危険な原子力を売り込みに掛かるのだからその無神経さと利権のためならおかまいなしといったところから利権分配集団と揶揄されバカにされるのだ。

 そしてとんでもないのが、
【狂乱売国】原発輸出は廃棄物/事故賠償を日本引受5(2ちゃんねる記事より)←諸外国(日本が原発を売り込んだ国)で生じた原子力の廃棄物は六ヶ所再処理工場で引き受ける事になっているというような事が書かれてある。 日本は放射性物質という核のゴミ処理場ではないと言いたい。 しかも、六ヶ所再処理工場はトラブル続きで本格稼働していないし、地下に断層抱えていて、 日本国内の廃棄物だけで事故起きたら北半球アウトなんだ。 そんな大事なことを自民と民主と公明で仲良く決めてしまったって。」←こうも書かれてあります。 かなり無謀な政策であることは間違いない。 民主党、自民党、そして公明党の3党で決めたようですが、お金さえ儲かればの前に日本が壊滅状態となり、生命をも危ぶむ問題が起こるかもしれないと考えられないのだろうか! これは徹底して反対していくべきだと思います。



 
輸出される危険~アジアの原発開発への日本の関与(【セミナー報告】-2011 年 6 月 19 日開催 )←こちらは原発輸出阻止に動いている団体(メコン・ウォッチ)が作成した資料のようですが、これは原発開発・輸出の背景、日本政府の関与、輸出相手国の現状といった課題を話合う機会として、2011 年6 月 19 日午後、東京・駿河台の総評会館で「輸出される危険~アジアの原発開発への日本の関与」と題するセミナーを開催した際の報告部分を編集・校正したもの」というように説明されています。 いろいろと具体手に書かれてありますので参考にどうぞ!


 あくまでも、表向きは経済発展の為の平和利用として売り込みを行っているのだと思うのだけど、「セールスする側(日本)」と「受注側(諸外国)」双方には利権(セールス側)と国家としての政治力、世界に対しての発言力をも高め、外交上の力関係を対等のものにしようと核兵器を保持する狙いがある(受注側)のではないか、とみるのが以下の動画です。

 動画では小出裕章氏のお話が聞けますが、最も驚いたのは横須賀港に配備されている米海軍の原子力潜水艦、そして原子力空母「ジョージ・ワシントン」などに内蔵されている原子炉は日本側の安全審査を受けないまま存在しているということ! これって最も大きな「在日特権」としかいいようがない。 在日鮮人(韓国人、朝鮮人)の特権だけではなく、在日米軍などの特権も追及していくべきでは。


原発の輸出について なぜ原発を輸出しなければならないのか 小出裕章さん
原発の輸出について なぜ原発を輸出しなければならないのか 小出裕章さん
http://www.youtube.com/watch?v=2F9UQzZnuEo
...............
<文字おこし>
西谷氏
 はい、それでは今日も小出さんと電話が繋がっております。 早速、呼んでみたいと思います。 もしもし、小出さん (もしもし、小出です。) 西谷です。今日も宜くお願いします。

 先生、今日はですね、テーマが「原発の輸出」についてお聞きしたいと思うんですけど、日本の原子力村は懲りてませんよね・・・ (全く懲りていない。) 生き残りを掛けてですねベトナム、トルコ、ヨルダン、リトアニア、こういったところに必死になって売り込みをかけているんですが、まずこの原発輸出について先生、御意見はどんなふうにお持ちですかね。

原子力村
所謂「日本の原子力村の住人」(画像をクリックで拡大できます)
(画像元):<原子力村の住人>▼美味しい年収 約7200万円 ▼ 怒!(模型飛機:2012/5/16)

<関連サイト>
 ●原子力村の住民一覧(原子力村の住民の実名を明らかにする)←注目!!


小出裕章氏
 え・・勿論、私はやるべきではないと、(やるべきでない!はい。) 思いますが、今、西谷さんが仰った通り日本の原子力産業は生き残りをそれに掛けざるを得ない状況に追い込まれていますので、これからも輸出ということを狙って様々な動きがあると思います。

西谷氏
 やはりもう日本ではね、ああいう大きな事故を起こして、もう日本ではおそらく建設は出来ないであろうからベトナムとかに売り込みをかけていると! 小出先生これね、もう・・・爆発して危険なものをですよ、よその国やから良いんだっていうこういうわけにはいきませんよね!

小出裕章氏
 勿論ですね、自分の国でも引き受けることが出来ない危険を抱えているということをわかっているわけですから、それを外国に押し付けるということはやってはいけないことだ、と私は思います。

西谷氏
 あの・・ベトナム予定地はですね、漁師さんがね、あの・・自然と共存しながらね細々と生きておられる。 そんな綺麗な海なんですけど、結局、ベトナムという国は枯葉剤で汚染されてですよ、また放射能でということになりますよね。

小出裕章氏
 なりますね。原子力というのはどこでも原子力発電所だけではなくて、ウラン鉱山もそうですし、これからまた核のゴミ捨て場を探すということになるわけですし、様々な形で原子力から恩恵を全く受けない人々に犠牲を強いいることになると思います。

西谷氏
 やはりあの・・1基作ればもの凄い儲かるんですかね?利権があるんでしょうね。

小出裕章氏
 勿論、利権だらけなわけでして地域住民にまぁ、どれだけのお金が行くかっていうのはそれぞれの地域で違うと思いますけども、元々狙われる地域というのは自然に寄り添うように生きていて、所謂、お金とは無縁のところを狙っていくわけですから、そういう人たちから見ると一度その金を掴んでしまうと逃げられなくなると!いうことになると思います。

西谷氏
 まさにねぇ、福井県や福島県で街が二分されてですよ、賛成派と反対派がねぇ、もう親戚同士で争ったりするわけですが、それが・・・ (地域の繋がりがズタズタにされてしまいます) そうですよね。それがベトナム人やトルコ人がこれをしなアカンてことになりますよね。 

 はい、もうこれは是非、計画の段階で止めたいわけですが、逆にですね、ベトナムやトルコ、ヨルダン、サウジ、リトアニア、インド、こういった国がですね、何故そしたら原発を欲しがるのか!ということですが、あの・・日本の場合は利権とかそういうものあると思います、売る方はね。 でも、輸入する方はやはり背後にはですね、核兵器を持ちたいという、そういう野望があるんでしょうかね?

小出裕章氏
 勿論、あります。あの、日本もそうだったのです。 で、何か日本の人は「日本の原子力は平和利用だ」と、言われてなにか思い込んでいるようですけども、日本が原子力を導入したというのも元々は核兵器が欲しかったからなのです。 (やっぱりそうなんですか!) そうです、原子力と核という言葉が日本では使い分けられていて、原子力は平和利用】 【核は軍事利用】というようにみなさん思い込んでいるわけですけども、技術に軍事も平和もなくて、いつでも使いたいように使えるということなのです。

 日本というこの国でも、【原子力の平和利用】を標榜しながら核兵器をつくる能力を手に入れたいということで原子力が始まりました。

西谷氏
 ということは表向きベトナムとかトルコとかサウジなどは電気が足らないとか言いながら、裏ではやはり、その・・例えばイスラエルに対抗するためには核兵器を持たなアカンとか、こういうことを思っているんでしょうね。

 
ベトナムの電力事情について←こちらの資料には、次のように書かれてあります。→「ベトナムの電力事情として、火力発電が約 60%を占めており、次いで水力発電が約 40%を占めています。(中略) 将来的には、ベトナムは徐々に水力発電への依存度を抑え、それ以外の発電割合を引き上げていく方針をうち立てています。電力事業計画によると、2020 年に水力発電を 28.5%、天然ガス・石炭・石油などを使用した火力発電を 56.9%、輸入電力量を 5.8%と見込んでいます。(中略) なお、ベトナムは現在、原子力発電所の建設も計画しており、原子力エネルギー研究所は2017 年~2020 年までに 1 号機の稼動を開始する予定です。全電力供給量に占める原子力発電の割合を 2025 年に 11%、2040~2050 年には 25%~30%に引き上げる計画です。 また、2011 年 6 月に開催された第 2 回ベトナム電力国際会議では、向こう 10 年で 100 か所の発電所の建設を行う方針を示しています。

 トルコ共和国の電気事情←こちらの資料にはその電力事情(内訳)として火力発電が全体の8割(81%)を占め、次いで水力発電(19%)、地熱、風力(0.3%)となっています。
 
 サウジアラビアの電力事情。←サウジアラビアの電力事情はこちら。

 
小出裕章氏
 え〜と、非常に残念なことではありますけども、現在の世界というのは〝力が支配している”のです。国連という組織があって、まぁ、「United Nationsユナイテッド・ネイションズ」ですけども、正しく訳すなら連合国なのですね。 先の戦争で勝った国々が今、世界を支配しているわけですが、そのなかでも常任理事国というのが5ヵ国あります。米、英、仏、露、中(支那)ですけども、何故その5ヵ国だけが連合国という沢山の国のなかで常任理事国になれたかと言えば、その5ヵ国が核兵器を持っているからなのです。

 ですから現在の世界で力を持つためにはどうしても核兵器がいると!まぁ考える人は当たり前なわけですし、世界の国々の指導者の多くがその考えにとらわれてしまっていて、核兵器を持ちたいと願っているのだと思います。

西谷氏
 恐ろしい世界ですがね、先生、もうちょっと具体的に聞きますと、そしたら原発を持つということと、核兵器を作るということは、ほぼニアリーイコールですか?

小出裕章氏
 イコールです!(イコールですか!ニアリーもないですか!) まぁ、あのニアリーもつけてもいいですけど、要するに核兵器を持ちたいという思惑で始まっちゃっているわけですから、イコールだと思ったほうがいいと思います。

西谷氏
 ということは【原子力の平和利用】というのは全くの「ごまかし」であると!(勿論そうです)

 そもそもですね、軽水炉というね、この原子炉が開発された経過というのはこれは核兵器をつくるためなんですか?

小出裕章氏
 え〜と、軽水炉そのものはですね、原子力潜水艦という、これは画期的な技術だったのですけど、軍事的に、それを作りたいということで始まっています。 更には核兵器を作るための施設が米国の中でとにかく余り過ぎてしまってですね、それを平和という形を標榜しながらけんぎょう?することで軍事産業の生き残りを図ったということです。 

西谷氏
 あ、そうか!軽水炉というのは原子力潜水艦のために開発されたものなんですか!

小出裕章氏
 そうです。元々、潜水艦というのはですね、なにか海に潜るとみなさん思っておられるかもしれませんけども、水の下に潜ることも出来る船という程度のことであって、すぐに酸素は無くなってしまうので、すぐにまた海面に出てこなければいけないものだったし、今でもそうなのです

 しかし原子炉で動かすことが出来る潜水艦が作れれば、例えばノーチラス号っていうのは北極海の氷の下を潜水したまま潜るとかですね、そのようなことは可能になったわけで、潜水艦というのは原子力潜水艦が出来てはじめて意味があるものになったという、これほどのものなのです。 それをどうしても作りたかったがために出来たものです。

西谷氏
 軍産複合体がね・・。 あの先生ね、例えばそうしたらですよ、横須賀とかにいるじゃないですか!今、アメリカの原子力潜水艦が! ということはあれがもし事故したら横須賀の人たちは被曝するってことですよね!

 
軍産複合体の正体(闇株新聞:2013年09月13日)←こちらでは、「同時多発テロに続くイラク戦争にも、古くはケネディ暗殺にも、現在ではシリアへの軍事介入にも、米国の「軍産複合体」が関わっていると囁かれます。」と書かれてあります。
米海軍 原子力潜水艦2
横須賀港の米海軍・原子力潜水艦
(画像元):【Yokosuka】軍港めぐり(1)(球バカ日誌:2013年09月19日)


小出裕章氏
 そうですね、今、横須賀は原子力潜水艦だけではなくて【ジョージ・ワシントン】という原子力空母の基地にもなってしまっていまして、東京湾の入口に巨大な原子炉が動いている、そういう状態になっています。

米海軍・原子力空母ジョージ・ワシントン
米海軍の原子力空母「ジョージ・ワシントン」
(画像元):米海軍・原子力空母「ジョージ・ワシントン」を横須賀に配備(森 かつみの活動報告:2005-11-21)

 
原子力空母ジョージワシントン号の危険性(参照元:原子力公益通報 in JNES)←注目!!





西谷氏
 かなり都会と近いから、あれが事故したらえらいことになりますね・・。

小出裕章氏
 はい、例えば日本では原子力安全委員会というものがあって、全ての原子炉は安全審査をしないと認めないということにしていたわけですが、ジョージ・ワシントンの原子炉、或いは米軍の原子力潜水艦の原子炉などは一切の安全審査を受けないままあるわけです。

西谷氏
 一切の安全審査を受けてなくて、アメリカの技術を頼るだけですか!?

小出裕章氏
 米国が安全だと言っているから安全だということになっているのです。

西谷氏
 それは安全神話の最たるものですね(苦笑) 本当にでもそれちょっと盲点ですよね、そういう危険なものが都会の近所にあるっていうのはね・・。

小出裕章氏
 はい、もう横須賀の人たちは長い間、そのことを問題だと言って声を上げ続けてきてくださっているのですが、日本のマスコミも取り上げませんし、ほとんどの方は知らないままだと思います。

西谷氏
 いやいや、先生、今日は貴重な盲点をあの・・明らかになって良かったです。

 え〜今日は、「原発輸出」について小出先生にお聞きしました。 

 小出先生、どうもありがとうございました。
<文字おこしここまで>
...............



安倍政権が原発輸出こだわる理由(とある原発の溶融貫通(メルトスルー)2013年06月17日)

 上記の記事を転載
...............
安倍政権は原発輸出に何故こだわるのか。

それは、原発輸出を日本の原発維持ともんじゅを含めた核燃料サイクル推進の切り札にしたいからだ。

原発を建設した途上国には使用済み核燃料がたまる。原発導入国には、核爆弾を製造したいと考えている国も多い。軍事転用を禁じる原子力協定が永遠に守られるとは限らない。中東近辺では、インド、パキスタン、イスラエルが核を保有し、イランも開発を行っている。他の国が核開発をしたいと考えても不思議ではない。各国とも使用済み核燃料を再処理して核爆弾の原料となるプルトニウムを抽出したいと言い出すだろう。

日本の原発企業の力を借りて、自国の原発企業の輸出を振興したい米国にとって、この問題は頭痛の種だ。そこで登場するのが、「正義の味方」日本である。途上国の核のゴミを一手に集め、日本で再処理をして新たな核燃料として各国に戻す。

日本の国民から見れば、とんでもない暴挙だが、安倍政権は、これを「世界貢献」であると考えている。核不拡散のために日本が貢献するしかないという理屈だ。これは昨年から経産省官僚と自民党議員らが描いてきた青写真に沿って進められている。

日本がこうした「世界貢献」を果たすためには、日本として核燃料サイクルを大規模に展開しなければならない。当然、瀕死状態の高速増殖炉「もんじゅ」も建設続行ということになる。もんじゅは、1万点の点検漏れを理由に運転停止命令ということになったが、逆に言えば、点検が終われば運転が許されるというようにもとれる。

原発輸出で原発事故と核拡散の種をばらまくということは、まさに「死の商人」そのものだ。安倍総理が再生可能エネルギーやスマートシティなどを売り歩く「夢の商人」になるというのは「夢物語」なのだろうか。

古賀茂明「日本再生に挑む」

(『週刊現代』2013年6月1日号より)
=========================================

安倍政権が原発輸出にこだわる理由は,米国の核ビジネスに利用されているからなんですね。

それにしても,日本が原発を輸出する国々にプルトニウムを配って潜在的核保有国にしてしまうことが,「世界貢献」であるとは,とてもじゃないけど思えませんね。
<転載終了>
...............




Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

えっ!!! 福島第一原発4号機(使用済燃料プール)が崩壊したら日本は終わり!?パート1(関連動画2本文字おこし)

by ブログパーツ製作所
[PR]

宜しければClik!お願いします♪

 福島第一原発・4号機の燃料プール、仮にここが崩壊すると
日本はおわり!! いや、地球規模で大きな悪影響を及ぼす、という専門家の発言は非常にキツイ現実を突きつけられたようで、さすがに危機感を持たざるを得ないといったところですが、これらの事は約1年前くらいから言われていた事だったようです。

 特に日本に住む者なら知っておかなければならない重要な内容だと思います。 取り敢えず関連する2つの動画の内容を文字おこしをしてまとめてみました。 日本政府全体を含め、いかに安倍総理の「大丈夫だ発言」が内容の無い、軽々しく無責任な発言だとわかると思います。


 
(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について
(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について
http://www.youtube.com/watch?v=_TJo0HLFR_s

公開日: 2012/06/27
福島第一原発4号機燃料プール
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/nature/2012/03/post-566d.html
オーストラリアABCが、福島第一原発4号機の燃料プールの問題について取材を行った­。初公開された4号機燃料プールも取材、小出裕章氏やロバート・アルバレス氏にインタビューを行いその深刻な危険性について語ってもらっている。 鈴木智彦氏にも取材、氏の潜入取材映像も紹介。4号機建屋の補強工事の杜撰さについて現場作業員の証言。村田光平元駐スイス大使にも取材
Experts warn of another disaster awaiting at Fukushima
http://www.abc.net.au/7.30/content/2012/s3532725.htm
「4号機核燃プール」には「日本の運命」が賭かっている
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/06/post-0735.html

...............
<文字おこし>
 日本で再度大地震が起こるとチェルブイリ
の10倍の各災害に見舞われるかもしれません。専門家が当番組にそう語りました。 昨年日本が大地震と大津波に襲われと時、世界は核の大惨事を恐れました。福島の原子炉は災害地域の内部にありました。 暫くの間余り情報を耳にしませんでしたが危機が確実に去ったわけではありません。 専門家は4号機内部の状況が不安定だと述べています。 北アジア担当のマーク・ウィラシー記者が福島から報告します。

<<チェルノブイリ原発事故関連記事、動画>>
 ●
衝撃の瞬間「チェルノブイリ」 1/2
 ●
衝撃の瞬間「チェルノブイリ」 2/2
 ●
チェルノブイリ 事故の原因
 ●
チェルノブイリ原発の生々しい画像【原発事故】( NAVER まとめ)


マーク・ウィラシー記者
 幸運は勇者に味方すると言われます。 地震、津波、メルトダウンに耐えた後、福島の人々はいくらか幸福が必要だと思っています。 13か月間この競馬場は使われませんでした。馬と人は放射能を恐れ近づけませんでした。 しかし今日、福島は羽ばたこうとしています。 だからこれは福島が好転している兆しでしょうか、おそらくはここ数キロ東に福島原発の使用済燃料プールがあり、チェルノブイリを凌駕する大惨事を生む核燃料があることを真に理解している人はここには殆どいません。

(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について①

 このプールの暗闇の中には1331本の高レベル放射性の使用済燃料集合体があり、それぞれが数十本の燃料棒を含みます。 


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について1

ROBERT ALVAREZ
 『
福島の4号機使用済燃料プールには、私の計算ではチェルノブイリ事故で放出されたセシウム137の10倍以上が含まれます。

マーク・ウィラシー記者
 昨年の災害以降、プールに瓦礫が散乱していることもこの映像から明らかです。


HIROAKI KOIDE(小出裕章氏)
 『プール内の核燃料は炉心で必要な分の2.5倍あります。 広島原爆が放出した5000倍のセシウムが含まれています。 プールはそこにただぶら下がっておりいつ崩壊するか分かりません。


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について3

マーク・ウィラシー記者

 ここがプールのある場所で原子炉の隣、地上五階です。 事態はどうみられるかです。これは水素爆発後に原子炉建屋が現在どう見えるかです。
爆発は屋根を吹き飛ばし、燃料プールの補強壁を3.5センチ膨らませました。 数百トンの使用済燃料について今月までは風雨から守る唯一の保護は白いプラスティックシートだけでした。 日本は文字通り火遊びしていると警告する核専門家もいます。 


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について5

HIROAKI KOIDE(小出裕章氏)
 『もしプールにひびがあり水が排出すれば燃料棒は露出してしまいます。そうなれば燃料を冷却することは不可能でしょう。 だからもし事故が起これば福島のメルトダウンで既に放出された量の10倍のセシウムが大気中に放出されるでしょう。風向きにより東京も住めなくなるかもしれません。

 小出裕章氏は京都大学の原子炉エンジニアで警告を発する専門家の一人です。

HIROAKI KOIDE(小出裕章氏)
 『一刻も早く燃料棒を取り出すべきです。 福島原発の周辺では毎日のように地震が起きています。 だから私は大地震が起きないよう祈っています。』

マーク・ウィラシー記者
 この警告は国際原子力安全の専門家に反響し、その一人がロバート・アルバレス元米エネルギー長官の顧問です。 


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について6

ROBERT ALVAREZ8(ロバート・アルバレス氏)
 『大災害をもたらす放射能を食い止める唯一のものが水のプールであるという放射能のとても大きな集積があります。 そのプールは危険性の高い地震地域にある構造上破損した建物の地上30mの所にあります。 これ以上に心配なものはありますか。』

<<注目記事>>
 ●
使用済み燃料の専門家・ロバート・アルバレスからの手紙(カレイドスコープ:Fri.2012.02.10)


マーク・ウィラシー記者
 しかし福島の東電の技師は不安を払拭し雨風にさらされ損傷を受けた地上30mの建屋にあるにもかかわらずプールは安全だと主張します。


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について7-2

東電の技師
 『先日、状態を調査しました。壁に膨らみがありますが、これがプールや建屋の健全性に影響を及ぼすとは考えません。プールも建屋も大地震に耐えると考えています。』 

マーク・ウィラシー記者
 燃料棒撤去の問題についても東電は急いでいるようには見えません。

東電の技師
 『従来の方法は天井にクレーンがあって使用済燃料を取り出すことでしたが損傷したので、このためのクレーンを新設しようと考えています。 来年には燃料を取り出し始めたい。』


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について8

ROBERT ALVAREZ(ロバート・アルバレス氏)
 『重い天井クレーンが必要です。常時水中で使用済燃料を操作し容器に入れねばならず、100トンもの重さです。 これは並外れた用心を必要とします。 基礎的な日常作業でさえ損害の甚大さ故に特別な警戒を求められます。安全にこの物体を取り除く能力に関して。』


マーク・ウィラシー記者

 メルトダウン以来、ずっと東電は福島で起きていることに関して秘密のベールを維持してきました。しかし一人の男性がその秘密のベールを何とか潜り抜けることができました。 鈴木智彦氏は日本のジャーナリズムでは稀な存在です。 レポーターは真実に到達するために健康を危険にさらす準備をしました。


(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について9

(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について10-2  

TOMOHIKO SUZUKI(鈴木智彦氏)
 『福島原発に労働者として潜入した時、保護服を着用し袖の上に秘密カメラ内蔵の腕時計を着けました。』

マーク・ウィラシー記者
 秘密のカメラ時計と他の秘密機器で鈴木氏は福島原発内部の生活を記録しました。4号機建屋の隣で働いている間に30m頭上の燃料プールについて話されたことにショックを受けました。

TOMOHIKO SUZUKI(鈴木智彦氏)
 『4号機建屋の補強をした労働者に話を聞いたことがあって、使用済燃料プールには膨大な量の水があり、鉄の支柱は破損しておりプールの補強は杜撰で間に合わせだと。だから台風か竜巻に襲われたら危険だろうと』

マーク・ウィラシー記者
 こじつけに聞こえますか。 丁度先月、福島の隣の県で日本の史上最も強烈な竜巻が荒れ狂いました。 

<<鈴木智彦氏に関する注目記事>>
 ●
【元福島第一原発作業員】 鈴木智彦氏の告発会見 【日本外国特派員協会主催】
 (☩†Meteora†☩:2011/12/17)
 鈴木智彦氏(ジャーナリスト)は福島原発に作業員として潜入取材し、12月15日に日本外国特派員協会で記者会見をしました。福島原発の真実の報告。

 
鈴木智彦の原発潜入記 「死んでもいい人間を集めろ」東電が下請けに非人道的な命令
 ((^ν^)速報 - にゅっそく:2011年12月17日)

..........
福島第一原発に作業員として潜入し、働きながら隠しカメラなどで取材を行っていた、ジャーナリストの鈴木智彦氏が、著書「ヤクザと原発 福島第一潜入記」の発表に併せ、外国特派員協会で会見を開いた。

鈴木
事故直後、東電は各社に死んでもいい人間を集めてくれと指示しました。その時、原発内に入るのに放射能管理手帳は必要なかった。健康診断などもなかった。実際、そういうパニック状態だったことは間違いないが。ところが東電は、当時の名簿、健康診断結果を出せと、先月あたり下請けに言ってきた。もう辞めた人もいるし、あの状況下で誰が入ったかも正確にわからないし、3月4月に働くための健康診断を今出しても意味がない。

結果どうなるかというと、下請け企業は、「そんなことは出来ない」と東電に言えず、作業員に偽造の健康診断書、もしくはそれに近いものを「自主的に」出させる。それがマスコミにバレれば「私たちは指示はしていない」と言って、クビを切る。こういうことが原発のほぼ全てのエリアにおいて、日常的に行われている。かといって絶望的かというと、そうでもないこともあって、実は、日立、東芝は事故収束のアイディアを沢山持っている。それを政府、東電は「危機は脱した」という認識につけこんで、収束予算を削減している。どんなアイディアを持っていっても、「予算がない」の一点張りで却下している状況。そういう中に、暴力団、ヤクザが労働者として入り込んでいる。ヤクザは事故以前から、原発の共同体の中に入っている。

東電に聞けば知らないと言うだろう。問題になれば下請けのせいにして、トカゲの尻尾切りで終わらせる。
最後に、福島第一原発事故の収束は全くしておりません。これからが本番だという事を言っておきます。これから、この腕時計形のピンホールカメラで隠れて撮影してきた、写真を公開します。
..........
 

(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について11

MISUHEI MURATA(村田光平氏)
 『私はそれを日本の病と呼びます。まず隠れます。次に先延ばしにします。そして誰も責任を負いません。』

マーク・ウィラシー記者
 村田光平氏は元駐スイス大使です。燃料プールについての彼の恐れを潘基文国連事務総長に注意を促しました。 

MISUHEI MURATA(村田光平氏)
 『東電と日本政府は能力だけでなく意思も欠如しています。』

マーク・ウィラシー記者
 『では貴方の御意見では、もし燃料プールに問題が生じた場合、それは日本の終わりになると?』

MISUHEI MURATA(村田光平氏)
 『そうです。誰もそれを否定できません。私達は安心して眠れません。』

<<村田光平氏に関する記事>>
 ●【必読記事】 村田光平・元駐スイス大使が警告「福島4号機が招く世界の破局」
 (
暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~:2012年09月15日)
 ●村田光平「原子力と日本病」 前編

※以下は全て「カレイドスコープ」さんの記事

 ●人類の命運がかかっている4号機の燃料取り出し作業(2013.09.26)
 ●ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り(2013.08.21)
 ●経産省と原子力ムラによる自作自演-“偽装の民間提言”(2013.06.06)
 ●「福島の子供より、ミャンマーの子供」(2013.06.01)
 ●福島で行動を起こす:潘基文国連事務総長あて公開書簡2013.05.23)
 ●4号機プールで起こる可能性のあるジルコニウム火災(2012.12.12)
 ●4号機建屋の地盤は確かに不等沈下している(2012.12.11)
 ●「原子力の輝かしい社会」というマトリックスからの脱却(2012.12.04)
 ●政府から送られてきた積算線量計という名の「お守り」(2012.11.11)
 ●あのとき何があった-「首都圏3000万人避難」のリアリティ(2012.11.03)
 ●野田も安倍も『日本病』患者。両方とも日本を滅ぼすだろう(2012.10.16)
 ●カルディコット博士からの日本の原発被曝者への14の提言(.2012.08.26)


マーク・ウィラシー記者
 誰が福島の人々を戻すべきなのだろうか。 原子力の専門家、ジャーナリスト、訴える不安な活動家なのか、それとも隠蔽の歴史と無能の東電?

競馬を楽しんでいた人
 『信じてはないですけどね、東電を安全だとは全然感じません。放射能レベルは依然高い。』

HIROAKI KOIDE(小出裕章氏)
 『東京電力が燃料プールは次の大きな地震にも耐えると言っていますが、信じることができないし大変心配している理由です。』

ROBERT ALVAREZ(ロバート・アルバレス氏)
 『このような事態は人類が経験したことのないものであり、私達は未知の領域を漂っているのです。 もし万一そのような事故が起きたら世界的規模になるという問題なのです。』

..........




 以下の内容は、最初に文字おこしした内容を補足する形となっていると思います。 

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です1
小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です
http://www.youtube.com/watch?v=xUeFbVn0SZU
公開日: 2012/03/22
...............
解説者
 もう1年かもしれないけど、まだ1年なんですよ。 福島第一原発の事故の本当の原因もまだちゃんとわかっていない。 国会で事故調査をすると、っていう事故調査委員会結論もまだ出ていないんですよ。 ですけどもうどんどん、どんどん動かす、動かすっていう話ばかりが進んでいると。 いったい、いったいに何を教訓に得ているんだろうなと私なんか思うんですが、

 で、これ、じゃあ例えば東電の福島第一原発、いまですら安全なのだろうかと、終わったような話をしていますけど終わってんのか本当に!?言うふうなことで、これ、収束したのかな本当に?というような話なんですね。 で、この4号機の現状、実は京都大学の小出先生はこれ(4号機)を一番心配しているんですね。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です4

 で、4号機のまず現状ですけど、4号機ってこうです!もう、あの壁とか無いくらい、これくらい吹き飛んでまぁボロボロです、ハッキリ言えば。 で、これのですね、燃料プールっていうのがあるんですよ。 で、そのちょっと横に書き出しましたけど、だいたいこれ! このへんまでが原子炉なんですね! ここのところに燃料プールってあるんですけども、この燃料プールの中に燃料棒がいっぱい入っているんですよ。 一応、使用済ってなってますけど、原子炉に入る燃料の2.8倍、1500本以上(1535本)がここにある。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です6

 
これは、冷やし続けなけなきゃいけない、今でも。 じゃあ、これ例えばですよ地震が起きて
水が漏れ出したらどうなるんだろう?っていうような話で、これは心配なんですけども、これ小出先生にお話を伺っています。


小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です7

小出裕章氏
 『もう見ていただいてわかるように、ここにプールがあってその底に使用済み燃料がたくさん
たまっている。 もしこれから大きな余震でも起きてここの壁が崩壊するようになればプールの水が抜けてしまいますので使用済みの燃料を冷やすことができなくなる。そうするとどんどん更に溶けてしまうということになって、使用済み燃料がたぶん全部溶けてしまうだろうと思います。 そうなると使用済み燃料のなかに含まれていた膨大な放射能がなんの防壁もないここから外に噴き出してきてしまうという。』

解説者
 『地震っていつ来るかわからないわけですけども、(地震が)来ないうちに、(使用済み燃料を)
抜き出して、横にプールでもつくって移せばいいんじゃないですか?』

小出裕章氏
 『ところが使用済み燃料を空中に釣り上げることをすると、使用済み燃料から膨大な放射線が
飛び出していきますので、周辺の人たちは死んでしまうしかないというくらいの強い・・・(そんな強いんですか?)そうです。』


小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です8

解説者
 これはですね、その・・・この中に(プール)に入っているからもう終わったもんじゃないんですね。まだまだ熱を出しますし、まだまだこれ空中に釣り上げてですね、まわりにいる人が死ぬくらいの放射線が出ているんですよ。 水の中に入っているから水でこれが遮られているだけの話なんですね。

 で、これじゃあ、外に移しゃぁいいんじゃないかと、いうような話を私聞きましたけども、これ通常ですよ、今まで安全なときどうやって移してたかというと(これいま出ましたけども)、この中に(原子炉)元々入っていた核燃料を使用済みってことで横のプールに入れてあるわけですね。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は おしまい です9

 
で、これ!こういうでっかい容器をですね、この水の中にまず入れます。 水の中に入れて、
水の中でこの燃料棒をこの容器の中にどんどん、どんどん入れます。 で、これで蓋をして(水が入った状態で)釣り上げて外に出しているんですね。 ところが、地震でこういうクレーンとかもう使えないんです。で、どうすんだと!?いうふうな話なんですが、どうやって移せばいいんだと!!

小出裕章氏
 『オペレーションフロアの上に巨大なクレーンのようなものがあります。 これがクレーンで実は巨大な容器を釣り上げたり、吊り降ろしたりするためのクレーンなんですが、もうこの時は地震の爆発で吹き飛んでしまっていますから、もうこのクレーンすら使えない。 やらなければならないことはたくさんあって、まずは使用済み燃料プールの中に崩れ落ちてしまっている瓦礫などをどけなければいけない。 そしてどけた後に巨大な容器を沈められるように、なんらかのクレーンのようなものを現場で動かせるようにしなければいけない。

 外から巨大なクレーンで釣るということができるでしょうからその準備をする。 そして沈めてたぶん何がしか壊れているであろう使用済み燃料をその巨大な容器に入れて、それをまた外に釣り上げるということをやらなければいけない。 ただ、そういうことを全部やろうとすると、たぶん何年という単位が必要になるだろうと思います。

解説者
『何年の間に建物を壊すような地震が来たら?』

小出裕章氏おしまいです。(おしまいですか?)』

解説者
 おしまいなんですよ!(わぁ・・・信じられない・・。と側のキャスト陣からの声)

 だから東京電力も今、これが一番重要だっていうふうにわかってて、それでなんかこうそれに合わせるようにですね、緊急の工程表を発表してきたんですけども、一番早くても取り出しの作業に入るまでなんですが、来年(2013年だと思われる)の1月以降ですて・・。 だから来年の1月以降までの間にまぁ、大きな地震があって・・ 大きくなくてもですね、何回も揺らされてますからね、何回揺らされているところに対して例えばプールにひびでも入ってですよ、水が抜けちゃったら多分、アウトだって言うんですよ。あの・・東京とかまで含めてアウトです! 

女性キャストそれで再稼働なんて言っているんだ・・・。

解説者
 再稼働も、少なくても国会事故調の結論が出てからじゃないと規制調だってどんな規制調に
するかっていうのは国会事故調見なきゃいけないし・・。

松尾氏
 これだけ大事なことだと与党がこうしたいと言っても、やっぱり野党がチェックをするっていう機能を果たしていなきゃいけないのが、野党の中にもそういう推進したい・・ 再稼働させたいっていう、なんですかいろんな力が掛かっている人たちがいてそれができないと、両方動かしたいんだと!

解説者
 ただ、自民党の中にも河野さん(河野太郎氏のようです)みたいな人をはじめね、それじゃ、いけないって言っている人もいっぱいいるんですよ!(少数派ではないんですね?)少数派ではないです。 ただ、民主党にもいらっしゃいますよ!だけど動かしたいという人もいっぱいいる。

松尾氏
 地元の理解を、という言葉があったんですけどね、地元ってね、日本中が地元なんだ、或いは近隣の国も全部地元なんだよ、っていうことを考えないと、この件に関してだけ地元ってそこに立っている、立地しているところだけが地元じゃないんだっていうことをみんなが思ってなきゃいけないんですよ。

司会者?:
 相当・・収束なんてとんでもなくて、相当、危機的な状況が今続いているっていうのをちょっと
認識しないとダメですね・・・。

解説者
 それで、取り出すのは早くて来年の1月じゃなくて、来年の12月??・・・(これを聞いたキャスト陣から驚きとため息が・・)

松尾氏
 でもちゃんとね、立場をハッキリなさっている方たち名前を出して意見を聞いていきたいですね。

解説者:まぁ、国会でね。
............


「原発再稼働」推進派の国会議員

 【原発推進派の思考】高木元市長「原発は金になるから、将来の子供が障害者でも構わない」 高市議員「廃炉は高いから原発を稼働する」 (真実を探すブログ:2013/06/19)

 「原発再稼働」推進・国会議員のリスト【35名「週刊現代」+10名「地下式原発議連」】=【民主党】25名+4名【自由民主党】8名+5名【たちあがれ日本】1名+1名【無所属】1名+1名(山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル!)←こちらの記事より転載させてもらいました。(※2012年の記事のようです。)

<一部転載ここから>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「原発再稼働」推進・国会議員のリスト
6/11週刊現代 より+【「地下式原発議連」】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【民主党】25名
野田佳彦総理「再稼働宣言」
仙谷由人政調会長代行「全原発停止は、日本の集団自殺」
枝野幸男経済産業相
細野豪志原発事故担当相
古川元久国家戦略担当相
齋藤勁官房副長官
輿石東幹事長
蓮舫前行政刷新担当相
田中直紀防衛相
北澤俊美元防衛相
江田五月前参院議長
柳田稔元法相
福山哲郎元官房副長官
 
下条みつ衆院議員
加賀谷健参院議員
小沢鋭仁衆院議員
 
小林正夫参院議員
藤原正司参院議員
 
前原誠司政調会長
 
川端達夫総務相 (ウラン濃縮の炭素繊維開発する東レ出身) 文科相時もんじゅの運転再開を決定
大畠章宏元経産相  (日立出身、電気労組「電機連合」の組織内候補)
驫木利治参院議員   (大同特殊綱出身、鉄鋼労組「基幹労連」の組織内候補)
松岡広隆衆院議員  (関電出身)
柳澤光美参院議員 「福島のような事故は起きない」
直嶋正行元経産相
鳩山由紀夫「地下式原発議連」】
渡部恒三「地下式原発議連」】
羽田孜「地下式原発議連」】
石井一「地下式原発議連」】
 
【自由民主党】8名
石破茂前政調会長
谷垣禎一総裁 「再稼働しないと経済の混乱や不都合が起きる」
石原伸晃幹事長 「反原発運動はアナーキー」「集団ヒステリー」
安倍晋三「地下式原発議連」】
山本有二「地下式原発議連」】
森喜朗「地下式原発議連」】
塩崎恭久「地下式原発議連」】
 
甘利明元経産相 推進派議員の「エネルギー政策合同会議」委員長
高市早苗衆院議員 「エネルギー政策合同会議」事務局長「地下式原発議連」
麻生太郎元首相、
大島理森副総裁、東電役員がパーティ券購入。
山本拓衆院議員 「地下式原発議連」事務局長「脱原発は無責任」
 
【たちあがれ日本】
平沼赳夫代表 「地下式原発議連=地下式原子力発電所政策推進議連」会長
中山恭子 「地下式原発議連」
 
【無所属】
与謝野馨元財務相 (日本原子力発電出身)「原子力発電は大事だ。推進は間違いではない」
亀井静香「地下式原発議連」】
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<転載終了>





Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback

【汚染水問題】安倍総理のIOC総会での発言『状況はコントロールされている』←小出裕章氏が【嘘】と厳しく批判!一方で東電の社長は安倍総理の発言に同調していた!←政府と東電がつるんで嘘をつくの図


宜しければClik!お願いします♪

 少々遅れましたが、オリンピックのIOC総会での安倍発言『(汚染水問題に関して)状況はコントロールされている』といった「デタラメ発言」に対し、東電の広瀬社長がなんと!この安倍首相のデタラメ発言に同調していた事を発見。

 びっくりだぁ・・・。 政府に圧力でもかけられたのだろうか・・・。



汚染水問題 東電の広瀬直己社長が閉会中審査に出席「影響はコントロールできている」
(記事、画像元)汚染水問題 東電の広瀬直己社長が閉会中審査に出席「影響はコントロールできている」(ハフポスト:2013年09月28日)
...............
<転載開始>

9月27日、衆議院の経済産業委員会は、東京電力福島第1原発の汚染水問題について、閉会中審査を開いた。参考人として、東京電力の広瀬直己社長が出席した。

広瀬社長は冒頭の説明で「ご心配、ご不便をおかけし、申し訳なく思っている」と謝罪した。汚染水問題については「どういうふうに水が流れて、どこがどういうふうに汚染されて、どこが汚染源なのか完全にはまだつかみきれていない」と述べた。
関連記事

日本維新の会の今井雅人衆院議員は、アメリカ・原子力規制委員会(NRC)の元委員長、グレゴリー・ヤツコ氏がこの問題について「現場は努力しているが、事態は制御不能なところまで来ている」と述べたことについて触れ広瀬社長に質問した。「安倍総理は(国際オリンピック)委員会の総会で『状況はコントロールされている』と発言したが、一般の国民にはコントロールされているのかどうかわからない。現状はどういうふうにとらえているのか」という今井議員の質問に対し、広瀬社長は次のように答えた。
........
安倍総理の発言については、湾の外に影響が及ぶということは全然ないという主張だと聞いている、これについては、全く同じ考えを持っている。もちろんそう言っても、トラブルは発生している。それはしっかりコントロールしていかなければならないが、外への影響という点についてはしっかりコントロールできていると思っている
........


東京電力の山下和彦フェロー(技術顧問)は9月13日に福島県郡山市で開かれた民主党の東電福島第一原発対策本部会議で「想定を超えてしまうことが起きているのが事実だ。今の状態はコントロールできていないと考えている」と述べ、安倍首相の国際オリンピック委員会(IOC)総会で述べた見解と、認識が食い違っていたが、東電側が国会の場で公式見解を示したことになる。

MSN産経ニュースによると、国会で汚染水問題が取り上げられるのは今回が初めてのことだ。閉会中審査は30日にも開かれる予定で、茂木敏充経済産業相と原子力規制委員会の田中俊一委員長が出席する予定だという。
<転載終了>
...............

東電社長も、安倍首相の嘘に同調。そこまで言うなら「あなたの孫に魚を食べさせろ」と言えば良い。(かっちの言い分)(参照元:★阿修羅♪:2013年9月27日) 
...............
http://31634308.at.webry.info/201309/article_24.html
2013/09/27 22:18 

東電の広瀬社長が以下の記事のように、安倍首相の嘘に付き合って、汚染水は「コントロール出来ている」と、国会の神聖な場で真っ赤な嘘を国民へ向かって言った。そのTV映像を見たが、全く悪びれもせず話している。これほどの嘘を堂々と言えないと、東電の社長なんてやっていられないのだろう。まともな人間なら、良心の呵責で気が変になるだろう。

それにしても、質問する野党も情けない。こんな嘘を一遍に論破するには、あーだこーだの質問はいらない。

例えば、「コントロール出来ている言うなら、湾の直ぐそばから獲れた魚を、あなたの自身、あなたの子供、あなたの孫も食べて見せて下さい」と言えばいい。または、「湾の外で獲れた魚を、東電の社員が食べて証明してもらいたい」と言えばいい。これに対して何と言うか聞いてみたいものだ。
<転載終了>
...............

<<関連記事>>



安倍総理の『(汚染水問題について)状況はコントロールされている』発言を小出助教が否定!「」だと言ってスッパリと切り捨てる。 東電・広瀬社長の安倍同調発言も嘘ということに!

安倍総理の発言は「嘘」と小出氏!
安倍総理の発言は「嘘」と小出氏!
http://www.youtube.com/watch?v=JdPNz6iCm6I
公開日: 2013/09/18
..........
<動画説明>
東京オリンピック招致の際の安倍総理の発言は嘘だと京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏
今だ何の解決にも至らない福島原発問題、世界に向けあたかも解決のプログラムが有るかのような安倍総理発言は軽々しいとバッサリ切り捨てました。

ラジオ・フォーラム2013.09.09
小出裕章 京都大学原子炉実験所助教
http://getnews.jp/archives/141680
..........
※文字おこし、ここから。
司会者:
 ラジオフォーラム、今日もこのコーナーから始めましょう。 小出裕章さんと電話がつながっております。

 えぇ・・先日、8日、アルゼンチンで開かれた国際オリンピック委員会の総会で東京が2020年の開催が決まりました。 その場でやはり福島第一原発からの海に漏れ出している高濃度汚染の問題がやはり世界が心配していて、オリンピック委員会の委員からも沢山の質問が出たようです。

 安倍総理がですね、いろんなことをおっしゃいましたが、このことについて今日は小出さんにお伺いしたいのですが、え〜まず、「汚染水による影響は福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」と、安倍総理はおっしゃいましたがこれは科学的見地から見ていかがなんでしょうか?

小出裕章氏:
 そんな事ありえるはずがない。 わかっていただけないでしょうか、海っていうのはみんな繋がっているのです。それは勿論、福島第一原子力発電所の敷地から流れてきているわけですけども、海に流れ込んだ汚染は太平洋全部、そして更には地球全部の海に結局は流れていってしまうのです。

 そのときに要するに薄まっていくというだけなのであって、どこかで完全にブロックされるなんてありうる道理がありません。 

司会者:
 なるほど、今その港湾内で漏れ出さないように遮る作業は、一応はしているのはしているわけですよね?

小出裕章氏:
 スクリーンというものをおろしているいるのですけども、海というものは満ち引きもあるわけですし、波もあるし、対流もあるし、そんなスクリーンでとどめるはずがない。 海水は勿論、港湾内と港湾外を出入りしていますし、汚染は勿論、海に流れていっているのです。

司会者:
 出入りしていると!? 完全にじゃぁ、ブロックされているっていうのはこれは間違いということですか?

小出裕章氏:間違いというよりですね! 

司会者:嘘ですか!! 

西谷氏:
 ちょっといいですか! あのね、この福島第一原発ていうのは元々はですね、あの原発から出た温排水を遠くの外海に出すように作られているんじゃなかったですか?

小出裕章氏:
 はい、六ヶ所村に今作られている六ヶ所再処理工場というところは、膨大な放射性物質を
流さざるを得ない、はじめからそういう設計になっていて海岸線では到底流すことは出来ないので沖合3キロまで排水管を引っ張って、海面下、確か43mだったと思いますけれどもそこから流すという設計になっています。 原子力発電所の場合にはそれぞれ膨大な排水を流しているのですけども、ほとんどの場所では海岸の近くで流しています。 福島もそうです。

司会者:
 小出さん、安倍さんの仰ったことは嘘だ、と言うふうに仰っていらっしゃいましたが、安倍さんはまたこういうことも言っておられます。 「我が国の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい。 被曝量は日本のどの地域でもその100分の1程度だ。 健康問題については今までも、現在も将来も全く問題ないということをお約束いたします」と、更に「抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、既に着手しております」 こういう発言についてはどう思われますでしょうか?

「ヘッドラインではなく事実みて」汚染水巡る首相発言 
(参照元)IOC総会で「福島第一原発の汚染水は制御している」と発言する安倍首相とその発言を訂正する菅官房長官ー東日本大震災の歴史的位置(東京の「現在」から「歴史」=「過去」を読み解くーPast and Present:2013年9月10日)

汚染水問題でありますが、まず、健康に対する問題は、今までも、現在も、これからも全くないということははっきりと申し上げておきたいと思います。
(参照元)内外記者会見(首相官邸:平成25年9月7日の資料より)


小出裕章氏:
 はい、ひたすら呆れますし、こんな軽々しい発言をする人を一国の首相にもっていることを私自身は大変恥ずかしく思います。 え〜残念ながら福島第一原子力発電所の事故は起きてしまいました。 その発電所は勿論、自民党政権が安全性を確認したと言って認可した発電所なのであって、自民党政権の中心メンバー、トップにいる安倍さんに寧ろ責任があるのであって、そのことをまず謝罪して責任をとるということが本当は必要なことだと私は思っています。

 2年半経っても事故自身の収束は出来ないまま今日まで来ていて、ですから今、汚染水問題っていうことがみんなの問題になるということなのであって、安倍さんなんかがどんなに責任をとると言っても事故自身の収束が出来なかったという事が事実として目の前にあるのです。 
西谷氏:
 あのね、すみません。 あの〜小出さんは事故当時ですね、あのやっぱり汚染水が漏れているからタンカーで新潟まで運ぶべきだとか、或いは5月の時点ではもう【遮水壁】をですね、もう作らないかんという話をされているんですが、あの時は漏れていないことで何も動かなかった、こういう経過がありましたよね。

小出裕章氏:
 え〜と、あの時にですね、既にピットと呼ばれている水路が敷地の中にあって、海岸につきだしていた部分からジャージャーと汚染水が外に漏れているのが目に見えたのです。 それで慌ててその割れている部分だけを塞いだのです。 そうしましたら多くのマスコミも「もう汚染水問題はかたがついた」という風に思ってしまったのだと思いますが、取り上げることがなくなってしまいました。 

ピット
(画像元)危険な高濃度・放射性物質がピットから海へ流失汚染映像 福島第一原発2号機(スマイル・ストップ・ザいじめ:2011.04.02)
 しかしピットにしろ、トレンチにしろ、原子炉建屋、タービン建屋の地下に・・・ 地下の階ですね、そういう所はみんな地面の下に埋まっているわけで仮に割れがあっても見えないというだけなのです。

西谷氏:元々、海を埋め立てて作ってますでしょ!?

小出裕章氏:
 まぁ、海の界面のところまで大地を切り下げていってですね、そこの上に建てているのですが、コンクリートの構造物ですので割れないコンクリートの構造物なんてこの世には存在しないのです。 ましてや地震に襲われていますので、そこらじゅうで割れがあるはずだし、(液状化も起こっているかもしれないですしね。) 勿論、そんなことも起きているはずなのです。

 当然、穴が空いて汚染水が当時からずっと漏れていたのです。 そのことをみなさん知らん顔をしながら来て、今になって汚染水問題が大変だと言っているわけですけども、私から見ると何を今更言っているのですか?と思ってしまいます。

西谷氏:それも参議院選挙の投票日の翌日に発表してますからね、7月22日に・・・。

小出裕章氏:そうですね、汚いやり方ですね。


西谷氏:
 で、今回のね、完全にブロックされているという、これは全く嘘だろうと、世界中に発信してしまったわけですよね。これ後で責任問われたらどう・・・ 

小出裕章氏:
 必ず責任を問うて欲しいと思いますし、安倍さんが責任をとるべきだと思います。

司会者:
 そうですね、あの〜安倍さんは、まぁ、私が責任をもって抜本解決に向けたプログラムを既に着手しているのを実行していくと仰ってますけど、オリンピックのしょうへいの是非はともかくとしてですね、先にそういうことは、アルゼンチンではなくて福島の人たちに向けて決意、或いは考えを述べるべきだったと思うんですがどうでしょう!?

小出裕章氏:
 はい、勿論、石丸さんのおっしゃる通りです。 で、今現在も福島第一原子力発電所の事故で十何人ではきかないような人たちが苦難のどん底に落とされてしまって、2年半経ってもなんの改善もされないという状況なのですね。 まず安倍さんがそのことに対してきちっとしたプログラムがあるというのであれば、それこそきちっと説明しなければいけないのであって、そんなことをしないまま世界に向けてはなにかプログラムを持っているかのように言うわけですね。 本当に軽々しい発言だなぁと私は思います。
<文字おこし終了>
..........


 安倍総理の言う「抜本解決に向けたプログラム」とはいったいどんなものなのか・・・ 国民に向けて是非とも公表して頂きたいところです。





Posted by 桜咲凛香(さくりん) on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。